今こそ観たい!『風の谷のナウシカ』にみる、自然と人間の共生
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
今こそ観たい!『風の谷のナウシカ』にみる、自然と人間の共生

風の谷のナウシカ © 1984 二馬力・GH

アニメ『風の谷のナウシカ』の世界

「汚れているのは土なんです」というセリフ、マスクをせずには入っていけない腐海の姿、毒を放出する植物……。

現在、私たちは自然環境の破壊、PM2.5、原発事故、遺伝子組み換え食品、農薬の影響など、空気、土壌、水、食べ物等の環境に対して、大きな課題を抱えています。そんな私たちにとって、今、もう一度『風の谷のナウシカ』を観ると、今までとは違った部分に目が奪われるかもしれません。

『風の谷のナウシカ』は1984年のアニメ作品。原作のマンガの一部分のみがアニメ化され、アニメはマンガと多少異なる世界観を持っています。アニメ『風の谷のナウシカ』の主人公ナウシカが生きているのは、「火の七日間」という、世界全体が焼き払われる最終戦争によって都市、文明が崩壊した1000年後という時代。世界は腐海と呼ばれる、マスクをせずには入っていけない森に覆われ、その腐海が拡大しつつあるなか、人々は残されたわずかな土地で暮らしています。

物語は、王女ナウシカの国がある風の谷に、クシャナという女官率いるトルメキア王国が参戦を要求してくるところから始まります。このトルメキアの戦争に、静かに暮らしている風の谷も巻き込まれていくのです。

風の谷での暮らし方と腐海との関わり方

今、再びアニメを観てみると、このストーリーもさることながら、迫ってくるのは風の谷での暮らしと腐海との関わり方です。風の谷では、「汚れていない水を」と、地下から汲み上げた水を処理して飲み、わずかに収穫できる作物を食べ、風力発電を利用して、腐海の菌に毒された植物が谷に入ってくれば徹底的に処分して生活しているのです。

風の谷の民は、腐海の拡大を阻止するわけではなく、「腐海に手を出してはならぬ」と言い伝えて、自分たちの生活範囲に入ってきた腐海の菌だけを撲滅しようと尽力します。一方トルメキアは、腐海を焼き払おうとします。すべて人間の手でコントロールしようと言うように。

水や空気、土などが汚染されて、今では安心して食べられるものなんて、どこにもないのでは、と思ってしまうくらい、連日、様々な報道がされている現在。1984年発表当時よりも、アニメのシーンと現実の社会がシンクロしてくる部分が多くなっているのかもしれません。宮崎駿作品には、作品中で問題提起をしているものが非常に多くあります。今こそ『風の谷のナウシカ』を再度観て、自然との関わりを考えてみてはいかがでしょうか。

FelixSayaka

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
自分の体験を、自分の言葉で伝えていきたい 【三原勇希・後編】
sponsored 【 2018/7/31 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さんに、ethica編集長・大谷がインタビュー。前編では三原さんの生い立ちや性格についてうかがいました。後編では、引き続きラジオDJのお話や、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを視察したボルネオ...

次の記事

黄色クラッチをさし色に、エシカルジーンズを楽しむ【エシカルファッション・スナップ】
直感と感動を大切に、仕事をしてきた生駒芳子さん【ethica Woman】

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます