世界にはもっと手書きのラブレターが必要よ! The World Needs More Love Lettersの取り組み
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
世界にはもっと手書きのラブレターが必要よ! The World Needs More Love Lettersの取り組み

I love you / License Some rights reserved by erin leigh mcconnell 引用元:http://www.flickr.com/photos/balladist/182501276/

みなさん、手書きの手紙を書いていますか? 疲れて帰ってきたときに、ポストに手書きのお手紙が入っていたら、ちょっと元気になりませんか? そんな手書きの温かさを多くの人に広げる活動を行うThe World Needs More Love Lettersという団体の取り組みを紹介します。

Writing a letter to my mom... Tammy Strobel/Some rights reserved by RowdyKittens 引用元:http://www.flickr.com/photos/rowdykittens/8333740533/

きっかけはお母さんからの手紙と自分で発送した400通のラブレター

このThe World Needs More Love Lettersという団体は、世界中にラブレターを書いて送るボランティア集団。49カ国に住む、20,000人以上の熱心な人々が参加しています。

創設者のハナ・ブランチャーさんは、学生時代に毎週実家のお母さんから送られてくる手書きの手紙を楽しみに待っていたそうです。卒業後、ニューヨークに移り、孤独を感じたハナさんは、思いつくままにお母さんが書いてくれたような手紙を見知らぬ人に宛てて書き、カフェや図書館などあちこちに置いていきました。それが彼女にとってある種の癒しになったのでしょう。彼女は、ブログに突拍子もない約束を書き込みます。「私からのラブレターを書いてほしい人は、住所を教えて」と。

驚くことにその約束には、いじめを受けている女の子、シングルマザーなどから一夜にしてたくさんのメールが届きました。ハナさんはその人たちに向けてラブレターを書いているうちに、ラブレターを必要としている人が非常に多いことに気づきます。手紙を受け取りに、郵便受けを見に行くという小さな行動が、人生の助けとなる人が多いことに気づいたのです。

手紙を書いて送り、もらった手紙を読むことはアートである

メールやSNSの登場の結果、多くの人が手紙を書かなくなっています。しかし効率を重視してメールを送ったり、自分の気持ちを140文字でさらっと表現したり、多くの人と一気にコミュニケーションがとれたりすることは、手紙の価値を消すものではありません。

手書きの手紙では、文字から滲みだす愛情を感じることができます。手にとって感じ、場合によっては枕の下に入れることも、たまった手紙を箱に入れて大切に保管することもできます。署名を書いたり、投函したり、手紙の到着を待ったり、といった手紙にまつわることすべてがアートなのだとハナさんは主張しています。

writing / Some rights reserved by Caitlinator 引用元:http://www.flickr.com/photos/caitlinator/2826079915/

手紙を書いてみませんか?

現在、The World Needs More Love Lettersでは、ボランティアの書き手が見知らぬ人への励ましや愛のメモを残したり、そのメモを必要な人に送ったりする活動を行っています。また、手紙を受け取ることが必要な人に宛てて複数のメンバーが手紙を書き、その手紙の束を渡すという活動も行っています。手紙を受け取った一人の少女は言います。「手紙によって、世界には愛と情熱と同情心に溢れた人がいるんだってことを思い出したわ」

ハナさんは、ラブレターを書く意味が手紙を受け取る人だけにあるのではなく手紙を書く方の人にもあると主張しています。相手のためにちょっと時間をとって、効率なんか考えずにゆっくり手紙をしたためる。皆さんも、今度の休みには手紙を書いてみませんか?

参考:The World Needs More Love Letters(http://www.moreloveletters.com

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

夏はお祭り! 鹿踊に込められた日本の魂を見に行こう!【ReDiscover Japan】
オーガニック・コットンってどんなもの?

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます