道端ジェシカ、映画初出演、W主演の門脇麦や村上淳と舞台挨拶 ヨガ映画『シャンティデイズ 365日、幸せな呼吸』完成披露
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
道端ジェシカ、映画初出演、W主演の門脇麦や村上淳と舞台挨拶

左から、永田琴監督、門脇麦さん、道端ジェシカさん、村上淳さん Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

映画『愛の渦』で大胆な演技を披露した門脇麦さんと、本作品で映画初主演を果たし、モデルとして活躍する道端ジェシカさんの豪華ダブル主演で贈る日本初の体感型ヨガ・ムービーの完成披露試写会が10月9日にスペースFS汐留でおこなわれました。この作品でゲイ役のムードメーカーを演じる村上淳さんも会場に駆つけ、ユーモア溢れるトークに会場は多いに盛り上がりました。

個性も境遇も全く違う二人の挫折、そして成長

本作品は、都会を夢みて青森から上京してきた本沢海空(門脇麦)21歳と、トップモデル兼ヨガインストラクターとして活躍するKUMI(道端ジェシカ)の個性も境遇も全く違う二人が挫折を味わいながらも、ヨガを通して自らの居場所を見つけ、時にぶつかり合いながら成長していく姿を描いたハートウォーミングドラマとなっている。

−初の映画初出演おめでとうございます。

道端さん:以前から映画に興味があったので、挑戦してみたいと思っていたのですけど、レッスンすら受けた事がない私がW主演なんて、そんな大役任せられて、不安もあったんですけど、監督に「大丈夫だから、出来るから」と言われて、監督についていく感じでしたね。

 

−簡単にヨガのポーズは出来ないんじゃないですか?

門脇さん:私はクラシックバレーをやっていたので、柔軟性に関して特に難しかったところはなく、私にとってヨガは近いものでした。

 

−青森弁は難しかったんじゃないですか?

門脇さん:そうですね。一ヶ月位、先生にマンツーマンで教えて頂いたり、CDを聴いたり、難しかったです津軽弁。本当に…

 

永田監督:思った通り、バッチリという感じで、いつもその調子!という感じでしたね、本当に二人とも可愛かったです。

ダブル主演の門脇麦さん、道端ジェシカさん Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

ジョークも交えながら会場を盛り上げる村上淳さん(右) Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

−村上さんは、”芸”歴が長いのにも関わらず、”ゲイ”役は初・・・?

村上さん:ずっと挑戦してみたかった役なんですけど、これがまた難しいですね。どうアプローチしてよいか分からなくって… 監督のお知り合いでゲイの方がいらっしゃって、紹介頂いた方をベースに役を演じました。オカマにならずにというのが難しい。

 

−今回の現場は朝ヨガをいつもやっていたと聞きました。

永田監督:私自身がヨガをやっていて、撮影現場って、とても過酷で…なので一番撮影に必要なものはヨガと私は思っているんです…今回はヨガの映画なので、私が無理繰り朝ヨガを企てました。

村上さん:朝ヨガは皆の心が一つになって良かったですよ。

−監督からこの映画にこめたメッセージをお願いします。

永田監督:人間って100%で生きていないじゃないですか。皆に長所とか欠点とか…そんな自分の欠点も愛せる。という映画に仕上がっていればいいなと思います。

 

 映画『シャンティデイズ 365日、幸せな呼吸』

10月25日(土)よりシネマート新宿他全国ロードショー

■公式サイトはこちら:http://shantidays365.com

ーーBackstage from “ethica”ーー

5年程ヨガを続けている永田琴監督にとって、ヨガはスポーツという側面以外にも、気持ちの整理を手伝ってくれるツールでもあるという。この映画を通して、「挫折からの成長プロセス」、「気持ちを整理する力」、「前向きに生きる素晴らしさ」を自分なりに考えてみる機会を映画館でつくってみるのはいかがでしょうか?

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

数々の賞に輝く、監督レベッカ・バリーが女の子の困難に立ち向かう力を描いた映画「I AM A GIRL」 10月10日(金)、10月11日(土)の2日間、青山学院大学(東京・表参道)にて無料上映
サッカーにクリエイティビティを!出勤前の時間に学べる「丸の内朝大学」で自分磨きはいかが? 新スポーツを創造するワークショップ「球技発明」クラスを10月16日から開講

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます