数々の賞に輝く、監督レベッカ・バリーが女の子の困難に立ち向かう力を描いた映画「I AM A GIRL」 10月10日(金)、10月11日(土)の2日間、青山学院大学(東京・表参道)にて無料上映
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
数々の賞に輝く、監督レベッカ・バリーが女の子の困難に立ち向かう力を描いた映画「I AM A GIRL」

(C)国際NGOプラン・ジャパン

年若くして望まない結婚・出産を余儀なくされ、自分の人生が自由に選択できることを知らない女の子たち。女の子たちが「生きていく力」を身に付けることを目指した「Because I am a Girlキャンペーン」や2014年10月11日に第3回目を迎える「国際ガールズ・デー」。国際NGOプランが中心となり、女の子・女性の社会進出問題の解決支援に取り組んでいる。

数々の賞に輝く、オーストラリアの監督レベッカ・バリーが女の子の困難に立ち向かう力を描いた映画「I AM A GIRL」。カンボジア、カメルーン、アフガニスタン、アメリカ、パプアニューギニア、オーストラリア6カ国6人の日常を切り取った世界の女の子のドキュメンタリー映画。それぞれの環境と文化の中で“大人の女性”に成長していく女の子たち。彼女たちの、困難に立ち向かう力と勇気、ユーモアに溢れた姿が胸を打つ。

2014年10月10日(金)、10月11日(土)の2日間、青山学院大学(東京・表参道)で開催される第3回 国際ガールズ・デー記念イベント「13歳で結婚。14歳で出産。恋は、まだ知らない。」にて本邦初公開となる上映会が行われる。

■イベント概要はこちら:http://www.plan-japan.org/girl/news/140908.html

■Because I am a Girlキャンペーンの詳細はこちら:http://www.plan-japan.org/girl/

(C)国際NGOプラン・ジャパン

「国際ガールズ・デー」とは

世界では今でも女の子であること、年齢が低いことで差別を受けている人が数多くいる。将来の稼ぎ手として期待されない女の子は、家計への負担などから、学校へ行くことも許されず、早くに結婚させられたり、働かされたりと社会の底辺に置かれ、より困難な状況に直面している。しかし、適切な教育と支援を受けることで、彼女たちの可能性は無限に広がり、未来は大きく変えることができる。世界中の人々が「女の子の権利」を認識し、女の子のエンパワーメントを促すため、国連総会で毎年10月11日を「国際ガールズ・デー(International Day of the Girl Child)」とすることが制定された。2014年に第3回目を迎える。世界の女の子たちの置かれている現状を知り、企業・団体だけでなく一人一人が考え、支援に参加する国連デーとなっている。

■「国際ガールズ・デー」についての詳細はこちら:http://www.plan-japan.org/girl/about/girlsday.html

(C)国際NGOプラン・ジャパン

国際ガールズ・デー記念イベント「13歳で結婚。14歳で出産。恋は、まだ知らない。」

国際 NGOプラン・ジャパンが開催する国際ガールズ・デー記念イベント。「13歳で結婚。14歳で出産。恋は、まだ知らない。」とイベントのタイトルにあるように途上国においての早すぎる結婚が女の子の自立と活躍を阻んでいる大きな原因の一つ。女の子の権利と早すぎる結婚をテーマに、社会的に軽視、差別され、時に危険な目に遭ってきた女の子たちの現状と今どんな支援を必要としているのかを考えるイベントとなっている。イベントでは早すぎる結婚問題に取り組む16歳の女の子と14歳の男の子がネパールから来日。女の子たちが直面する困難や、状況改善のために女の子と男の子が一緒に行っている活動、そして将来の夢を語る。その他、早すぎる結婚問題に取り組む専門家のトークセッションや交流会、本邦初公開となる映画「I AM A GIRL」の上映会(※高校生以上を推奨)、ロールプレイやスゴロクを通じて早すぎる結婚を疑似体験するユース向けワークショップなどが行われる。全体を通した参加も、一部のみの参加も可能。

■イベント概要はこちら:http://www.plan-japan.org/girl/news/140908.html

開催概要

映画「I AM A GIRL」2013年/88分

日時:2014年10月10日(金) 19:00-21:00、11日(土) 10:00-17:15

場所:青山学院大学 17号館 6階 本多記念国際会議場

入場料:無料

公式サイト:http://www.plan-japan.org/girl/news/140908.html

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

稲川 絵里

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...

次の記事

My Little Loverのakkoさんによる感動的なグリーンエネルギー電飾点灯式 100%自然エネルギーで運営する野外イベント「LUSH LIFE PARK 2014」初日
道端ジェシカ、映画初出演、W主演の門脇麦や村上淳と舞台挨拶 ヨガ映画『シャンティデイズ 365日、幸せな呼吸』完成披露

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます