イケアのLED電球購入で「難民キャンプに明かりを届け、より快適な生活を実現。」 イケアのビジョンを具現化したソーシャルグッドなキャンペーン
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
イケアのLED電球購入で「難民キャンプに明かりを届け、より快適な生活を実現。」

IKEA Foundation コミュニケーション戦略部長 ジョナサン・スパンピナート氏(左) UNHCR駐日代表のマイケル・リンデンバウアー氏(右)

IKEA Foundationでは世界中の難民の保護・支援活動を行っているUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)に協力、2月から3月にかけて全世界のイケアストアで「難民キャンプに明かりを届けようキャンペーン」を実施しています。先日、IKEA Foundationのコミュニケーション戦略部長のジョナサン・スパンピナート氏とUNHCR駐日代表のマイケル・リンデンバウアー氏が会見し、同キャンペーンについての理解と協力を呼びかけました。

イケアストアでLED電球を1つ買うごとに1ユーロをUNHCRに寄付

現在、世界中にはUNHCRの保護・支援を必要とする難民は約1300万人もおり、そのうちの約半分を子供たちが占めています。彼らが生活をしているキャンプには明かりが不足しているか、あるいは全くない状況であるため、日々の暮らしや社会的・教育的活動は全て日中に行わなくてはならないのが実情です。

そこで、今回のキャンペーンは難民キャンプをより安全で快適に暮らせる場所にするため、お客さんがイケアストアでLED電球を1つ買うごとに1ユーロをIKEA FoundationがUNHCRに寄付、この寄付金を難民キャンプに明かりを届ける資金として役立てようというものです。

世界の難民の保護・難民問題の解決に尽力

UNHCRは1950年12月、国連総会の決議によって設立された団体で、人道的な見地から紛争や迫害によって故郷を追われた世界の難民の保護、難民問題の解決に向けた国際的な活動の先導・調整をその目的としています。

そのため、UNHCRは難民の権利と尊厳を守り、すべての人が庇護を求める権利を行使し、安全に庇護を受け、自主的に帰還、あるいは庇護国に定住できるよう努力を続けています。

設立以来、UNHCRが生活の再建を支援した人々は数千万人に上るとされます。

日本は第三国定住による難民の受け入れを行っているアジア唯一の国であり、今後もその活動に期待が寄せられています。

UNHCR駐日代表のマイケル・リンデンバウアー氏

イケアのビジョンを具現化したキャンペーン

一方、IKEA Foundationは現在、世界27カ国に315のイケアストアと40以上のフランチャイズのイケアストアを展開し、優れたデザインと機能性、手頃な価格、高い品質を兼ね備え、環境と社会に配慮して製造されたさまざまなホームファニッシング製品を提供している企業です。

そのビジョンは「より快適な毎日を、より多くの方々にお届けすること」「たくさんの子供たちにすばらしい未来を」というものであり、世界中のもっとも貧しいコミュニティーで暮らす子供と若者たちの機会の向上を目的として、根本的かつ永続的な変化をもたらすことのできる、包括的で長期的なプログラムへの資金援助を行っています。

「難民キャンプに明かりを届けようキャンペーン」はそのビジョンを具現化したものといえるでしょう。

IKEA Foundation コミュニケーション戦略部長 ジョナサン・スパンピナート氏

世界中の難民を助けるソーシャルグッドなキャンペーン

「難民キャンプに明かりを届けようキャンペーン」は昨年初めて行われ、今回が2回目となります。昨年は世界中で770万ユーロもの寄付金が集まり、その一部はヨルダンのアズラック難民キャンプで避難生活を送っている1万1000人以上のシリア難民の支援にあてられました。

各家庭に1つずつ支給されたソーラーランタンは携帯電話の充電器や日常生活を送るための照明として利用されており、このソーラーランタンのおかげで子供たちは日没後も学習を続けられるようになって成績が向上しました。

また、大人たちは日が暮れても仕事を続けたり、地域の人たちとの交流を図ることが可能となり、より快適な生活を送ることができるようになりました。

「人々がLED電球を買うことで家庭での電気の使用量やコストを抑えることができ、家庭の支出をセーブできる(=私にイイ)とともに、1ユーロを寄付できる(=世界にイイ)」

今回の「難民キャンプに明かりを届けようキャンペーン」はまさに、「私によくて、世界にイイ。」、ソーシャルグッドなキャンペーンといえるでしょう。

■キャンペーン概要はこちら
http://www.ikea.com/jp/ja/good-cause-campaign/brighter-lives-for-refugees/index.html

記者 清水 一利(しみずかずとし)
55年千葉県市川市生まれ。明治大学文学部(史学地理学科日本史専攻)を卒業後、79年、株式会社電通PRセンター(現・株式会社電通パブリックリレーションズ)に入社。クライアント各社のパブリシティ業務、PRイベントの企画・運営などに携わる。86年、同社退社後、87年、編集プロダクション・フリークスを主宰。新聞、雑誌(週刊誌・月刊誌)およびPR誌・一般書籍の企画・取材・執筆活動に従事。12年「フラガール3.11~つながる絆」(講談社)、13年「SOS!500人を救え~3.11石巻市立病院の5日間」(三一書房)を刊行。

~私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)
http://www.ethica.jp/

清水 一利

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
SDGsやエシカルについて学べるインターネット教養番組のシーズン2がスタート!
INFORMATION 【 2022/11/7 】 Work & Study
持続可能な開発目標(SDGs)が国連サミットで採択された2015年から7年。サステナブルやSDGsといった価値観は耳に馴染んできたものの、まだまだ知らないことがたくさんありそうな奥の深い世界です。エシカでは、「森キミ」ことモデルの森貴美子さんと、環境系エンターテイナーのWoWキツネザルさんが共演するSDGsやエシカルに...
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

女優ロザリオ・ドーソンが手がけるエシカルファッションブランドから、特別なコレクションが登場
チャレンジド(障害者)が描く、アートテキスタイルを使用した新ファッションブランド フェリシモが届けるハッピーテキスタイルアイテム『UNICOLART(ユニカラート)』

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます