中田英寿さんプロデュースの日本酒バーで「日本のモノづくりの魅力」をアピール イタリア・ミラノで「SAKENOMY」を期間限定オープン
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
中田英寿さんプロデュースの日本酒バーで「日本のモノづくりの魅力」をアピール

かつてサッカー日本代表やイタリアのプロサッカーリーグ・セリエAで活躍し、日本中に感動を与えた中田英寿さんが現役を引退した今、日研総業と協同で取り組んでいる活動が、伝統工芸から現代の製造業までモノづくりの“ジャパンクオリティ”を国内外に伝えていこうという「モノづくりニッポンe仕事×ReVALUE NIPPON」プロジェクトです。

今回、そのプロジェクトの一環として6月20日から24日までイタリア・ミラノで日本酒バー「SAKENOMY Prоject supported by e仕事」を期間限定オープンしました。

その中では、“モノづくり人”となるべく、この3月から漆芸家で「蒔絵」重要無形文化財保持者(人間国宝)の室瀬和美さんのもとで漆塗りを学んでいる5人(男性3人・女性2人)の研修生が、室瀬さんの指導によって作成した漆の酒器(漆器)で日本酒をふるまいました。

 

また、店舗の看板には「酒樽」を使用し、その中央にあしらった店名の「SAKENOMY」の文字にはプロジェクトのテーマである「塗り」にフォーカスして、日本古来より重宝されてきた「漆」を用いました。

さらに、「SAKENOMY」の店内には、日本の伝統的な「絵馬」を書くスペースを設け、来場したお客さんの願いを書くことを「塗り」の技術でサポートするなど、日本のモノづくりの魅力をアピールしました。

今回の活動について、中田氏は、

「5人の研修生は自ら作ったモノが現地の方々に使われることで、作品としてでき上がった瞬間を感じることができたのではないかと思います。今回の経験や課題が彼らの次の活動に繋がっていくといいですね。彼らの活動を通じて、ミラノでも日本のモノづくりがこれだけ評価されるということが分かってもらえたら、僕も嬉しいです」

と、コメントしていました。

また、研修生の1人、土岐絵理さんは、

「自分たちの作った酒器でお酒をふるまいながら、制作に1カ月近くかかっていることなど、日本のモノづくりの重みや奥深さを来場者の皆さんにお伝えすることができました」

と、語り、会場に駆けつけた室瀬さんは、

「表面の下には漆が何層にも下塗りがされているように、今回のイベントという表面的なモノだけではなく、“モノづくり”の中身や本質についても、これからも伝えていってほしいですね」

と、研修生たちの今後に期待を寄せていました。

前編はこちらから、

世界や日本中を旅しながら日本の伝統文化を世界に伝える、中田英寿さん。日本酒や伝統工芸品など“日本のモノづくりの魅力”を世界に広く発信するプロジェクト

記者 清水 一利(しみずかずとし)
1955年千葉県市川市生まれ。明治大学文学部(史学地理学科日本史専攻)を卒業後、1979年、株式会社電通PRセンター(現・株式会社電通パブリックリレーションズ)に入社。クライアント各社のパブリシティ業務、PRイベントの企画・運営などに携わる。1986年、同社退社後、1987年、編集プロダクション・フリークスを主宰。新聞、雑誌(週刊誌・月刊誌)およびPR誌・一般書籍の企画・取材・執筆活動に従事。2012年「フラガール3.11~つながる絆」(講談社)、2013年「SOS!500人を救え~3.11石巻市立病院の5日間」(三一書房)を刊行。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜

http://www.ethica.jp

 

清水 一利

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

世界と幸せをわかちあうエシカルウエディング、心のこもったドレスやアクセサリー 「ピープル・ツリー」2015年春夏コレクションよりウエディングドレスのご紹介
チームラボの私によくて世界にイイ「デジタルアートの世界」 日本の伝統が生み出した多彩な食文化と、自然と共生する日本の農を世界に発信

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます