はじめまして。エシカルの根源ってなんですか? エシカリスタVol.3 Ethical Fashion Japan代表 竹村伊央さん
Blog
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram

Ethical Fashion Japan代表  竹村伊央さん

1982年名古屋市生まれ。高校卒業と同時に渡英し、イギリスでエシカルファッションが興隆しつつある2005年より、エシカルファッションムーブメントを作り上げたブランドの1つ、JUNKY STYLINGに勤務。またスタイリストとしても活躍し、エシカルを中心としたスタイリングも手がける。2010年帰国後、2012年にEthical Fashion Japanを設立。同年に「ファッション×社会問題」をコンセプトにしたエシカルファッション誌「Emagazine」をローンチするほか、2013年3月の1周年イベントでは日本初のエシカルファッションのショッピングイベントをエシカルブランド14社と開催。ファッションとしてエシカルを根付かせるさまざまな取り組みを行う。

Ethical Fashion Japan

twitter :@ethicalJP

Facebook

はじめまして。エシカルの根源ってなんですか?

こんにちは。

Ethical Fashion Japan代表竹村いおです。

過去数回に渡り、プライベートのブログやスタイリスト専門のブログなどを書いてきましたが、文章を書くことが苦手な私は、いつのまにかフェードアウト……というのが多かったです。今回ブログを書いて見ませんか?とお誘いをいただいた時に「私にできるかしら?」と心配しましたが、Ethical Fashion Japanの代表として書いてみようと一念発起しております。

それというのも、最近Ethical Fashion Japanのこれからのこと。エシカルのこれからのことなどを考える機会が多くなってきたから。私の役割は何なのか?と問いかける時間が増えてきました。同じタイミングでこのお話をいただき、考えていたことに近づけるならと、お受けすることにしました。このお話は後ほどにしますが。

まず、はじめにEthical Fashion Japan(以下EFJ)って何?という方も多いと思いますので、簡単に説明します。現在、EFJはエシカル「ファッション」に特化したオンライン情報サイトを運営しています。毎日のニュース発信や、世界中のエシカルファッションブランドの情報を簡単に閲覧できるウェブサイトです。不定期ですが、「交友会」という実際にエシカルに興味がある人たちが集って、情報交換をするイベントも開催しています。

EFJは2012年3月3日にオープンして、現在2年目を爆走中。

2年目になって、振り返るものができたからなのか、最近、本当に未来のことをよく考えます。1年目はただひたすら、目の前のことをこなすのに必死でした。今、2年目になり、エシカルピープルの輪も広がり、これから、何かしていかなきゃ、という気持ちでいっぱいです。エシカルに携わる人は、エシカルな物作りが人を思う気持ちから成り立っているからなのか、みんなで進んでいきましょう!という気持ちの方が多いのかな、と感じています。なので、それらのパワーを集結すれば、かならず何か面白いことができると思います。乞うご期待!!

そうそう。話は戻って、私がブログを書こうと思ったきっかけですが、EFJがどういう立場でどのようなことをしていくべきなのかを考えた時、一番に出てきたのが「場づくり」。これは、当初から言ってきたことなのですが、もっとEFJが率先して魅力的で堅実で実践的な活動をして、まだ知らない人、ちょっと知っているという人々にもよりわかりやすく「エシカル」を提案していかないといけないのではないかと思っています。エシカルの形って今はあんまり良く見えてなくて、あいまいで、わかりづらい。だから、私が率先して伝えていくべきではないのか?と。

実際は、人前に立つのも苦手ですし、人見知りだし、活字もきらいだし。でも、人に伝えられる場所があるのであれば、「やってみよう!」って思いました。

これって、エシカルの根源にある1つの事だと思うんです。

「やってみよう!」

現代の社会事情って、インターネットやテレビ、雑誌で情報がいくつも飛び交っていて、どれを見ていいのかわからない。テンポが早すぎて、それについていくだけで精一杯ってことないですか?毎日、日々の生活に追われ、気づけばもう夜だったみたいな日って、結構あると思うんですよ。そんな「焦らされている」時代だから、みんな少し考えるのを止めてしまっているような気がして。朝起きて、何時の電車に乗って、何時までに目的につく。それが終われば、次の予定は何時までに終わらせないといけないから、その間にこれとこれをやって……って、考えて生活しているようで、実は毎日ただ時間とにらめっこしてるだけだったり。

 

エシカルの根源って「STOP & RETHINK」だと思うんです。そのスーパーで買う果物、誰が作っているか想像したことありますか? たまたま通りがかった大通りに並ぶ大型チェーン店ででっかく書いてある「sale」の文字。「あらっ、Tシャツ300円!?」「お得!!!」じゃなくて、「え?なんでこの値段?」って一回立ち止まって、 RE-THINK(再考)をしてみる。ただそれだけでいんです。そしたら、次やることは見えてくるかもしれない。そしたら、そのことを「やってみよう!」って。そんな形で気軽に自分の本当の意思のまま動けたら、少しは変わるんじゃないかって信じています。

 

お知らせ

2013年9月13日まで、クラウドファンドサイトGREENGIRL
上で「ファッション×シャカイモンダイ」をテーマにするEMAGAZINという雑誌の創刊を応援するプロジェクトを立ち上げております。

今回のテーマは「ファッション×動物」

皆様の応援が必要です。ご応募お待ちしております!

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...

次の記事

みんながやっている「ちゃっかりエコ家事」、アンケートで聞きました。
ママもベビーも癒される ! WELEDA の「ベビー リズムオイリング」

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます