ジューンブライド到来、フェアトレードなアイテムで幸せのお裾分けはいかが?
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
ジューンブライド到来、フェアトレードなアイテムで幸せのお裾分けはいかが?

ジューンブライドとは、6月に結婚式を挙げる花嫁の事を呼び、この月に結婚をすると幸せになれるといわれています。今回はジューンブライドに関する豆知識と、そんな最良の日に幸せを少しお裾分けできるエシカルなウエディングアイテムを紹介します。

ジューンブライドに関する豆知識、その由来について

6月の花嫁は幸せになるといわれるジューンブライド。日本でもよく耳にしますが、由来であるヨーロッパでも幾つかの説があるそうです。なかでも有力視されている3つの説についてご紹介していきます。

1.ギリシャ神話の女神JUNO説
ギリシャ神話の主神ゼウスの妃ヘラという女神が由来しているという説。ヘラは最高位の女神で、結婚をし子供を授かり、女性や子供、家庭の守護神と云われています。浮気性の夫ゼウスはどんなに遊んでも、いつも最後には美しいヘラのもとに戻ったことより、ヘラは結婚生活を守るとされています。後に神話がローマに持ち込まれ、ヘラは「ユーノー(JUNO)」というローマ名で、守護している6月に祭礼が催されるようになりました。そのような事から6月に結婚式を挙げると女神ユーノーの加護を受けて生涯幸せになれると言われるようになったとうい説。

2.結婚解禁説
昔のヨーロッパには農作業の妨げとなることから、3月~5月の3ヶ月間は結婚が禁止されていました。農作業のピーク時期が終わり、結婚が解禁となる6月に多くのカップルが結婚をしたので、街中で結婚式が行われ、その分多くの人から祝福されました。そのため、6月の結婚は幸せになれと言われるようになったという説。

3.ヨーロッパの気候説
ヨーロッパで6月は1年の中で1番天気が多い月で、結婚式をするのに適した時期とされていました。また「復活祭」が行われる月でもあり、祝福ムードの中での結婚は幸せになるだろうという言いわれるようになったという説。

いかがでしたでしょうか。

3つの説とも共通しているのが、花嫁の幸せを願うという思いと皆からの祝福。

続いて、沢山の幸せや多くの祝福を少しお裾分けするオリジナルなウエディングとして、エシカルなウエディングアイテムをご紹介していきます。

フェアトレードアイテムで実現するエシカルなオリジナルウエディング

多くの人に沢山の祝福を浴びる結婚式、そんな当日にフェアトレードアイテムで幸せのお裾分けはいかがでしょうか?

自然素材を使い、それぞれの国や地方の伝統的な手法で、ひとつずつ大切に作られるフェアトレードの製品。そんな心を込めて作られたアイテムは、二人にとって大切な結婚式を素敵に彩るエシカルなオリジナルウエディングにぴったり。

センスがキラリと光る、ウエディングパーティーにぴったりの心あたたかなフェアトレードアイテムを紹介します。

ボックスつきソラフラワーオーナメント 
¥1,500 +税

ソラの木の皮を乾燥させたものを花の形に手作りしたオーナメント。アロマオイルを垂らすと香りを楽しめます。バングラデシュより。

※ソラの木とは、水田などでで栽培されている、マメ科、ツノクサネム属の低木。スライスすると、中がスポンジのような繊維になっていて、吸水性があります。

お花のご祝儀袋 
¥700 +税

コットンを手漉きした紙にハンドスクリーンプリント、ハンドカットをほどこしたご祝儀袋。バングラデシュより。

封筒つき・ハンドスクリーンプリント・ミニカード(5枚セット) 
¥800 +税

ジュートの手漉き紙にモザイク模様のハンドスクリーンプリントをあしらったミニカード。座席札にも使えます。バングラデシュより。

花束メッセージカード(7本入り) 
¥800 +税

ジュートの手漉き紙でできた小さなメッセージカード。花の内側にメッセージが書けます。プレゼントタグや花束にして寄せ書きにも。バングラデシュより。

おまもりパレワストーン 
¥300 +税

ペーパーウエイトやカードホルダーなど、さまざまな用途で使えるインドの天然石。パレワストーンの置きもの、ひとつひとつ手で削られた文字があたたかな雰囲気。種類はスマイル、ピース、ウィッシュ、ハッピーの4種。インドより。

 

■フェアトレード専門ブランド ピープル・ツリーの公式サイトはこちら(商品情報)
http://www.peopletree.co.jp/

ーーBackstage from “ethica”ーー

多くの人から沢山の祝福を頂く結婚式。そんな最良の日に、それぞれの国の生産者に対する思いやりが詰まったフェアトレードアイテムを添えて、”幸せをお裾分けする”というコンセプトでオリジナルウエディングを演出してみるのはいかがでしょうか?

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

稲川 絵里

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

お中元やおもたせに!渋谷ヒカリエShinQsで楽しみながら選ぶエシカルギフトはいかが? 合わせて立ち寄りたい自慢の「進化系」レストルームも一挙紹介。
世界や日本中を旅しながら日本の伝統文化を世界に伝える、中田英寿さん。 日本酒や伝統工芸品など“日本のモノづくりの魅力”を世界に広く発信するプロジェクト

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます