江戸の誇り、ジャパンブルーを体感! ”藍染”の伝統と未来をつなぐファッションショー 若手デザイナーらを中心に、これからの”藍染”を提案
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
江戸の誇り、ジャパンブルーを体感! ”藍染”の伝統と未来をつなぐファッションショー

物と情報で溢れ、豊かな現代社会。しかしそんな利便性や現代の美しいデザインは、先人のつくってきた伝統文化や技術があったからこそ。今回、エシカでは伝統に革新を加えながら後世に伝えようと活躍されている若手デザイナーらによる益子市の伝統”藍染”の未来を魅せるファッションショーを紹介します。

伝統文化”藍染”×若手ファッションデザイナー=未来の”藍染”

AISOME実行委員会が2015年9月26日(土)、栃木県芳賀郡益子町にてファッションショーを行う。タイトルは「伝統文化と未来をつなぐ ファッションショーAISOME(アイソメ)」。

東京カランコロンの衣装制作を手がける「tatoe」の二階堂梨花など、若手ファッションデザイナー計6名が実際に藍染の布を使い、”まちに溶け込む藍”をテーマに服をデザイン。デザイナーたちは本藍染の布が作られるまでの過程、綿の種まきから糸紡ぎ・機織り・染までを体験し、藍染の特徴を学んだ。今回のファッションショーでは、伝統文化の枠組みを超え、未来に向けた”藍染”のあり方を提案する。

江戸の誇り、“ジャパンブルー“

江戸時代には服も暖簾も、町中が藍色で溢れていた。その様子は、訪れた外国人から”ジャパンブルー”と呼ばれるほど。

日下田正氏は、江戸時代寛政初期に創業した日下田藍染工房の9代目。栃木県芳賀郡益子町で今もなお、伝統的な本藍染の製法を守り、価値ある藍染をつくり続けている。ここの工房では藍染ができあがるまでの工程を、すべて手作業で行う。藍染は伝統文化としてもっと誇れるものなのに、藍染の洋服や雑貨には現代のライフスタイルに合うデザインが少ない、日常ではなかなか使う機会がない、という課題を抱えていた。

そこで今回、AISOME実行委員会が立ち上がり、ファッションショーの開催が決定したのだ。委員会の代表をつとめる今井彩衣は、昨年6月にも宇都宮市でファッションショーを成功させた実力の持ち主。高校生のときに日下田氏と出会い、教えを受けた。今回のファッションショーを開催するにあたり今井は「藍染の服や着こなしをデザイナーが表現することで、現代のライフスタイルにも藍染を落とし込めたら」と語る。

五感で藍染のストーリーを体感!

なんとショーのBGMには、藍染の布が作られるまでの音をサンプリングした、オリジナルの音楽を使用。また、藍染の服を着こなすショーのモデルには、オーディションを勝ち抜いた益子町や栃木県内の一般の方々が起用される。地元の伝統、藍染を大切にする人々によって、今までになかった藍染の姿が浮かび上がる。藍染の布ができるまでの物語を音楽と映像で同時に表現するファッションショー”AISOME”、圧巻のステージとなること間違いなしだ。

ファッションショーの詳細はこちらから。

※同プロジェクトはクラウンドファウンディングで支援を募集中。支援者にはファッションショーに参加できる特典などがついてくる。

 

■日時:2015年9月26日(土) 13:30~ /19:00~

場所:益子焼協同組合 屋外特設ステージ

(栃木県芳賀郡益子町益子4352-2)

■主催:AISOME実行委員会

■後援:栃木県

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

saori kanaya

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

エシカ独占インタビュー映像 奥華子さん 動画再生累計1500万回超えの名曲「楔-くさび-」7月22日発売
<独占インタビュー映像> 和食の賢人、栗栖基さん(嵐山「熊彦」)、中村元計さん(一子相伝なかむら)、高橋拓児さん(木乃婦)、中東久人さん(美山荘)

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます