カレーを食べて世界の子どもたちに教育を届けよう! Good Morning Café&GrillとRoom to Readのコラボメニューが登場
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
カレーを食べて世界の子どもたちに教育を届けよう!

(C)Room to Read, "Dana Smilie"

今注目のエリアである虎ノ門ヒルズ。そのエリア内にオープンした「グッドモーニングカフェ&グリル」では、11月1日〜30日までの期間限定でカレーを食べると、その売上金の一部が世界の子どもたちへの教育支援になるプロジェクトを実施中。まさにエシカルなその取り組みをご紹介します。

Good Morning Cafe&Grill 外観

Good Morning Cafe&Grill 店内

第一弾はベトナムをイメージしたスパイシーチキンカレー

「教育が世界を変える」という信念の元、活動を行うルーム・トゥ・リードと虎ノ門ヒルズ内にあるグッドモーニングカフェ&グリルがコラボして誕生したのが、オリジナルメニュー「ベトナムチキンカレー」を食べると売上金の100円がルーム・トゥ・リードの活動に寄付されるというプロジェクト。

もともと、グッドモーニングカフェ&グリルでは、企業は社会貢献を当たり前のこととして行っていくべき、という考え方があり、何かしたいと思っていたところにルーム・トゥ・リードの活動を知り、共感したことからこのプロジェクトがスタートしたそうです。

今回提供するのは、ルーム・トゥ・リードの支援国の一つである「ベトナム」をイメージしてシェフが考案した「ベトナムチキンカレー」。レモングラス・ガラムマサラ・クミン・ニョクマム(ベトナムの魚醤)を使用したさわやかな味わいのカレーには、骨付きチキンやジャガイモ、タマネギがゴロゴロ入ってボリューム満点。ベトナムでよく食されているサツマイモがチップスになって添えられています。

Room to Readの支援国の一つであるベトナムをイメージしてシェフが考案した「ベトナムチキンカレー」

何しろうれしいのはこのカレーを食べることで、1食に付き100円が「ルーム・トゥ・リード」の活動に寄付されること。「食べる」という当たり前の行為で社会貢献ができるのはステキですよね。

グッドモーニングカフェ&グリルでは今回の取り組みを第一弾として、今後もこのような取り組みを、虎ノ門ヒルズ店のみではなく、グッドモーニングカフェ全店で展開したいと考えているそう。メニューはカレーをベースに、その他のメニュー展開もあるかも!?

話題の虎ノ門ヒルズに出かけて、エシカルな社会貢献をしてみてはいかがでしょうか。

グッドモーニングカフェ&グリルとルーム・トゥ・リードとのコラボメニュー詳細はこちら http://www.gmc-toranomon.com/roomtoread.php

GOOD MORNING CAFE&GRILL(グッドモーニングカフェ&グリル)東京都港区西新橋二丁目16番6号http://www.gmc-toranomon.com/

 

ルーム・トゥ・リード

開発途上国の何百万という子どもの人生を、読み書きの習得と男女平等の教育機会から変えていく国際的な組織。2000年の創設以来、これまでに880万人以上の子どもたちを支援している。http://japan.roomtoread.org/

ジョン・ウッド ルーム・トゥ・リード創設者。

ジョン・ウッド

ルーム・トゥ・リード創設者。クリントン・グローバル・イニシアチブのアドバイザリー・ボードメンバー。 コロラド大学で経営管理学修士、ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院で経営管理学修士を取得。1999年にマイクロソフトのマーケティング部門の重役の座を捨て、ルーム・トゥ・リードを設立。アジアとアフリカの10カ国で880万人以上の子どもに教育と読み書き能力という生涯の贈り物を届けている。最新刊『僕の「天職」は7000人のキャラバンになった』には、前著『マイクロソフトでは出会えなかった天職』の“その後”が描かれている。

エリン・ガンジュ ルーム・トゥ・リード 共同創設者 兼 最高 経営責任者

エリン・ガンジュ

ルーム・トゥ・リード 共同創設者 兼 最高 経営責任者

ジョンズ・ホプキンス大学のPaul H. Nitze School of Advanced International Studies(高等国際問題研究大学院)にて国際関係学と経済学の学士号および修士号を取得。

ゴールドマン・サックス、ユニリーバ、Dejima, Inc.,において、香港、シンガポール、インドネシア、ベトナムを含む事業開発の経験を持つ。2001年にルーム・トゥ・リードに参画。アジア・アフリカ10カ国、そして7カ所の資金調達拠点を含む全世界に広がる組織、1000名を越えるスタッフを率いている。

松丸佳穂 ルーム・トゥ・リード・ジャパン事務局代表

松丸佳穂

ルーム・トゥ・リード・ジャパン 事務局代表

早稲田大学第一文学部を卒業後、リクルート入社。広報、結婚情報誌の編集・企画、世界文化社・社長室を経て、現職。父親の仕事の関係で、ルーマニア、ロシア、イギリスで育ったことから、読書や教育の重要性を身をもって体験している。2007年、サポーターで組織された東京チャプターたちあげ時より広報の共同リーダー(ボランティア)として活躍。2010年1月にルーム・トゥ・リード初の日本人職員として採用され、日本事務所を立ち上げる。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

Harumi Miyazaki

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
正しい手洗いは地球を救うー「世界にいいことプロジェクト」2選
独自記事 【 2022/5/9 】 Work & Study
エコノミーからエコロジー、そしてエシカルへ。モノを大量に生産・消費し、使い捨ててしまうシステムから脱却し、身体的・精神的・社会的に満たされたウェルビーイングを追求する動きがあちこちで生まれています。今回、ethica編集部は「世界にいいことプロジェクト」として、一般社団法人Earth Companyによるロヒンギャ難民...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

乾燥で危険な箇所は下半身に集中!? フットケアに靴下をプラスして保湿効果を高める。 肌の乾燥対策にオイルやクリームとあわせて使う今年注目のオーガニックコットンの靴下はいかが?
冬においしいチョコレート!は幸せをベースに作られたものを選ぼう 毎年人気の「ピープル・ツリー」のフェアトレード・チョコレートに濃厚フィリングが詰まったデザートタイプの新作が登場

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます