大好きなファッションで社会貢献する。ピープル・ツリーの新作で秋のおしゃれをスタート! <INFORMATIONコーナー記事>
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
大好きなファッションで社会貢献する。ピープル・ツリーの新作で秋のおしゃれをスタート!

エシカ世代の女子たちにとってファッションはマスト! シーズンごとに注目アイテムやトレンドスタイルの情報をチェックし、お買いものを楽しむのは当たり前。そんな大好きなお洋服を通じて、<世界にイイ>ことができたら、どんなにHAPPYでしょう・・・・・・。

世界で支援を必要とする人々が収入を得て自立できるようにと、英国人のサフィア・ミニー氏が1991年に日本で設立した、フェアトレード専門の「ピープル・ツリー」。「フェアトレード」という言葉の認知度が25.7%(2012年3月一般社団法人フェアトレードタウン・ジャパン調べ)と、欧米に比べてまだまだ低い日本において、ファッションから雑貨、食品までサスティナブルで上質なアイテムを提案する人気ブランドだ。

今秋冬のシーズンでは、著名なテキタイル/ファッションデザイナーのザンドラ・ローズ氏とコラボレーション。大胆な色使いが特徴のローズ氏は、ダイアナ元王妃やエリザベス・テイラーなどセレブたちのファンも多い。

9月10日に東京・英国大使館で行われた発表会では、ローズ氏自らがインドを訪問し、オーガニックコットンの栽培からドレスの縫製まで、100%のフェアトレードの仕組みを体験したことを報告。「オーガニックコットンの農園で作られた着心地の良いお洋服をより多くの女性たちに手に取って欲しい」と熱く語った。

アフリカの花からインスピレーションを得たというプリントは、ローズ氏のテーマカラーの鮮やかなパープルと、シックなブラックの2カラーを発表。ハリと絶妙な光沢のある生地は、オーガニックコットンという概念を覆すほどエレガント!

  ※<左下の写真>左:Vの空きが印象的なフレアワンピース(1万6000円)は、タートルの長袖インナーやブーツと合わせてカジュアルダウンしても◎。 右上:パフスリーブのドレス(1万9000円)は、ウエストからヒップにかけてフェミニンなシルエットが特徴。大振りのコスチュームジュエリーをプラスすれば、パーティの主役に。 右下:今年流行のコクーンスカート(1万2000円)は、シンプルなニットを合わせ、プリントの華やかさで勝負するコーディネートがおススメ。全て9月中旬頃入荷予定。

2014年7月には「HAPPY WOMAN」をコンセプトにした、ピープル・ツリーとザンドラ・ローズ氏との新しいコラボが誕生するという。「ピープル・ツリーとのコラボレーションは、私を新しい冒険に連れて行ってくれます」というローズ氏。

おしゃれ好きだからこそできる社会貢献……。この秋、あなたも新しい挑戦をしてみませんか?

本記事でご紹介した商品は下記でご購入できます

■ピープル・ツリー自由が丘店

〒152-0035 東京都目黒区自由が丘3‐7‐2 TEL03‐5701‐3361

■ピープル・ツリーモザイクモール港北店

〒224‐0003 神奈川県横浜市都筑区中川中央1‐31‐1モザイクモール港北2F

■オンライショップ www.peopletree.jp

取材協力=ピープル・ツリー(www.peopletree.jp

写真提供=(c)People Tree

 

FUKI ASO

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
自分の体験を、自分の言葉で伝えていきたい 【三原勇希・後編】
sponsored 【 2018/7/31 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さんに、ethica編集長・大谷がインタビュー。前編では三原さんの生い立ちや性格についてうかがいました。後編では、引き続きラジオDJのお話や、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを視察したボルネオ...

次の記事

一生仕事を続けるための方法を考え続けてきた高津玉枝さん【ethica Woman】
GRAY is the new GREEN エシカリスタVol.5 Ethical Fashion Japan代表 竹村伊央さん

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます