”すぐそばにある幸せ”をコンセプトとしたテープが新登場 ニチバンの新ブランド「Petit joie(プチジョア)」活用シーンと「巻心ECOプロジェクト」をご紹介
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
”すぐそばにある幸せ”をコンセプトとしたテープが新登場

ホームパーティーも楽しく彩れます

セロテープで知られるニチバンより”すぐそばにある幸せ”をコンセプトとしたブランド「Petit joie(プチジョア)」が新登場しました。この可愛い柄を活かした「ステーショナリー」や「ホームパーティー」での活用シーンとテープを使い終わると必ず残る「巻心」を集めると環境に役立てられるエコなプロジェクトをご紹介します。

「Petit joie(プチジョア)」が新登場

ニチバンは“すぐそばにある幸せ”をコンセプトに、可愛さと上品さを兼ね備えた商品を展開するブランド「Petit joie(プチジョア)」を立ち上げ、シリーズ第一弾として、可愛い柄のメンディングテープとマスキングテープが2015年2月20日から全国の文具店、雑貨店などで新発売となりました。メンディングデープには「バラ」や「クローバー」などのハッピーモチーフをあしらった全10種類がラインナップされ、また和紙素材の「マスキングテープ」には「花」や「リボン」などをモチーフにしたかわいいデザインがこちらも全10種類も。どちらも、工夫次第であなたらしく、様々に楽しめるアイテムです。

あなたのお気に入りを見つけて何気ない日常を楽しんでみてはいかがでしょうか。

「Petit joie(プチジョア)」シリーズのメンディングテープとマスキングテープ

この可愛い柄を活かした「ステーショナリー」や「ホームパーティー」での活用シーンをご紹介します。

予定を華やかなテープに書き込んで気分をUP!

ハッピーモチーフで想いを伝えるのも

小物も可愛くアレンジ

ホームパーティーも楽しく彩れます

「テープの巻心をゴミとして捨てるのはもったいない」

〜ニチバンの巻心ECOプロジェクト〜

今までゴミになっていた巻心を集めると、緑の地球を守るための環境活動に役立てられる「ニチバン巻心ECOプロジェクト」を知っていましたか?「ゴミ」も減り、かつ環境に役立てられるこのプロジェクトをご紹介します。

過去最高の49万個以上の巻心が集まる

ニチバンが2010年からはじめている「ニチバン巻心ECOプロジェクト」。小学校、企業、病院などの団体や個人など、多くの人がこのプロジェクトに参加しており、既に5回も実施されているプロジェクトです。まず皆さんが集めた「巻心」はダンボールにリサイクルされます。その利益とニチバンからの支援金が、環境NGOである「イカオ・アコ」に寄付され、フィリピン・ネグロス島でのマングローブの植樹に役立てられています。2015年1月末に終了した第5回の活動では、過去最高となる49万個以上もの巻心が集まり、その関心の高さが伺えます。

このプロジェクトに参加するには、まず粘着テープ(どのメーカーのものでもOK)の巻心を集めて送るだけ!既に第5回の収集は終了していますが、第6回の開催も既に決定しているそうですので、巻心を捨てずに集めてみるのはいかがでしょうか。

*第6回の開催時期や参加方法は後日ニチバンのHPでご確認下さい

■プチジョア製品一覧はこちら
http://www.nichiban.co.jp/stationery/petit_joie/index.html

■ニチバン巻心ECOプロジェクトはこちら
http://www.nichiban.co.jp/project/makisin-eco/main4.html

*第5回の受付は既に終了しています。

 ーBackstage from “ethica”ーー

ついつい忘れがちになる日常にある”すぐそばにある幸せ”を一工夫して演出してみると、日々の仕事や生活も鮮やかに華やぎ嬉しくなりますね。(=私にイイ。)

また、日頃必ず使っているもの、そしてゴミとして捨てるものがリサイクルされ、環境活動に役立つのはとってもうれしい取り組みですね。小学校などでもこの取り組みが実施されているそうですが、一緒に巻心を集めることで、子どもたちがリサイクルや環境活動について知る良いきっかけになるといいですね。(=世界にイイ。)

~私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)
http://www.ethica.jp/

Harumi Miyazaki

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

”10万人が足を止めた魔法の声” あのCMソングでおなじみの千葉県出身シンガーソングライター奥華子が映画「あしたになれば。」主題歌『君がくれた夏』を3月18日にリリース
加藤ローサさんに聞きました。「仕事や子育て」「美の秘訣」「CM出演」 <秘蔵メイキングムービーをethicaで公開> 2児のママ・加藤ローサの思わず触れたくなるような“みずみずしい素肌”に注目!!

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます