今年は過去最大の4212名が参加、横浜みなとみらいチャリティー・ウォーキング 寄付金を通じて、途上国の子供たちに給食を届けよう! 第10回「WFPウォーク・ザ・ワールド」開催
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
今年は過去最大の4212名が参加、横浜みなとみらいチャリティー・ウォーキング

萩原次晴さん(左)、荻原健司さん(右)Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA) 

5月24日、国連WFPは第10回「WFPウォーク・ザ・ワールド」を横浜みなとみらいで開催、小さな子供からお年寄りまで多くの方々が参加しました。その模様をレポートします。

これまでに55万人の子供に給食を

世界中には1日に1回の食事すら満足に食べることができず、空腹のまま学校に通う子供が約6600万人いるといわれています。

国連の食糧支援機関である国連WFPでは、貧困に苦しむそうした子供たちの健やかな成長と就学を支援するため、学校で栄養たっぷりの給食を提供する「学校給食プログラム」を実施しています。

今回の「WFPウォーク・ザ・ワールド」は同プログラムを応援するために2006年から毎年1回横浜で行われているチャリティーウォークです。

2010年にユネスコ文化遺産保全のためのアジア太平洋遺産賞を日本初受賞した歴史的建造物「横浜赤レンガ倉庫」

参加者は一般1500円、小学生500円の参加費を支払いますが、そのうちの一般は1000円、小学生は200円が募金とされ、飢餓や貧困に苦しむ世界中の子供たちに役立てられることになっています。

ちなみに、過去9回での寄付金の総額は1660万2200円、給食を受け取った子供は約55万人にも達しているそうです。

国連WFP協会 安藤宏基会長(日清食品ホールディング代表取締役社長・CEO) Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA) 

「日本は経済大国であるわりにはチャリティーという意識があまり根づいていなくて、このイベントを始めた当初は400人程度が参加をする小さなものでした。それが今回は4000人以上も集まったというのは、飢餓で苦しんでいる子供たちのために何とかしたいという皆さんの意識が高まってきたのではないかと思いますね。

それでも、世界中では戦争や内紛、さらには自然災害が起きて援助を必要としている人が8億500万人もいます。私たちWFPが支援できているのは、まだその1割程度なのです。そのためにもまだまだ活動を続けていかなくてはいけません。10年でここまで大きくできましたから、今後は横浜だけではなく、できれば全国にこの活動を広げていきたいですね」(安藤宏基国連WFP協会会長(日清食品ホールディング代表取締役社長・CEO))

過去最多の4212人が参加

10回目となる今回、イベントには家族連れや会社の同僚、友だち同士など小さな子供から高齢者まで過去最多となる4210人が参加しました。

当日は朝のうちこそ雨がぱらつき天候がぐずつきましたが、スタート直後は青空ものぞく絶好のウォーキング日和となった中、臨港パークを出発。赤レンガ倉庫や港の見える丘公園など横浜の名所を巡る5㎞と10㎞のコースを思い思いに楽しみました。

また、今回は荻原健司さん(スキー・ノルディック複合オリンピック金メダリスト)、荻原次晴さん(同日本代表)、三浦豪太さん(プロスキーヤー・国連WFP協会顧問)らがゲストとして参加、さらに渡辺巧教横浜市副市長、各国大使なども加わって一般の人たちとともにウォーキングに汗を流していました。

国連WFP協会顧問 三浦豪太さん(プロスキーヤー) Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA) 

右から、横浜市 渡辺巧教副市長、萩原兄弟、国連WFP協会顧問 三浦豪太さん、参加国大使、国連WFP協会 安藤宏基会長

歩き終わったゲストの皆さんは、

「10㎞を楽しく歩くことができました。みんなの力を結集して世界を救わなければならないですね」(荻原健司さん)

「子供たちにおいしい給食が届けられると思い、一歩一歩踏みしめて歩きました。楽しく歩いて元気になって世界の問題に立ち向かえる。とても気持ちがよかったです」(荻原次晴さん)

「赤レンガや港など横浜ならではの景色を満喫しました。コースの途中にはクイズラリーもあり、楽しみながら世界の飢餓について理解を深める良いきっかけにもなりました」(三浦さん)

と、感想を語っていました。

CSR活動として企業が参加しやすいイベント

「WFPウォーク・ザ・ワールド」の大きな特徴は、毎回、活動の趣旨に賛同した多くの企業が特別協賛もしくは協賛しているとともに、実際のイベントにも各企業単位でたくさん参加しているということです。

今回は66社を数え、その一つ、みずほフィナンシャルグループは約170人が参加しました。

みずほフィナンシャルグループ コーポレート・コミュニケーション部CSR推進室・東條憲二室長

「<みずほ>ではグループ一体となって毎年参加しています。社会貢献活動の一環として始めましたが、 グループ社員の一体感を高める機会にもなっています。『WFPウォーク・ザ・ワールド』は、家族も一緒に楽しみながら参加できるチャリティイベントなので社員も参加しやすいようです。

また、参加募集の際、社員にイベントの趣旨を説明する中で、世界中には給食が食べられない子供 がたくさんいるということも知らせていますので、当日参加できなくても、そういう世界の実情を知ってもらういい機会になっているのではないかと思います。」(コーポレート・コミュニケーション部CSR推進室・東條憲二室長)

およそ800人の子供が救える

今回の参加者4212人から集められた寄付金は401万1,200円に上りました。

5,000円で子供1人に1年間、給食を届けられることから、これによっておよそ800人の子供を救うことができるというわけです。

「WFPウォーク・ザ・ワールド」はウォーキングを楽しみながら、食育やチャリティーについて考えることのできる絶好の機会ともいえるでしょう。次回は、あなたもぜひ参加してみてはどうでしょう?

ゴール到着後は参加者をお出迎え 荻原健司さん

ゴールインタビュー 特設ステージにて

ゴール地点でゴミの回収にダスキンが協力

天候にも恵まれ、愛犬もしばしの休息

数多くの企業・団体が協力、今年は66社の企業が参加

開催地となった臨港パークの広大で美しい芝生、海に面した開放感が心地よい。

記者 清水 一利(しみずかずとし)
1955年千葉県市川市生まれ。明治大学文学部(史学地理学科日本史専攻)を卒業後、1979年、株式会社電通PRセンター(現・株式会社電通パブリックリレーションズ)に入社。クライアント各社のパブリシティ業務、PRイベントの企画・運営などに携わる。1986年、同社退社後、1987年、編集プロダクション・フリークスを主宰。新聞、雑誌(週刊誌・月刊誌)およびPR誌・一般書籍の企画・取材・執筆活動に従事。2012年「フラガール3.11~つながる絆」(講談社)、2013年「SOS!500人を救え~3.11石巻市立病院の5日間」(三一書房)を刊行。

ーーBackstage from “ethica”ーー

子ども1人につき、1日およそ30円で、栄養たっぷりの給食を届けられることをご存知でしたでしょうか。本大会に参加された4,212人から集められた寄付金401万1,200円で約13万人分の給食を届ける事が出来ることになりました。貧しい家庭において、学校給食は子どもを毎日学校へ通わせる重要なきっかけとなります。そして、子どもが学校に通う事により地域社会との繋がりが生まれ村や地域の治安向上や平和にも繋がります。「私によくて(=横浜観光ウォーキング)、世界にイイ。(=世界の子供に給食をお届け)」取り組みと言えるのではないでしょうか。

■国連WFP公式ページはこちら
http://ja.wfp.org

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

清水 一利

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

現代を軽やかに生き抜く女性たちに向けたメッセージCM <ethica womanシリーズ> 〜北川景子さん出演 シチズン クロスシーのCMコンセプトについてお話を伺いました〜
エコ・スタディツアーが持続可能な社会を創る、H.I.S.の鮫島卓さん テーマは「エシカル、持ちかえる」 「エシカルファッションカレッジ」開催(前編)

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます