伊勢谷友介率いるREBIRTH PROJECTによるエシカルトークショー「How To Enjoy Ethical Fashion??」 ピープル・ツリーのサフィア・ミニー代表、リー・ジャパンの細川秀和取締役をゲストに開催されました。
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
伊勢谷友介率いるREBIRTH PROJECTによるエシカルトークショー「How To Enjoy Ethical Fashion??」

2014年11月20日、伊勢丹新宿店本館2階=センターパーク/TOKYO解放区で展開しているREBIRTH PROJECTのポップアップショップ内にて、二人のゲストを招いてのスペシャルトークショーが開催されました。テーマは「How To Enjoy Ethical Fashion??」

REBIRTH PROJECTは、害獣として年間約30万頭駆除されている猪や鹿の命を無駄にしないプロジェクトとして、駆除された猪や鹿の革を再生利用した「INOCHIKA PROJECT」を中心に11月25日まで期間限定でショップ展開している。

ゲストには、フェアトレードファッションのパイオニア「People Tree」代表のサフィア・ミニー氏と、今年で創立125周年を迎えた世界を代表するデニムブランド「Lee」を展開するリー・ジャパン取締役の細川秀和氏。そして、モデレーターを務めたのは、REBIRTH PROJECTのファッション部門HATCH YOUチーフプロデューサー新納麻理佳氏。REBIRTHPROJECTがプロデュースした害獣レザーの紹介やエシカルファッションの楽しみ方について語られました。

ー東京ならではのエシカルファッションの楽しみ方を是非教えて頂けますか?(新納氏)

サフィアさん:私はストリートファッションが好きなのですが、トレンドを追っかけるのではなくて、個性を持っているファッションが好きです。東京にいると参考になる人達が多いんですよね。新宿とか表参道とか。

ヨーロッパでは「エコ・コンセプトショップ」という個人経営のお店が出てきてファッション、雑貨、アートなどが融合した、ライフスタイル提案をしています。そういうコンセプトショップが東京にもできるとよいですね。

(左)フェアトレードファッションのパイオニア「People Tree」代表のサフィア・ミニー氏、(右)REBIRTH PROJECTのファッション部門HATCH YOUチーフプロデューサー新納麻理佳氏

(左)サフィア・ミニー氏、(右)新納麻理佳氏

ーエシカルなファッションの選択肢が増えてきました。私どもREBIRTH PROJECTが取り組むアップサイクルや害獣レザーの取り組みなどもその一つです。(新納氏)

サフィアさん:今日はオーガニックコットン、明日はフェアトレード・ファッションを取り入れようなど、社会の課題を意識しながら、自分にできる範囲で工夫して、ファッションを楽しむ。それが本当のエシカルなファッションだと思うんですよね。

もし新品を買うのなら、それがなるべく、オーガニックであるとかフェアトレードのものにしてみるとか。古着をリメイクしたり、友達と交換したり、自分でアップサイクルするのも楽しいですよ。

ーしかしエシカルファッションへの取り組みは、そう簡単なことではないですよね。細川さんは、エシカルファッションに取り組む上でどんなことが難しく、また面白いと考えていますか??(新納氏)

世界を代表するデニムブランド「Lee」を展開するリー・ジャパン取締役の細川秀和氏

細川さん:コラボさせて頂いて思う事としては、動物愛護という視点でいうとフェイクを使いたいという視点もあります。ただ、鹿が増えすぎていて、害を及ぼしている問題があります。物事って多面的に見たら、裏と表が存在したとか、右と左があったりとか、斜めとその反対があったりとか、色んな見方があるので、エシカルという視点一つを見た時にも、これが絶対と見るのではなく、多面的に捉えていくと、なんかもっと、入りやすいところが有ったり、面白みがあったり、身近な事が感じられたりだとか、なんか、そんなことかなぁ…と常に思っています。

後は、続けていくということ、つまりサスティナブルにしていくということは、やっぱりビジネスにならないと、大変難しいですよね。オーガニックコットンにしても、我々が売らなければ、そこでオーダーが止まってしまう訳ですよ。この工場の人と未来永劫、仕事したいと思っても商品が売れなかったら、次に続かないですよね。やっぱり、ビジネス化を私達メーカーやブランドが出来るか。その為には、価値を伝えられるクリエティブ、クオリティー、プロモーションと三位一体、四位一体になる必要があります。原綿のコストだけで考えても倍以上ですよ。企業の価値が試されるというか。とっても難しい事に取り組んでいる。

INOCHIKA PROJECTのアイテム

INOCHIKA PROJECTというネーミングは「猪(INOSHISHI)+鹿(SHIKA)+命(INOCHI)=INOCHIKA」に由来している。

INOCHIKAについて

森や畑を荒らしてしまうことから、年間約30万等が害獣として駆除されてしまっているイノシシ(INOSHISHI)とシカ(SHIKA)。その命(INOCHI)を無駄にしたくないという想いから、REBIRTH PROJECTはINOCHIKAプロジェクトとして駆除された猪や鹿の肉と革を有効活用する活動をアート店や商品に落とし込み展開している。現在伊勢丹新宿店本館2階=センターパーク/TOKYO解放区にて2014年11月25日までの期間限定ショップを展開しています。

ーーBackstage from “ethica”ーー

サフィア・ミニー代表、細川秀和取締役の経営者ならではの視点、REBIRTH PROJECTならではのユニークな発想や着眼点に触れる事ができ、とても有意義なトークショーでした。ポップアップショップは11月25日(水)まで展開しているので、興味を持った方は、是非この機会に伊勢丹新宿店で商品を手に取ってみては如何だろうか。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...

次の記事

ルミネ大宮で「エシカル」を見て・触れて・体験するイベントを開催中 roomsと地球や社会に優しい選択をする新しいショッピングスタイルを提案。
orange pekoeのボーカル、ナガシマトモコ初のソロプロジェクト「NIA」をDJ Spinnaがリミックス!! 11月30日迄限定でフリーダウンロードを展開 近日、「私によくて、世界にイイ。」をテーマとしたエシカ独占インタビュー映像をETHICA TVで公開

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます