はじめまして。エシカルの根源ってなんですか? エシカリスタVol.3 Ethical Fashion Japan代表 竹村伊央さん
Blog
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram

Ethical Fashion Japan代表  竹村伊央さん

1982年名古屋市生まれ。高校卒業と同時に渡英し、イギリスでエシカルファッションが興隆しつつある2005年より、エシカルファッションムーブメントを作り上げたブランドの1つ、JUNKY STYLINGに勤務。またスタイリストとしても活躍し、エシカルを中心としたスタイリングも手がける。2010年帰国後、2012年にEthical Fashion Japanを設立。同年に「ファッション×社会問題」をコンセプトにしたエシカルファッション誌「Emagazine」をローンチするほか、2013年3月の1周年イベントでは日本初のエシカルファッションのショッピングイベントをエシカルブランド14社と開催。ファッションとしてエシカルを根付かせるさまざまな取り組みを行う。

Ethical Fashion Japan

twitter :@ethicalJP

Facebook

はじめまして。エシカルの根源ってなんですか?

こんにちは。

Ethical Fashion Japan代表竹村いおです。

過去数回に渡り、プライベートのブログやスタイリスト専門のブログなどを書いてきましたが、文章を書くことが苦手な私は、いつのまにかフェードアウト……というのが多かったです。今回ブログを書いて見ませんか?とお誘いをいただいた時に「私にできるかしら?」と心配しましたが、Ethical Fashion Japanの代表として書いてみようと一念発起しております。

それというのも、最近Ethical Fashion Japanのこれからのこと。エシカルのこれからのことなどを考える機会が多くなってきたから。私の役割は何なのか?と問いかける時間が増えてきました。同じタイミングでこのお話をいただき、考えていたことに近づけるならと、お受けすることにしました。このお話は後ほどにしますが。

まず、はじめにEthical Fashion Japan(以下EFJ)って何?という方も多いと思いますので、簡単に説明します。現在、EFJはエシカル「ファッション」に特化したオンライン情報サイトを運営しています。毎日のニュース発信や、世界中のエシカルファッションブランドの情報を簡単に閲覧できるウェブサイトです。不定期ですが、「交友会」という実際にエシカルに興味がある人たちが集って、情報交換をするイベントも開催しています。

EFJは2012年3月3日にオープンして、現在2年目を爆走中。

2年目になって、振り返るものができたからなのか、最近、本当に未来のことをよく考えます。1年目はただひたすら、目の前のことをこなすのに必死でした。今、2年目になり、エシカルピープルの輪も広がり、これから、何かしていかなきゃ、という気持ちでいっぱいです。エシカルに携わる人は、エシカルな物作りが人を思う気持ちから成り立っているからなのか、みんなで進んでいきましょう!という気持ちの方が多いのかな、と感じています。なので、それらのパワーを集結すれば、かならず何か面白いことができると思います。乞うご期待!!

そうそう。話は戻って、私がブログを書こうと思ったきっかけですが、EFJがどういう立場でどのようなことをしていくべきなのかを考えた時、一番に出てきたのが「場づくり」。これは、当初から言ってきたことなのですが、もっとEFJが率先して魅力的で堅実で実践的な活動をして、まだ知らない人、ちょっと知っているという人々にもよりわかりやすく「エシカル」を提案していかないといけないのではないかと思っています。エシカルの形って今はあんまり良く見えてなくて、あいまいで、わかりづらい。だから、私が率先して伝えていくべきではないのか?と。

実際は、人前に立つのも苦手ですし、人見知りだし、活字もきらいだし。でも、人に伝えられる場所があるのであれば、「やってみよう!」って思いました。

これって、エシカルの根源にある1つの事だと思うんです。

「やってみよう!」

現代の社会事情って、インターネットやテレビ、雑誌で情報がいくつも飛び交っていて、どれを見ていいのかわからない。テンポが早すぎて、それについていくだけで精一杯ってことないですか?毎日、日々の生活に追われ、気づけばもう夜だったみたいな日って、結構あると思うんですよ。そんな「焦らされている」時代だから、みんな少し考えるのを止めてしまっているような気がして。朝起きて、何時の電車に乗って、何時までに目的につく。それが終われば、次の予定は何時までに終わらせないといけないから、その間にこれとこれをやって……って、考えて生活しているようで、実は毎日ただ時間とにらめっこしてるだけだったり。

 

エシカルの根源って「STOP & RETHINK」だと思うんです。そのスーパーで買う果物、誰が作っているか想像したことありますか? たまたま通りがかった大通りに並ぶ大型チェーン店ででっかく書いてある「sale」の文字。「あらっ、Tシャツ300円!?」「お得!!!」じゃなくて、「え?なんでこの値段?」って一回立ち止まって、 RE-THINK(再考)をしてみる。ただそれだけでいんです。そしたら、次やることは見えてくるかもしれない。そしたら、そのことを「やってみよう!」って。そんな形で気軽に自分の本当の意思のまま動けたら、少しは変わるんじゃないかって信じています。

 

お知らせ

2013年9月13日まで、クラウドファンドサイトGREENGIRL
上で「ファッション×シャカイモンダイ」をテーマにするEMAGAZINという雑誌の創刊を応援するプロジェクトを立ち上げております。

今回のテーマは「ファッション×動物」

皆様の応援が必要です。ご応募お待ちしております!

国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポット
独自記事 【 2017/4/24 】 Art & Culture
銀座松坂屋の跡地に4月20日(木)、全9フロア241店舗が出店するエリア最大規模の商業施設「GINZA SIX」がオープンしました。注目のファッションブランドの出店は言うに及ばず、国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポットを紹介します。
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

みんながやっている「ちゃっかりエコ家事」、アンケートで聞きました。
ママもベビーも癒される ! WELEDA の「ベビー リズムオイリング」

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます