着る人もつくる人もしあわせになる?!フェアトレードから学ぶしあわせになるヒント 12月11日(木)にフェアトレード・コンシェルジュ末吉里花がナビゲートする「フェアトレード」をテーマとしたセミナーを開催
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
着る人もつくる人もしあわせになる?!フェアトレードから学ぶしあわせになるヒント

フェアトレード・コンシェルジュの末吉里花さん Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

日本最大のフェアトレード専門ブランド「ピープル・ツリー」が、12月11~13日に東京ビッグサイトにて開催される日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2014」のセミナー企画「エシカルファッションカレッジ」に参加。12月11日(木)にフェアトレードをテーマにしたセミナー「着る人もつくる人もしあわせになる?!フェアトレードから学ぶしあわせになるヒント」を開催。エシカルファッションを切り口に、「知る」「作る」「感じる」ことで、楽しみながら気づき、学ぶことができる内容となっている。

エシカルの到達点とも言えるフェアトレード

フェアトレードとは途上国の原料や製品を、適正な価格で購入すること、さらにそれを継続的に行うことで、立場の弱い人たちの自立と生活を改善することを目指す取り組みのこと。コトバからイメージする内容はとてもシンプルに聞こえるが、この「フェア」であり続けるためにはさまざまな側面に気を配る必要である。セミナーではフェアトレード・コンシェルジュである末吉里花をナビゲーターに迎え、日本最大のフェアトレードブランド「ピープル・ツリー」から見える「サステイナブル・ビジネスの仕組み」を紐解く。

ナビゲーター紹介

末吉 里花
フリーアナウンサー/フェアトレードコンシェルジュ。
TBS系『世界ふしぎ発見!』のミステリーハンターほか、オーガニックやフェアトレード関連の資格を生かし、司会やレポーターもこなすフリーアナウンサー。著書に『祈る子どもたち』(太田出版)がある。FMヨコハマで毎週日曜日「GIFT from the Earth」内の朝9時32分からのコーナー「Circulation on the Earth」を担当。フェアトレードコンシェルジュ講座を主宰している。

■末吉 里花オフィシャルサイト
http://www.rikasueyoshi.com/profile

■末吉 里花オフィシャルブログ

 

鈴木 史
ピープル・ツリー 事業開発シニアマネージャー。
高校在学中にアメリカに留学。大学卒業後、通信販売の出版社に入社し、新商品開発、プロモーション企画など担当する。 退職後、文化服装学院に入学。卒業後、広報やデザイナーの仕事を経て2008年にピープル・ツリー(フェアトレードカンパニー株式会社)へ入社。現在、商品開発の企画・制作から、営業、マーケティングまで一連の業務を統括している。

【セミナー概要】
日時:12月11日(木)15:00~15:45
場所:東京ビッグサイト 東5ホール
テーマ:フェアトレード・コンシェルジュ末吉里花がナビゲートする「着る人もつくる人もしあわせになる?!フェアトレードから学ぶしあわせになるヒント」

※セミナーは参加無料、事前登録制となります。
■お申し込みはこちらから
http://eventregist.com/e/ep_part2014

■フェアトレード専門ブランド「ピープル・ツリー」公式サイトはこちら
www.peopletree.co.jp

ーーBackstage from “ethica”ーー

ファッショナブルなアイテムの広がりとともに身近になった「フェアトレード」商品。フェアトレードやエシカルファッションについて学び、エシカルなものづくりや暮らし方について考えるよい機会となりそうだ。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

稲川 絵里

国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポット
独自記事 【 2017/4/24 】 Art & Culture
銀座松坂屋の跡地に4月20日(木)、全9フロア241店舗が出店するエリア最大規模の商業施設「GINZA SIX」がオープンしました。注目のファッションブランドの出店は言うに及ばず、国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポットを紹介します。
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

絶賛上映中!『マダム・マロリーと魔法のスパイス』南仏の田舎町で繰り広げられる、愛と情熱に溢れた料理人たちの物語 マダム・マロリー演じるベテラン英国女優、ヘレン・ミレン
自分にとって幸せってなんだろう。それは一生をかけて探すもの。杉本彩 人間の生き方を左右するものが美意識、本当の美しさは何かということを発見することが自分の生き方を変え、本当の幸福の価値観を見つけるために一番大切なこと。

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます