年をとってもオシャレでいたい! 老いを味方に付けるオシャレPeople
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
年をとってもオシャレでいたい! 老いを味方に付けるオシャレPeople

敬老の日に、どんなプレゼントを渡そうか、と考えている人もいるかもしれません。今年の敬老の日の贈り物は、思い切ってとびきりオシャレなファッショングッズを選んでみてはいかがでしょうか。

「お年寄りにオシャレなファッショングッズ!?」と疑問に思う人もいるかもしれません。しかし、とある本を見たら、そんな気持ちは吹き飛んでしまうかも。その本のタイトルは『Advanced Style–ニューヨークで見つけた上級者のおしゃれスナップ』。ニューヨークの60歳以上のオシャレな人たちばかりを集めたファッションスナップ写真集です。

この本に掲載された写真のモデルさんたちは、実に個性的なオシャレを楽しんでいます。真っ赤なドレスに雰囲気のある帽子を被っている人がいたり、トラッドチェックの帽子とパンツが実にステッキとパイプにマッチしていてオシャレだったり。

若い人だとちょっと主張が強すぎて、ジュエリーのほうが目立ってしまうようなものも、経験を積んだからこその貫禄で見事にバランスをとっている人もいます。

 

71歳の作家で、アーティストでもあるBeatrix Ostさんは、自信と優雅さが洋服をさらに美しく見せるということ、その人自身の魅力が年とともに増していくということを見事に体現しています。

Beatrixさんは、「美しく見せる秘訣はちゃんと食べること」だと語ります。よく食べて、創造的な生活をすることが鍵だというのです。外見だけ美しくしようとして、やせるための生活をするのでは到底出せない美しさが、内面からにじみ出ています。

撮影を行うカメラマンのAri Seth Cohenさんは次のように言います。

「2008年にニューヨークに引っ越してきて、多くのお年寄りの男性・女性がおしゃれで驚いた。子どもの頃はおばあちゃん子でお年寄りに親しみを持っていたけれど、こんなにポジティブで刺激的なイメージを持っていなかったことに気づいたんだ。年をとる過程にはたくさんの素晴らしいことがあると伝えたかった。」

「ファッションは自己表現である」と言います。しかし、「自分」というものは、年を取っていろいろな経験をすればするほどどんどん濃縮されて味わいが出てくるものではないでしょうか。だとすると、本来オシャレというものは、年をとったほうが楽しめるものなのかもしれません。

この写真集に載っているファッションスタイルを若い人が真似をしたとしても、「かっこいいな」と思うのは、おじいちゃん、おばあちゃんのモデルの方でしょう。貫禄と、にじみ出てくるオーラが違うのです。

 

 

とかくネガティブなイメージを持たれがちな「老い」。しかし、発想を変えてみたら、「老い」のポジティブな面はどんどん見えてきそうです。

<書籍情報>

■『Advanced Style–ニューヨークで見つけた上級者のおしゃれスナップ』 2500円(+税)
大和書房 (2013/2/23)
詳細情報はこちらから: http://www.daiwashobo.co.jp/book/b106800.html

国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポット
独自記事 【 2017/4/24 】 Art & Culture
銀座松坂屋の跡地に4月20日(木)、全9フロア241店舗が出店するエリア最大規模の商業施設「GINZA SIX」がオープンしました。注目のファッションブランドの出店は言うに及ばず、国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポットを紹介します。
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

食欲の秋。熱い想いで仕事をする農家が作ったおいしい食べ物で食欲を満たそう!
先見の明と、農家のこだわりが出逢った自社農園。 ~Hanakoのレポート~ <PR企画>

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます