ミラノ博覧会・日本館の演出に日本の一流クリエイターが集結。日本の食と文化を最新技術で表現 2015年5月1日(金)~10月31日(土)開催 ~チームラボ猪子寿之さんや書家でありアーティストの紫舟さんなどが参加〜
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
ミラノ博覧会・日本館の演出に日本の一流クリエイターが集結。日本の食と文化を最新技術で表現

2010年の上海万博に続き、5年に1度開催される国際博覧会が2015年5月1日〜10月31日までの184日間、イタリア・ミラノで開催されます。今回のミラノ博覧会のテーマは「地球に食料を、生命にエネルギーを」(Feeding the Planet, Energy for Life)。約140の国と国際機関が参加し、それぞれ魅力的なパビリオンを展開します。

日本館の出展テーマは、“Harmonious Diversity”—共存する多様性−

あらゆる生命を慈しみ、自然と共生する日本の農。多様な発酵食品や植物性蛋白質を中心とした一汁三菜に代表される栄養バランスに優れた日本の食。伝統と革新によって生み出され育まれた多彩な日本の食文化を「共存する多様性」を相互に尊重し感謝する精神と共に、紹介しています。

 

日本館の演出に日本の一流クリエイターが集結

ミラノ万博の展示プロデューサーには、電通 イベント&スペース・デザイン局 局長である内藤純さんが務め、チームラボ代表の猪子寿之さんや書家でありアーティストの紫舟さんなどがクリエイターとして加わっています。

展示プロデューサー内藤純さんからのコメント

ミラノは食の聖地であると同時に、デザイン・アート分野においても世界を魅了し続けている国 際都市です。そこで開催される万博の日本館出展に向けて、世界で活躍する日本のトップクリエイターの方々 が集結してくれました。また、展示事業者は日本ディスプレイ業界の雄である乃村工藝社と丹青社のコンソー シアムです。 日本代表として、最強のチームが一丸となって、日本館の来場者に最高の感動体験を提供したいと思います。

チームラボ代表、猪子寿之さん

書家・アーティスト 紫舟さん

プロローグを書家・アーティストの紫舟氏、SceneⅠ〜Ⅱをチームラボの猪子寿之氏が担当

四季折々の日本の田園風景をプロジェクション・マッピングで演出

実際の展示ではまずプロローグとして、人と自然が共に生きる相生(あいおい)の世界を表現し、正面の映像スクリーンで雨に恵まれた日本と、人による環境破壊と再生を書画で展開していきます。人と自然が共に生きる日本を、日本館の始まりの空間として表現しています。展示はSceneⅠ〜Ⅴで構成され、SceneⅠ(HARMONY )では多雨・多湿な気候の元に切り拓かれた四季折々の日本の田園風景を最新のプロジェクション・マッピング技術により演出しています。

四季折々の日本の田園風景をプロジェクションマッピングにより演出

「ダイバーシティーの滝」ではスマホで食文化の多様性を体感

SceneⅡ(DIVERSITY )に入ると日本庭園の石畳をイメージさせる「おもてなし」の回廊空間が登場。ここで表現されるのは、日本各地で見られる風景と祭事です。音と香りで季節感を醸し出し、「四季折々の農村風景と生き物たち、四季の祭り」を表現します。

その先に広がるのは産地から食卓まで多種多彩なコンテンツが流れ落ちる「ダイバーシティの滝」。自身のスマートフォンを使って、食文化の多様性を体感することができます。また、「一汁三菜」「発酵・天日干し」「出汁・うま味」「口内調味」「地域や季節に応じた食文化」など、古来より日本食に込められた様々な知恵と技が、人々の健康的な食生活に貢献する未来食となりうることを訴求します。

多種多様なコンテンツが流れ落ちる「ダイバーシティの滝」

日本の最先端技術や国際貢献の取り組みを紹介

SceneⅢ(INNOVATION )は、京都造形芸術大学教授の竹村真一氏とロボットの清水亮司氏が担当。地球的課題に対し独創的に取り組む「日本のクリエイティブ・ソリューション」のエリア。現代の地球が抱える様々な問題を可視化し、課題解決に向けた日本の最先端技術や国際貢献の取り組みを紹介するフューチャー・ラボ空間です。

日本のフューチャー・ラボ空間

佐藤ナオキ氏プロデュースによる“クールジャパンダイニング”エリア

SceneⅣ(COOL JAPAN DESIGN GALLERY & JAPAN SHOW CASE )は、米Newsweek誌「世界が尊敬する日本人100人」に選出された日本のトップデザイナー、nendoの佐藤ナオキ氏によってトータルにデザインプロデュースされた“クールジャパンダイニング”と、ライブパフォーマンスシアターの“クールジャパンコンテンツ”のエリア。

新進気鋭のアーティストによる感性を伝統で培われた匠のワザにより表現した様々な和食器を世界に発信していく他、ライブパフォーマンスのウェティング空間では、アニメ・ファッションなどの最新ライフスタイルや日本各地の観光資源、伝統文化を映像で紹介していきます。

日本各地の伝統的工芸品の匠たちが生み出した様々な和食器 を、“クールジャパンダイニング”として世界に発信

ダイニングテーブル風の客席に着席してショーを鑑賞する参加型エンタテインメント・シアター

最後のエリアとなるSceneⅤ(LIVE PERFORMANCE THEATER )は、ライゾマティクスの齋藤精一氏が担当。一体感のある観客参加型のショー演出を通じて日本食が、地球の人々をつなぐ「地球食」となることを体感していただくコーナー。来館者はダイニングテーブル風の客席に着席してショーを鑑賞します。ダイナミックな参加型エンタテインメント・シアターです。

ダイナミックな参加型エンターテイメントシアター

日本館レストランは、「Feel the Japan Passion 理解を共感に変える、日本の食の体験」をテーマに、「本格日本食レストラン」と 「フードコート」を展開し、本格日本食レストランとしては、美濃吉が出店、フードコートはCURRY HOUSE CoCo 壱番屋、柿安、サガミチェーン、モスバーガー、人形町今半、京樽 が運営します。

衛生面の総合サポートをサラヤが担当

今回のミラノ博覧会・日本館においては、サラヤ株式会社が衛生面を総合的にサポートしています。「食」をテーマとするミラノ万博では、安心・安全を確保するための「衛生管理」は大切なテーマであり、国際基準の衛生管理が求められます。EUでは食に関わる事業者に「HACCP(※)」取得を義務付けており、ミラノ万博会場内で提供される食品の販売または提供するすべての参加者は、ミラノ万博主催者が発行する「食品安全・消費者保護概要」に則り、要求されるHACCPモニタリング計画の作成をはじめ、食品安全規制に完全結合したオペレーションを行わなければなりません。そのためサラヤは、日本館に出展する自治体・団体・企業に対して「HACCP講習会」を実施し、「修了証」を発行しています。

日本館のトイレを快適に演出

サラヤは、日本館内のレストラン、フードコート、イベント広場で使用される洗剤や消毒剤を提供。日本館のトイレには、新トイレアメニティシリーズの「G-line」を設置し、トイレ空間を快適に演出する。日本に初めて来た外国人観光客が先ず驚くのがトイレの衛生・快適な空間といわれることも多いので、トイレも世界にアピールすべき日本文化の一つといっても良いだろう。

また、2015年7月11日に開催予定の日本ナショナルデーである「ジャパンデー」においても、現地にて日本人シェフに対し衛生講習会をするなど、衛生製品とサービスでトータルにサポートするという。

世界初の立体木格子建築を日本館外周に採用

日本館の建築は、日本の伝統的木造建築物と最先端技術を融合し、世界初の立体木格子による建築となっています。日本の里山が古来育んできた『豊かな食文化/森林文化/循環型社会』の アイデアを世界に向けて発信することが世界の食問題に対する日本の貢献と捉え、そのコンセプトを体現するために木をまとう建築として「立体木格子」を日本館の外周に採用しています。

日本館建築プロデューサーは日本を代表する建築家であり、東京芸術大学教授でもある北川原温さんが努めています。

世界初の立体木格子建築

ーーBackstage from “ethica”ーー

日本の食や文化を、最先端のテクノロジと映像技術を使って表現した今回のミラノ博覧会日本館の展示。世界の人たちに健康食である「日本食」とその文化をより深く知って頂けたらうれしいですね。

※HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point)とは
食品の製造・加工工程のあらゆる段階で発生する恐れのある微生物汚染等の危害をあらかじめ分析(Hazard Analysis)し、その結果に基づいて、製造工程のどの段階でどのような対策を講じればより安全な製品を得ることができるかという重要管理点(Critical Control Point)を定め、これを連続的に監視することにより製品の安全を確保する衛生管理手法です。
この手法は国連の国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)の合同機関である食品規格(コーデックス)委員会から発表され、各国にその採用を推奨している国際的に認められたものです。

■ミラノ博覧会日本館に関する情報はこちら
http://www.expo2015.jp/

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

Harumi Miyazaki

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

荻原健司さん・次晴さんと横浜のランドマークを巡るチャリティーウォーク 5月24日(日)開催「WFPウォーク・ザ・ワールド」 〜子どもたちに栄養と希望を届けよう〜
昨年1000人を動員したエシカルファッションカレッジが5月9日、10日に開催 見て、聞いて、体験して、自分に合った「エシカル」をみつける2日間 会場:IID 世田谷区ものづくり学校

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます