現代を軽やかに生き抜く女性たちに向けたメッセージCM <ethica womanシリーズ> 〜北川景子さん出演 シチズン クロスシーのCMコンセプトについてお話を伺いました〜
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
現代を軽やかに生き抜く女性たちに向けたメッセージCM

シチズン広報宣伝部の鈴木由佳さん CITIZEN DESIGN STUDIOにて Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA) 

ethica womanシリーズは、「自分磨き」や「社会との関わり方」について、読者の意識をワンランク上に押し上げる「美学」や「志」を語って頂ける”特別な輝きを纏った”女性に取材をするコーナーです。

今回は、「BETTER STARTS NOW~どんな時であろうと『今』をスタートだと考えて行動する限り、私たちは絶えず何かをより良くしていけるのだ~」という信念のもと、世界の多くの人に受け入れられる時計を、追求し続けているシチズン様を取材しました。お話頂いたのはシチズンに新卒で入社され、現在、広報宣伝部にてキャリアを磨かれている鈴木由佳さんです。

「軽やかさと自信」というメッセージ

鈴木さんは、レディスウオッチ市場で圧倒的人気を誇るシチズン xC(クロスシー)の広報宣伝担当。
「仕事だけでなく、プライベートもきちんと両立したい!」と現代を頑張って生き抜く女性をターゲットとしているクロスシーは、北川景子さんをイメージキャラクターに迎え、そんなアクティブに働く女性を応援するメッセージ開発を行っています。

伝えたいメッセージは、「軽やかさと自信」

この一見異なるような世界観を自然に表現されているCMのコンセプトや狙いについてお話を伺いました。

前に向かって頑張る女性たちを応援したい

ethica集部:はじめまして、webマガジンのエシカと申します。ナチュラルやエコ、サスティナブルなどに関心が高い20代〜30代の女性読者が集まるライフスタイルマガジンで、ちょうど読者層はクロスシーのターゲットと重なるのではと思っています。まずクロスシーがターゲットとしている層やイメージについてお聞かせ頂けますか。

鈴木さん:クロスシーが考えるターゲットイメージは、「仕事だけでなく、プライベートもきちんと両立したい!」と現代を頑張って生き抜く女性たちです。特にこのような悩みを抱えているのは、20~30代の女性ですよね。内面は、自信と不安が入り混じった状態の方も多いかもしれません。若いといわれる年齢から、大人としての30代を迎えるこの年代。「自分が想像していたこの年齢はもっと大人だったのに・・・」と悩む人。自分の考え・意思をしっかりと持ち行動したいのに、まだ自信が持てない人。30代を迎えるに相応しい本物を身に付けたいと思っている人。そんな反面、徐々に大人になっていく自分への自信など・・・様々な悩み・葛藤をもっとも多く持つ年代であるとも考えます。

シチズン広報宣伝部の鈴木由佳さん Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA) 

ethica編集部:たしかに、20代〜30代は目指したいイメージと実際との葛藤で悩む時期ですよね。では、今回のCMで北川景子さんにイメージキャラクターをお願いした理由をお聞かせ頂けますか。

鈴木さん:圧倒的な美しさを持つ北川景子さんは、表面だけでなく、中身の備わった知的な女性です。ターゲット年齢でありながら、考えや思いがしっかりしており、違いを自分自身で感じとる方だと思っています。“本当に美しい女性は中身も美しい”ですよね。北川さんが、レディスウオッチ市場のパイオニアであるクロスシーを身に付け、自信あふれる美しい表情をしてくださることで、本物を見抜くことができ、自信を持った女性がこんなにキラキラ輝くんだ、ということを感じ取ってもらいたいと思っています。憧れである北川さんにイメージキャラクターをお願いすることで、前に向かって頑張る女性たちへの応援ができたらと考えています。また年を重ねることへの期待や不安も多いこの年代の女性の味方として、クロスシーは存在し続けたいと思っています。

CD 豊田伸治、AD 田中要、PL/CW 石橋知子、CW 上遠野茜

「実力と自信」というコピーは商品そのものと女性の心情を重ね合わせたもの

ethica編集部:今回、北川さんが出演するCMのキャッチコピーは「実力と自信」というものですが、その意味や狙いはなんでしょうか。

鈴木さん:今回設定したコミュニケーションテーマは、「手にした実力と自信が、こころを軽く、前向きに、しなやかにする。」というものです。

「実力と自信」。このコピーは、シチズンが磨き上げてきた、チタニウムの加工技術がかなえた、商品そのものへの言葉でありながら、ターゲットである頑張り続ける女性たちの心情とも重ねています。「商品そのもの」という意味を少し説明させて頂きますと、クロスシーのティタニア ラインは、軽く、強く、美しく、しなやかに肌に寄り添い、機能も素材も品質も、すべて現代で忙しく頑張る女性たちのことを考えて作られています。

シチズン広報宣伝部の鈴木由佳さん Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA) 

また、電池交換も時刻・日付けあわせも要らないエコ・ドライブ電波機能を搭載しているので、急に止まる心配も、時間がずれる心配もありません。素材にはチタニウムを使用し、マカロン2つ分という衝撃の軽さなので、高機能にも関わらず腕に負担がかからず、日々変化する肌の調子も気にせずつけていただける、肌に優しい素材ともいえます。そして、忙しくても、手を抜いてるとは思われたくないのが女性の心情。キレイで美しく存在しつづけるために、キズのつきにくい、シチズン独自の加工をしているので、いつまでも美しく輝きつづけることができます。

そして「女性の心情」の部分ですが、社会に出て間もない頃は、がむしゃらで肩肘張ったり、強がったりすることでしか周りの世界と付き合えないことってありますよね。でも、自信が身につき自分の軸が定まってきたある時、世界との接し方が変わっていきます。自分の足で、自分の言葉で、迷いなく前に進めるようになるとき、人にも優しくなれる。心がクリアになっていく・・・。そんな心情をコピーに重ね合わせています。

ethica編集部:「実力と自信」という言葉に対して、CMで流れる軽やかな音楽は一見相反するようですが、技術としての「軽さ」や肌へのやさしさと共に、女性の前向きな気持ちや優しさを表現しているのですね。

鈴木さん:そうですね。一見堅い言葉に対して、映像や音楽では、軽やかで澄み渡った世界観を北川さんの表情と共に表現しています。ある時女性の心のなかにおこる、前向きで新鮮な変化のモーメントを描くことで、しなやかに彼女の人生によりそう、時計の価値を表現しました。

CD 豊田伸治、AD 田中要・吉田ちかげ、PL/CW 石橋知子、CW 上遠野茜

ethica編集部:澄んだ映像や軽やかな音楽の意味の深さや、北川さんの表情、そして女性を応援し続けるシチズンさんの想いをより深く感じることができました。ありがとうございました。

ティタニア ライン ハッピーフライトより限定モデルが登場

2011年に登場して以来、簡単操作のワールドタイム機能が好評のHAPPY FLIGHT(ハッピーフライト)。定期的な電池交換と時刻あわせのいらない多局受信型エコ・ドライブ電波時計で、ワールドタイム機能を備えており、国内はもちろん、海外でも正確な時刻を刻み、旅行者にも人気の高いモデルです。

今回は、夏だけにしか見られない、湖面に映り込む逆さオーロラを文字板全体にデザインし、9ポイントのダイヤモンドを配した特別モデル。2015年6月12日より限定2,200本で発売されます。

購入者にはピープル・ツリーとコラボレーションしたオリジナルウオッチケースをプレゼント

クロスシーは、フェアトレードの専門ブランド「ピープル・ツリー」とコラボレーションし、クロスシーをご購入頂いたお客様へのノベルティとして、オリジナルウオッチケースを制作しました。今回の取り組みは「お買い物」というアクションを通じてできる支援活動を、より多くのお客様に広めたいというシチズンの願いとフェアトレードを実践するピープル・ツリーの活動が一致して実現したもの。オリジナルウオッチケースは、リサイクルのサリーとコットンを用い、バングラデシュに暮らす女性たちの手作業によって作られています。

※期間・数量限定。
※お取り扱い店舗・期間は店舗によって異なります。

■  シチズン クロスシーに関する情報はこちら
http://citizen.jp/xc/index.html

■  クロスシー スペシャルサイトはこちら
http://citizen.jp/xc/special/index.html

 

ーーBackstage from “ethica”ーー

「実力と自信」。20代〜30代はもちろん、どの世代でも自分のものにしたい力ですよね。そんな気持ちを後押ししてくれる、自分なりのモノや言葉を大切にしたいですね。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

Harumi Miyazaki

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

銀座三越に「HASUNA」期間限定ショップをオープン、5月17日(日)白木夏子さんが店頭でコーディネートアドバイスを実施。 三越伊勢丹「グローバル・グリーン キャンペーン」期間中に限定商品のブレスレットやピアスを発売。伊勢丹新宿本店では3組限定でブライダルリング相談会も開催。
今年は過去最大の4212名が参加、横浜みなとみらいチャリティー・ウォーキング 寄付金を通じて、途上国の子供たちに給食を届けよう! 第10回「WFPウォーク・ザ・ワールド」開催

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます