自分にとって幸せってなんだろう。それは一生をかけて探すもの。杉本彩 人間の生き方を左右するものが美意識、本当の美しさは何かということを発見することが自分の生き方を変え、本当の幸福の価値観を見つけるために一番大切なこと。
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
自分にとって幸せってなんだろう。それは一生をかけて探すもの。杉本彩

タレント、女優、ダンサー、小説家、さらには実業家とさまざまな分野で活躍している杉本彩さん。 Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

タレントや女優としてテレビ、映画に出演する傍ら、ダンサーや小説家、さらには実業家とさまざまな分野で活躍している杉本彩さん。男性はもちろん、女性にも多くのファンがいるマルチな才能の持ち主ですが、以前から杉本さんが動物愛護の活動に深く関わっていることもよく知られています。
去る10月4日、5日の2日間、フレッシュハンドメイドコスメの「LUSH(ラッシュ)」が、「2050年のLUSHな(みずみずしく、みどりと潤いにあふれた)未来のために」をコンセプトに、港区の東京ミッドタウン芝生広場で開催した初の野外イベント「LUSH LIFE PARK 2014」に杉本さんがゲスト出演。LUSHが掲げる化粧品のための動物実験反対の理念や、チャリティやキャンペーンを通して動物愛護・権利擁護を訴える企業姿勢に共感したことが同イベント参加の契機となりました。会場ではたくさんの観客を前に動物愛護について語りました。
エシカ編集部はその杉本さんに独占取材しました。

ごく自然に始まった動物愛護の活動

動物愛護の活動は、かれこれもう20年以上も前からになりますね。何かきっかけがあるとかそういうことではなくて、小さな子供の頃から外でかわいそうな猫を見かけたりすると放っておけなくて、家に連れて帰ったりしていたんです。 今、私がやっていることはその延長線上にあって、動物虐待の現実などいろいろなことを知れば知るほど、その問題から目を背けることができなくなって、結果としてこうなってしまったんですね。ただ、強いて言えば、10代の終わり頃だったか、京都から東京に移り住んできて間がない頃、病気で死にかけていた猫を拾ってきて保護して里親を探したのが、活動のスタートということになるのかもしれませんね。

今の日本に必要な「アニマルポリス」

今、私が力を入れているのは「アニマルポリス」の導入を訴える活動です。
動物は虐待を受けても言葉を発することができません。それに、虐待は密室の中で行われることがほとんどなので、そこに入って行ってしっかり捜査するには警察の権限が必要になるのです。アニマルポリスはそのための公的機関で、アメリカやヨーロッパにはきちんとした組織が出来上がっていますが、日本はまだものすごく遅れています。動物愛護法はあっても、それを専門に捜査する機関がないのです。
動物にも人間と同じような感情があって、心があります。それまで虐待を受けていた動物たちも、人の愛情と環境で見違えるほど変わるので、虐待を受けていたり、非道状況に置かれていたりした時、彼らが何を考え、どういう気持ちで生きていたのかと思うといたたまれなくなりますね。だからこそ、1日も早くアニマルポリスを立ち上げないといけないと思うのです。

まずは兵庫県から

活動はまず、私の故郷である京都からスタートしました。7万2000人以上の署名を集めて設置を検討していただいていますが、この署名をしていた時、一番に反応してくれたのが兵庫県でした。職員の方がアニマルポリスの勉強会を開催してくださって、そこで講義をさせていただきました。その後、迅速に事が運んで、まず県のほうで「アニマルポリス・ホットライン」という電話相談窓口が設置されました。これは、まだ本格的なアニマルポリスというわけではありませんが、それでもスタートラインに立ったまず第一歩になりました。今後はそれをさらに進めていくためにシンポジウムなどを開催していこうと思っています。

動物愛護の活動には終わりがない

最近、殺伐とした殺人事件がいくつも起きていますが、人に危害が及ぶ前には必ずといっていいほど動物殺傷事件が起きているのです。そうしたことは周知の事実であるにもかかわらず、しっかり検証されてこなかったのではないかということを強く感じますね。動物虐待とか動物殺傷の段階でしっかり捜査をし、取り締まりがされていれば、人への危害に及ぶ前に食い止めることができたし、奪われずに済んだ命もたくさんあったのではないでしょうか?そう考えると、1日も早くアニマルポリスを立ち上げないといけないと思いますね。
今、仕事の合間に動物愛護活動をやっているというよりも、むしろ活動の合間に仕事をやっているという感じになっています。仕事はどんなものでも一区切りがありますが、動物愛護の活動には、もうこれでいいという終わりがありません。おそらく、私はこうやって、命ある限り動物愛護の活動をやっていくんでしょうね、きっと。

普段の生活でもエコやリサイクルに自然に気を遣う

かつて反毛皮のキャンペーンに協力したり、こうして動物愛護の活動をやっていますが、エコやリサイクルも自然や命を守るという観点から、動物愛護と繋がっています。ですから、毎日の生活を送る中でもリサイクルやエコにも気を遣っているんですよ。まず第一に、私が意識しているのは無駄を出さないこと。東日本大震災以降はそうした風潮が特に強くみられるようになりました。でも、私にしてみれば、子供の頃から親に言われて当たり前にやってきたこと、例えば食材を無駄にしないこと、無駄な電気を使わないこととかを今も続けているだけのことで、そんなに特別なことではないんです。そもそもそういうことは意識してやることではなく、ごく自然に行うものだというのが私の考えです。

アルゼンチンタンゴの魅力は繊細な表現や感覚が必要とされるところ

杉本彩というと、皆さんにはアルゼンチンタンゴのイメージが強いかもしれません。そもそものきっかけは、日本テレビの「芸能人社交ダンス部」でラテンのペアダンスをやったことですね。子供の頃、バレエを習ったことはあったのですが、ラテンダンスは初めてで、すぐにハマって、そこからアルゼンチンタンゴへと興味が移っていきました。
アルゼンチンタンゴの一番の魅力は、社交ダンスとは違って、決まりごとがあるようでないということだと思っています。その人の感性とか、お互いの気のやり取り一つで踊りがさまざまに展開していくので、ひじょうに繊細な表現や感覚が必要とされるところがいいですね。それに歳を重ねて人生の経験を重ねれば重ねるほど、その表現に味わい深さが必要とされ、踊りの中に哀愁のようなものを求められてきます。その奥深さもアルゼンチンタンゴならではのものではないでしょうか?
アルゼンチンタンゴに関していえば、今、忙しすぎてなかなかできません。何か月も踊れないことがあるのが残念ですね。

一人の女性としてよりも一人の人間として美しく

私はいろいろと複雑な人生だったので、挫折しそうになったり、心が折れそうになったことが何度もあります。その中で、どうして自分が今まで頑張ってこられたのかというと、やはり動物たちが心の支えとなり、いろいろな学びや気づきをもたらせてくれたのです。動物たちが癒しとなり、いろいろな絆や学びをもたらせてくれたのです。自分にとって幸せってなんだろうって考える時、それは一生をかけて探すもので、なかには探しても結局答えが見つからない人もいます。答えを探すのは難しいんですよ。でも、私は動物たちのおかげで、そして、動物愛護活動によって、自分にとって本当の幸せは何かということの答えを見つけることができました。それは自分の存在意義を感じさせてくれることでもありますし、社会に貢献できるという喜びでもあります。

最後に、女性の皆さんへのメッセージは、一人の女性として美しさを求めること以上に、一人の人間として美しく生きることが大切だということです。人間の生き方を左右するものが美意識、本当の美しさは何かということを発見することが自分の生き方を変え、本当の幸福の価値観を見つけるために一番大切なことだと思いますね。

インタビュアー 清水 一利(しみずかずとし)
55年千葉県市川市生まれ。明治大学文学部(史学地理学科日本史専攻)を卒業後、79年、株式会社電通PRセンター(現・株式会社電通パブリックリレーションズ)に入社。クライアント各社のパブリシティ業務、PRイベントの企画・運営などに携わる。86年、同社退社後、87年、編集プロダクション・フリークスを主宰。新聞、雑誌(週刊誌・月刊誌)およびPR誌・一般書籍の企画・取材・執筆活動に従事。12年「フラガール3.11~つながる絆」(講談社)、13年「SOS!500人を救え~3.11石巻市立病院の5日間」(三一書房)を刊行。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

清水 一利

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【ethica副編集長対談】フィリップ モリス ジャパン・濱中祥子さん(前編)
独自記事 【 2020/3/9 】 Work & Study
2月19日・20日の2日間、パシフィコ横浜で開催された「サステナブル・ブランド国際会議2020横浜」(SB 2020 YOKOHAMA)でのパネルディスカッション「グローバル先進企業に学ぶサステナブル・ビジネスの実践法~課題を乗り越えるための方策とは」にノボ ノルディスク ファーマのサイモン・コリアさん、セールスフォー...
【ethica副編集長対談】フィリップ モリス ジャパン・濱中祥子さん(後編)
独自記事 【 2020/3/9 】 Work & Study
自らは非喫煙者で、フィリップ モリス ジャパンに入社するまでタバコとは全く縁のない人生を送ってきたという濱中祥子さんは今、「煙のない社会」を目指して日々活動されています。 そんな濱中さんは、海外留学されたご経験がおありだそうです。後編ではその頃のことを語っていただきました。 (聞き手:ethica副編集長・萱島礼香)
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
より「自分らしい選択」が、社会をよくしてくれる。エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち(後編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
トップブランドの古着を藍染で蘇らせる”サスティナブル・ブランド” Indigo Love Ecoプロジェクト「BOKUWAKUMA」
独自記事 【 2020/2/10 】 Fashion
鮮やかでありながら深みもあり、様々に表情を変える藍色。 実はこれらの衣服は、本当なら捨てられてしまうかもしれなかった古着です。 ご紹介するのはシャネルやギャルソンの古着を藍染でリメイクする沖縄拠点のブランド「BOKUWAKUMA」。藍で染めることによって新たな命が吹き込まれより愛されるアイテムに蘇らせることで、ファッシ...
人が楽しむことをしたいーー。クリエーティブを仕事にする喜び。/木下舞耶(前編)
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
2019年6月に行われた「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」のセミナーに、一人の日本人女性が登壇した。広告会社でパラリンピックのプロジェクトに携わる木下舞耶さん。パラリンピックという障害者のスポーツの祭典を通じ、人々の意識、社会をも変えるコミュニケーションを標榜する。前編では、木下さんが歩んで来...
広告の祭典「カンヌライオンズ」にて開催されたパラリンピックの対談レポート
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
世界的な広告(クリエイティブ)の祭典「カンヌライオンズ」にて行われた電通の木下舞耶さん、国際パラリンピック委員会(IPC)のチーフ・マーケティング・コミュニケーションズ・オフィサー、クレイグ・スペンスさん、そしてパラリンピック金メダリストのマールー・ファン・ラインさんの対談の様子をレポートします。(記者:エシカちゃん)...
写真家で映画監督の蜷川実花さんがクリエイティヴ・ディレクション「GO Journal」
独自記事 【 2020/1/13 】 Art & Culture
世界中の注目が集まる「世紀の祭典」東京オリンピック・パラリンピックの開催があと半年に迫る中、パラスポーツの興奮とパラアスリートたちの息づかいとそれを取り巻くカルチャーとの交差点を伝えるフリーグラフィックマガジン「GO Journal」の最新号(第4号)が1月22日(水)に発刊されます。 (記者:エシカちゃん)
パラリンピックに懸ける思い【前編】/ 車いすテニス・船水梓緒里さん
独自記事 【 2020/1/6 】 Health & Beauty
車いすテニスを始めてわずか2年で世界国別選手権のジュニアクラス日本代表に選出され、その後2018年8月にはジュニアの世界ランキング1位となった船水梓緒里さん(三菱商事所属)。中学1年生の時、事故で車いす生活を余儀なくされ、人生に絶望しかけていた船水さんを救ったのが車いすテニスでした。 今回は来年の東京パラリンピックでの...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
《第72回カンヌ国際映画祭・最終日》韓国映画初のパルム・ドール受賞で閉幕
独自記事 【 2019/6/10 】 Art & Culture
2019年5月25日、第72回カンヌ国際映画祭の最終日に最高賞のパルム・ドールに輝いたのは、ポン・ジュノ監督の『Parasite(英題)』でした。韓国映画としては、カンヌ史上初の快挙です。『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などで知られるアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ/Alejandro Go...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...

次の記事

着る人もつくる人もしあわせになる?!フェアトレードから学ぶしあわせになるヒント 12月11日(木)にフェアトレード・コンシェルジュ末吉里花がナビゲートする「フェアトレード」をテーマとしたセミナーを開催
中谷美紀主演、映画『繕い裁つ人』完成披露イベントレポート! 日本中で、コツコツと、もの作りを続けている全ての職人さん達への讃歌だと思ってます。中谷美紀

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます