エシカルがファッションのメインストリームに食い込む鍵は? エシカリスタ Vol.2 INHEELS共同代表 岡田有加さん
Blog
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram

INHEELS共同代表  岡田有加さん

千葉県銚子市出身、慶応義塾大学総合政策学部卒業。大学卒業後外資会計事務所系コンサルティングファームにてM&Aコンサルタントとして勤務。退職後渡英、ロンドンにて大手フェアトレードファッションブランドのホールセールエグゼクティブを勤める傍ら夜間学校にてファッションデザイン、パターンカッティング等を学ぶ。英Environmental Justice FoundationにてデザイナーTシャツコレクションの担当を経て、2012年セクシーxクールなエシカルファッションブランドINHEELSを共同代表の大山と共に起業。2012年アシックス33DREAMSエル・オンライン賞、2013年ソーシャルプロダクツアワード受賞。

ホームページ

オンラインショップ

Facebookページ

Twitter: @Yuka_INHEELS

エシカルがファッションのメインストリームに食い込む鍵は?

こんにちは! この度、光栄にもethica公式ブロガーに就任させて頂きました、エシカルファッションブランドINHEELSの共同代表、岡田有加です。1回目のブログ、ということで簡単に自己紹介をさせて下さい。

まず、私はキラキラしていて夢と情熱が原動力の、世間一般に認知されているような「女性社会起業家」とはどうしても自分で思えません。もっと俗っぽい存在、というのでしょうか、もちろん世界の不平等感に違和感を覚えてエシカルファッションの世界に踏み込んだのだけれども、私自身も幸せで飲みに行くのに困らない程度のお金を稼ぎたい。笑 そんな「社会起業家」にあなたは違和感を覚えますか? それとも親近感? とにかく、いろいろと取り繕ってあとでボロが出るよりも、最初から本音を書いていきますのでもしよろしければお付き合い願います。

INHEELSは私と共同代表の大山多恵子がロンドンで準備し、2012年にローンチしたレディースエシカルファッションブランドです。今まであまりなかったシンプル且つクールxセクシー系のテイストと、大学生や20代前半の女性でも手の届く価格帯が特徴です。興味があれば是非HPをチェック!http://inheels-ef.com/

先ほど「俗っぽい存在」と書きましたが、実は私はこれがこれからのエシカルファッションのキーワードになっていくと思っています。「これからのエシカルファッション」のとりあえずの目標は、エシカルファッションが一部の人向けのものではなくてメインストリーム(服を買う際の主な選択肢のひとつ)になること。

今までのエシカルファッションは、「社会貢献しよう!いいことしよう!人の役に立ちたい!みんな、フォローミー☆」っぽいノリが多かったのではないでしょうか? もちろんそうでないところもありますが、こういうキラキラしたノリには私はなかなかついていけませんでした。なぜか、「ガラじゃない」と思ってしまうんです・・・。逆に、ファッションのメインストリームで使われる語彙と言えば「モテる」「可愛く見える」「谷間を捏造」(笑)「コスパ(コスト対パフォーマンス)良し」「エロかっこ良く」等、自分本位の俗っぽい言葉ばかり。私はここが、エシカルファッションがメインストリームに食い込む突破口になると考えています。

ethicaにもインタビューをして頂きましたが、正直最初にインタビューの依頼を受けたときは「あぁ、また同じようなウェブマガジンができるのかな」と思いました(ごめんなさい!)。でもethicaライターのFelixSayakaさんと話すうち、このいい意味で「自分本位」のエシカルに対する姿勢がINHEELSと重なるな、と思いインタビューを快諾、公式ブロガーにまでなってしまいました。笑

これからもリアルなエシカルファッション事情や実際に携わるものとしての意見を飾らず、俗っぽさを取り繕わずに書かせて頂きますので、どうぞ宜しくお願い致します!

INHEELS共同代表 岡田有加

■INHEELSイベント情報:
(詳細はINHEELSホームページやフェイスブックをチェックしてくださいね!お問い合わせは[email protected]まで)

プロダクトデザイン meets SOMETHING NEW! 第2回「プロダクトデザイン meets エシカル」

日時:
平成25年8月24日(土)
ワークショップ付き勉強会:15:00~17:00(開場 14:30)
懇親会:17:15~18:30

場所:
JIDAギャラリー(六本木 JIDA事務局)港区六本木 5-17-1 AXISビル 4F

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

「安全運転をタンザニアでキャンペーン」 エシカリスタVol.1 原田さとみさん
アロマを使って家を涼しく! 簡単な方法をご紹介【多忙女性のお役立ち】

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます