チームラボの私によくて世界にイイ「デジタルアートの世界」 日本の伝統が生み出した多彩な食文化と、自然と共生する日本の農を世界に発信
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
チームラボの私によくて世界にイイ「デジタルアートの世界」

これまで先進的なデジタルアートを次々と世に生み出してきたチームラボが、イタリア・ミラノで開催されている2015年ミラノ国際博覧会の日本館で「HARMONY」と「DIVERSITY」の2つの展示制作を担当しています。

この展示は日本館の出展テーマ(“Harmonious Diversity”-共存する多様性-)に基づき制作され、人と自然の共生や食の多様性について体感できる参加型の展示となり、その空間は、「鑑賞型ではなく、体感、そして、参加型にすること」と、「体感したことのないアート空間にすること」を意識して作られています。

人と自然が共生=「HARMONY」

「HARMONY」では、日本の食の原風景である「水田」が、「高低差」のある場所で発達してきたことや、「人と自然が共生」することで発達してきたことを表現しています。腰やひざ下など、さまざまな高さでつくった稲穂に見立てたスクリーンで埋め尽くされ、膝ほどの高さに映像が無限に広がるインタラクティブな映像空間です。鑑賞者の位置やふるまいに合わせて、映像が変化していくので、まるで稲穂を分け入るかのように歩き回りながら、1年を通した、象徴的な日本の自然を体感できます。

食に関連する大量のコンテンツが流れる「DIVERSITY」

食の源である日本の水を、象徴的に滝で表現しています。360度どこからでも鑑賞できる巨大な滝に、食に関連する大量のコンテンツの画像が流れ、食の多様性(DIVERSITY)という大量の情報を来場者に伝える展示です。流れてきた画像にタッチすると、画像と詳細の情報が、自分のスマートフォンへと取り込まれ、持ち帰ることができ、同じ空間にいる来場者が、体感を共有できるシンボリックな滝と、個人が持つスマートフォンを繋げることによって、感動の共有と、大量の情報に対する利便性を共存させるチャレンジを行っています。

国内外でさまざまなプロジェクトを行うチームラボ

代表である猪子寿之さんが率いるチームラボは、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、絵師、数学者、建築家、ウェブデザイナー、グラフィックデザイナー、編集者など、デジタル社会の様々な分野のスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団。アート・サイエンス・テクノロジー・クリエイティビティの境界を曖昧にしながら活動している。

チームラボによる体験型イベントの数々

国内外で広く活動し、注目されているチームラボですが、国内で子供から大人まで楽しむことができる体験型のイベントが数多く開催されています。チームラボによる美しいデジタルアートの世界を体感してみてはいかがでしょうか?

えのすい×チームラボ ナイトワンダーアクアリウム 2015

会期:2015年7月18日~2015年12月25日
作品名:花と魚- 相模湾大水槽
作品名:呼応する球体と夜の魚たち
作品名:呼応する小さな海
作品名:お絵かき水族館
作品名:チームラボカメラ

■イベントの詳細はこちら
http://www.team-lab.net/latest/exhibition/nightwonderaquarium.html
http://www.enosui-wonderaquarium2015.com/

佐賀・武雄のあかり〜未来を照らす武雄のあかり展

会期:2015年7月17日~2015年8月31日
作品名:小舟と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング- Mifuneyama Rakuen Pond
作品名:図書館で踊る人

■イベントの詳細はこちら
http://www.team-lab.net/latest/exhibition/summernight.html

香川ウォーターフロントフェスティバル

会期: 2015年7月25日~2015年8月9日
作品名:チームラボクリスタル花火
作品名:お絵かきピープル&お遍路さん

■イベントの詳細はこちら
http://www.my-kagawa.jp/kagawa-waterfront/

teamLab Exhibition, Walk Through the Crystal Universe

会期:2015年8月21日~2015年9月27日
作品名:Crystal Universe

■イベントの詳細はこちら
http://www.team-lab.net/latest/exhibition/crystaluniverse-pola.html

ーーBackstage from “ethica”ーー

「2015年ミラノ国際博覧会」の日本館の映像をETHICA TVにてご紹介しています。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

稲川 絵里

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

中田英寿さんプロデュースの日本酒バーで「日本のモノづくりの魅力」をアピール イタリア・ミラノで「SAKENOMY」を期間限定オープン
【人気スタイリスト・大草直子さん推薦】『女(じぶん)を磨く 言葉の宝石』 エシカ独占インタビュー映像 社会起業家の白木夏子さん(HASUNA代表取締役) 取材協力:かんき出版

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます