現状を変えたい人に。自分から動き出したくなる映画『女たちの都〜ワッゲンオッゲン〜」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
現状を変えたい人に。自分から動き出したくなる映画『女たちの都〜ワッゲンオッゲン〜」

熊本県天草市牛深。かつては豊富な漁獲量を誇り、豪華絢爛な花街が栄えた地です。しかし今では漁獲量が減り、仕事も減り、さびれた衰退都市になっている……。そんな天草を舞台に、見終わった後に「よし、私もやらなきゃ!」と元気になれる映画ができました。今回はその映画、『女たちの都〜ワッゲンオッゲン〜』を紹介します。

天草に暮らす弓枝は、ウツボ屋の女房として店と家庭を切り盛りし、夫の晃司と二人暮らし。弓枝の仲間の俊恵は漁師の徹也の元に嫁いで10年経つも子どもができず、同居する義母との関係も一触即発状態。アネさんと慕われるスナックのママゆり子にも浮いた話題はありません。

町で祭りをやってもいまいち盛り上がらないし、観光客もポツポツ。みんな町の活性化を望んではいるものの、男たちは口ばかり達者で飲んでばかり。でも弓枝だけは、どうしても本気で活性化に向けた何かをしたいと考えていました。なぜなら、大学進学のために都会に送り出した一人娘の美香に、地元に帰ってきてほしいから。とはいえ、町は閑散として就職先なんて考えられない状態。なんとかしたい……と弓枝は考え続けます。

祭りの夜、男たちが宴会で騒いでいる裏で、台所では女たちが世間話に花を咲かせます。話題はいつも「町の活性化」。近くにある築100年の元遊郭「三浦屋」が解体されるという話題から、ここ天草牛深がかつて花街だったということを弓枝は思い出します。花街があれば、人がやってきて金が回り、金が回れば町の経済がよくなって、就職先もでき、美香も帰ってこられる! そう考えた弓枝は俊恵とゆり子に「花街を復活させて町おこしをしよう」を持ちかけます。

 

そんななか、弓枝とゆり子の旧知である晴美が離婚を機に東京から戻ってきます。晴美が2人に気づかせたのは、天草の豊かさ。天草の野菜の美味しさや自然とともに生きることの素晴らしさ。地域の人との交流が残っていることの温かさ。晴美も加わって、弓枝と仲間の無鉄砲で底抜けに明るい地域活性計画が始まります。

姑や夫との気持ちのぶつかりあいがありながらも、芸者をインターネットで募集したり、食材を地元農家から集めたりしながら、料亭「三浦屋」を盛り上げることにやりがいを見つけて輝きだす弓枝たち。そう簡単にはものごとは進まないのですが、目的に向けて行動を起こすことが、大事だと強く伝わってきます。なにより、弓枝演じる大竹しのぶさん、ゆり子役の松田美由紀さん、俊恵役の西尾まりさん、晴美役の杉田かおるさんという女優陣の小気味よいセリフ、演技がすばらしい!

『現状を変えたい』という思いを持っている人は多いはず。「他力本願ではなく、勇気を出して自分から動いてみたら?」と背中を押してほしい人にオススメです。

 

監督:禱映/プロデューサー:小泉朋/企画:福田智穂/脚本:南えると、禱映/音楽:渡邊崇/撮影:葛西誉仁/照明:蒔苗友一郎/録音:山田幸治/美術:津留啓亮/編集:小堀由起子/助監督:高明/制作担当:篠宮隆浩/衣装:星野和美/メイク:及川奈緒美/プロデューサー補:福嶋美穂/エンディングテーマ:MICA「虹の花」/協力:天草フィルム・コミッション STORIS/企画・製作:テトラカンパニー/製作:あまくさ映画製作支援の会/配給:株式会社映画24区、アルゴ・ピクチャーズ/宣伝:アルゴ・ピクチャーズ

協賛:天草宝島観光協会/ダスキン/天草信用金庫/天草ケーブルネットワーク/HERO海 助成:文化芸術振興費補助金

(C)2012「ワッゲンオッゲン」製作委員会
【2012年/日本/103分/DCP/ビスタ】
公式HP:www.jaijai-movie.com  公式facebook: http://www.facebook.com/jaijai.movie 

FelixSayaka

国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポット
独自記事 【 2017/4/24 】 Art & Culture
銀座松坂屋の跡地に4月20日(木)、全9フロア241店舗が出店するエリア最大規模の商業施設「GINZA SIX」がオープンしました。注目のファッションブランドの出店は言うに及ばず、国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポットを紹介します。
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

美食礼賛だけではない。『美味しんぼ』で食の安全性を学ぶ
オーガニックコスメって、何が良いの?

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます