小さな子どもがいても諦めないで…子連れで楽しめるおすすめイベント
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
小さな子どもがいても諦めないで…子連れで楽しめるおすすめイベント

赤ちゃんや幼児がいると入場制限があったり、周囲の目が気になってしまうなどで、パパもママもついついお出かけを我慢しがち。確かにお子さま中心の生活も楽しいですが、その世界だけに閉じこもってしまうと、社会から孤立してしまいますし、ストレスも溜まってしまいます。そこで、小さなお子さんをもつパパママでも気軽に参加できるイベントを探してみました。

親子でスキンケア

出産後育児にがんばる日々が続き、お肌のダメージが気になるママも少なくないでしょう。ママはもちろん赤ちゃんのデリケートな肌のケアも合わせてアドバイスしてくれるイベントが、定期的に開催されています。当日は人気のベビーリズムオイリングも親子で実践することができます。

ヴェレダ「Mama & Baby day」

次回開催予定:8月22日(木)

会場:ヴェレダ ナチュラルケアスタジオ恵比寿(東京都渋谷区恵比寿南 3-1-24 恵比寿斉信ビル 1F)

詳細はコチラ

 

親子でジャズ鑑賞

トップミュージシャンのジャズ演奏を親子で楽しむコンサートは、未就学児と小学生以上の部に分かれ、未就学児の部は授乳やおむつ替え用の部屋もあり、演奏中の出入りも自由です。スタンダード・ジャズに童謡や映画音楽なども混ぜ、子ども向けに短めに演奏するので、飽きることなく親子で盛り上がることができますよ。

おんがくのたび「0歳~大学生・60歳以上のJAZZコンサート」

次回開催予定:2013年9月28日(土)

会場:日本橋社会教育会館8Fホール(東京都中央区日本橋人形町1-1-17)

詳細はコチラ

 

親子でパンを焼こう

子育て中のママも参加できるパン教室がありました。先生の自宅キッチンで開催される手ごねパン教室、フランス菓子教室といったすべてのクラスで子連れOK。いつも多くのベビー&ママでにぎわっているとか。レッスンスペースに子どもが遊べるスペースを併設しているので、駄々をこねても安心です。

SmiRing Kitchen(スマイリング キッチン)

会場:東京都世田谷区野沢2丁目付近(自宅教室のため、予約した方のみに公開)

詳細はコチラ

親子で映画を観よう

「今話題の映画を観たいけど、映画館で子どもが泣いたりしたらどうしよう~」と諦めていませんか。実は赤ちゃん連れの家族限定で、映画が鑑賞できるシネコンがあります。泣いても騒いでもお互い様。怖がらせないために照明を明るめに設定するなど、赤ちゃんへの配慮も十分です。

TOHOシネマズ「ママズクラブシアター」

全国のTOHOシネマズの一部で開催。実施劇場など詳細はコチラ

 

取材協力:

ヴェレダ「Mama & Baby day」

おんがくのたび「0歳~大学生・60歳以上のJAZZコンサート」

SmiRing Kitchen(スマイリング キッチン)

TOHOシネマズ「ママズクラブシアター」

とがみ淳志

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

オーガニック・コットンってどんなもの?
「江戸しぐさ」に内面の美を学んで粋な女性に! 江戸美人の条件とは? 子供が一流の商人になるための3歳から15歳までの段階的な教育方法とは?

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます