加藤ローサさんに聞きました。「仕事や子育て」「美の秘訣」「CM出演」 <秘蔵メイキングムービーをethicaで公開> 2児のママ・加藤ローサの思わず触れたくなるような“みずみずしい素肌”に注目!!
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
加藤ローサさんに聞きました。「仕事や子育て」「美の秘訣」「CM出演」

2011年にサッカー選手の松井大輔さんとの結婚を機に芸能活動を休止、2児の母となった加藤ローサさん。この度、アサヒフードアンドヘルスケアのスキンケアブランド「素肌しずく」新イメージキャラクターに起用され、産後初となる4年ぶりのTVCM出演で、二児の母でも変わらない自然な可愛らしさと若々しい姿をみせてくれています。

今回は、前半では、加藤ローサさんのライフスタイル「ファッション」「仕事や子育て」「美の秘訣」や「CM出演」について、後半では、地球環境を大切にしたいというアサヒグループの思いのシンボルでもある「アサヒの森」についてご紹介していきます。

また、産後初となるCMの秘蔵メイキングムービーを今回は特別に本記事内で公開して頂きました。

モデルという仕事との出会い、ファッションの魅力

ethica編集部:はじめまして、webマガジンのエシカと申します。ナチュラル、エコ、サスティナブルなどに関心が高い20代から30代の女性読者が集まるライフスタイルマガジンとなります。今回は、同世代の女性にとって憧れの的である加藤ローサさんのライフスタイルについて、色々とお話をお伺い出来ればと考えております。はじめに、モデルを始められた動機についてお聞かせ頂けますでしょうか?

加藤ローサさん:高校生のとき、横浜に住む従姉妹からの誘いで受けたオーディションがきっかけで、モデルのお仕事を始めました。将来の進路に悩んで、何に対してもやる気がわかない時期だったので、何か楽しみになればと思い受けました。

ethica編集部:モデルのお仕事をはじめられて、ファッションに対する新たな気づきはありましたでしょうか?

加藤ローサさん:モデルというお仕事を通して、ファッションは奥が深いなぁと感じました。私自身もいろいろな洋服を着ることができて、とても楽しかったです。役柄でも色んな衣装があって、衣装を着ると気持ちが変化するので、ファッションが人に与える力が大きい事を感じました。

物を資源として大切する心

ethica編集部:エシカのメインコンセプトが、「Good for Me, Good for the world」となるのですが、 加藤ローサさんにとっての「私によくて世界にイイ。」ことについて、お聞かせ頂けますでしょうか?

加藤ローサさん:最近、近所のリサイクルショップに通っています。不要になったものを売りに行ったり、そこで新たな物を見つけて購入したりしています。自分が手放したものが売れているのも嬉しいですし、子供のオモチャなど安く買えるのも嬉しいです。物を資源として大切に扱う心が環境を守る基本になると思います。

ethica編集部:なるほど。特に子供のオモチャは、時期が過ぎると不要になり置き場所に困りますし、資源の事を考えると不用意に捨てづらいですよね。リサイクルする事により、また誰かに喜ばれるというのもイイですね。買う側も売る側も嬉しくなります。

“美の秘訣”はメリハリをつけたローサ流スキンケア

ethica編集部:3歳と1歳の男の子をもつ母でいらっしゃるそうですが、子育てや仕事と忙しい中でも美しさを保つ“美の秘訣”についてお聞かせ下さい。

加藤ローサさん:メイクをした日にはしっかりとクレンジングをして、保湿をします。洗顔後、すぐ乾燥しないように「素肌しずく」をたっぷりと塗っています。(笑)ノーメイクの日は水洗いです。

子育ては、とっても大変ですがとっても大切なことです。子育てをしながら自分の為のケアをするのは大変ですが、「素肌しずく」は一本で美白、エイジングケアが出来るのでとても愛用させて頂いています。ケアする時間が短縮できるので、子供との時間もできて一石二鳥です!!

ethica編集部:ノーメイクの日は水洗い”というのは意外な発見でした。また、”子育ても自分のケアも大事”ですよね。まさに「Good for Me, Good for the world」。ご協力ありがとうございました。産後初となるCM(素肌しずく)ご出演につきましは、秘蔵となっておりましたメイキングムービーを今回エシカ読者の為に、公開頂けるとの事でしたので、後ほどご主演映像についても詳しくご紹介出来ればと思います。

秘蔵メイキングムービーを公開

産後初となるCM出演となった「素肌しずく」の秘蔵メイキングムービーをご紹介します。

一人二役で登場する加藤ローサさんが、女性の肌悩みの歌に合わせて「プラプラ」とつぶやきながら、ほほをつついたり、つねったりして様々な表情を見せます。

みどころは、彼女の“表情の変化”と起用理由でもある“自然な可愛らしさ”、そして思わず触れたくなるような“みずみずしい素肌”。加藤ローサさんの魅力がたっぷり詰まった映像となっています。

穏やかな気候でも油断は禁物!紫外線対策をプラスした春のスキンケア

暖かい日差しを感じ、外出するのが気持ち良い季節になってきましたが、そんな柔らかな日差しが注ぐ3月、4月頃から紫外線量が急増する事をご存じでしょうか?

冬の乾燥で肌が弱っているところに、春の気温差と紫外線で特に肌のバランスが崩れがち。美白機能と乾燥による小じわを目立たなくする機能を兼ね備えた「素肌しずく」はこの季節に合ったケアができるのではないでしょうか。早めのケアで思わず触れたくなるような“みずみずしい素肌”を手に入れて!

■「素肌しずく」公式サイトはこちら
http://www.asahi-fh.com/shizuku/

自然の恵みを用いて事業活動を行うアサヒグループ

「素肌しずく」シリーズを開発・販売するアサヒフードアンドヘルスケアは、酒類・飲料から食品、ヘルスケア製品を扱うアサヒグループの一員。アサヒグループは人々の健やかな毎日を応援する企業であると共に、自然の恵みを用いて事業活動を行う企業として持続可能な社会・世界の実現のため、多くの環境活動をしています。

70年以上にもわたり守り続けてきた「アサヒの森」

その活動のひとつとして、広島県庄原市と三次市に大小15ヵ所に分かれた総面積2,165ヘクタール(東京ドームの460倍強)の社有林「アサヒの森」があります。この森は1941年より70年以上にもわたり、天然林と自然林の全体のバランスを考えながら管理されています。森林は、地球温暖化の要因とされるCO2を吸収するだけでなく、貴重な資源である水を蓄えるダムとしての機能など、人の生活を支える上で重要な役割があることから、「森を守ることは、本業を守ること」という認識の継承と共に、地球環境を大切にしたいというアサヒグループの思いのシンボルとなっています。

また、地元の小学生を対象とした環境教育「アサヒ森の子供塾」をはじめ、未来を担う若者や子供たちに「アサヒの森」を舞台に森林の大切さと環境保全の意義を伝える活動を定期的に行っています。この環境教育プログラムは、クイズや紙芝居で環境について学んだり、丸太切りや年輪の読み方を学んだりなど、遊んで学べる体験型のプログラムとなっており、これまでに子どもたち、家族、学校、企業など多くの方々が参加をし、この森を通して環境学習の輪を広げています。

■「アサヒの森」についてのWEBページはこちら
http://www.asahibeer.co.jp/asahi_forest/

取材ご協力:加藤ローサさん

1985年6月22日生まれ。鹿児島県出身。母親が日本人、父親がイタリア人のハーフ。高校1年の時にファッションモデルとしてデビュー。以降、TVCMやバラエティ、ドラマ出演など幅広く活躍。
2011年にサッカー選手の松井大輔さんと結婚。結婚を機に芸能活動を休止。同年12月に第一子となる長男が誕生。2014年2月には、第二子となる次男を出産。同年8月に雑誌「ニナーズ」で芸能活動を再開。

主な出演ドラマ・映画

05年: Tokyo Tower 06年:シムソンズ ※主演
06年: ダンドリ。~Dance☆Drill~
06年:陽気なギャングが地球を回す
06年:夜のピクニック
06年: いちばんきれいな水 ※主演
07年:女帝 ※主演 07年:スマイル 聖夜の奇跡
08年:CHANGE
08年:デトロイト・メタルシティ
08年:天国はまだ遠く ※主演
08年:オー!マイ・ガール!!
09年:恋して悪魔~ヴァンパイア☆ボーイ
09年: シスター ※主演
10年:プロゴルファー花 ※主演
10年:パーフェクト・ブルー
11年:冬のサクラ
12年:ガール

出演CM

02年: キャノン「PIXUS」
04年: リクルート「ゼクシィ」
04年: 花王「ラビナス カラーアピール」
04年: カネボウフーズ「カラフルル」
04年: モスバーガー「KATSUO」
04年: ボーダフォン「Vodafone 3G」
04年: マックスファクター「リップフィニティプロ」
04年: 任天堂「キャッチ!タッチ!ヨッシー!」
04年: マックスファクター「花さかビジン」
05年: キリンビバレッジ「上海冷茶」
05年: 佐川急便「e-collect」
05年: ボーダフォン「V603SH」/「V603T」
05年: マックスファクター「ふんわりべっぴん」
06年: キリンビバレッジ「KIRIN POST WATER」
06年: 江崎グリコ「パナップ」
07年: トヨタ自動車「パッソ」
07年: ケンタッキーフライドチキン「オリジナルチキン」
08年: エースコック「スープはるさめシリーズ」
08年: サントリー「Diet」
10年: ライオン「Ban」
11年: カンロ「ピュレグミ」(2011年3月)

ーーBackstage from “ethica”ーー

もちもちとした肌と少女のような可愛らしい表情は2児の母とは思えないですね。子育てと仕事を両立しながら、忙しくとも「自分のケア」や「子供との時間」を大事にしている加藤ローサさん。憧れのママとして、新たな活躍が楽しみです!

~私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)
http://www.ethica.jp/

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

”すぐそばにある幸せ”をコンセプトとしたテープが新登場 ニチバンの新ブランド「Petit joie(プチジョア)」活用シーンと「巻心ECOプロジェクト」をご紹介
ソメイヨシノが咲き競う目黒川から大使館をめぐるウォーキングコースで春を満喫 4月5日(日)開催 第33回ユニセフ・ラブウォークのご紹介 〜目黒区、港区、品川区の世界各国の大使館をめぐろう〜

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます