エシカ独占インタビュー映像 浜端ヨウヘイさん 「音楽に興味を持った切っ掛け」「影響を受けたアーティスト」「山崎まさよしの”影響”そして”出会い”」「30歳という節目」「ボルネオ取材のご縁」 「ボルネオで感じた事を作曲」 「今後の音楽活動について」そして、浜端ヨウヘイさんにとっての「私によくて、世界にイイ。」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
エシカ独占インタビュー映像 浜端ヨウヘイさん

身長192㎝の大型新人シンガーソングライター『浜端ヨウヘイ』さんに、30歳という節目に、一念発起し会社を退職して音楽に専念した人生の転機したエピソードや、ファーストアルバム『BIGMSIC』に収録されたボルネオ環境保全活動支援チャリティーソング「Starting over」を制作するにあたり、ボルネオ現地で感じた事、そして、浜端ヨウヘイさんにとっての「私によくて、世界にイイ。」についてお伺いしました。

ーーインタビュー内容ーー

「音楽に興味を持った切っ掛け」「影響を受けたアーティスト」「山崎まさよしの”影響”そして”出会い”」「30歳という節目」「ボルネオ取材のご縁」 「ボルネオで感じた事を作曲」 「今後の音楽活動について」そして、浜端ヨウヘイさんにとっての「私によくて、世界にイイ。」

エシカ独占インタビュー記事は、こちらから

身長192㎝の「BIG」な新人、浜端ヨウヘイさん

ーーETHICA TVーー

エシカ独占インタビュー映像をお楽しみ下さい。

インタビュー協力:浜端ヨウヘイさん

http://www.office-augusta.com/yohei

制作:株式会社トランスメディア

http://www.transm.co.jp

番組提供:サラヤ株式会社

http://www.saraya.com

ーーBackstage from “ethica”ーー

「AXAS Co. PRESENTS まぜのおか ECO KAME PROJECT vol.3 山崎まさよし+西しんじ with friend」出演決定!

出演:山崎まさよし/西慎嗣/三宅伸治/岡本定義(COIL)/LEYONA/江川ゲンタ/中村キタロー/浜端ヨウヘイ
会場:海陽町・まぜのおかオートキャンプ場・野外特設ステージ(徳島県海部郡)
日時:2015年10月11日(日) 開場13:00 開演16:00 全席自由¥6,000(コテージ、キャンプサイト付チケットは「アロハ・デ・ゴーゴー」のみ販売。)

詳細はイベントオフィシャルサイトよりご確認ください。
http://www.ecokame.com/

 

■d-ticket
TEL 089-943-9966(dコード:22681)
http://www.d-ticket.net/

■ローソンチケット
TEL0570-084-006 (Lコード:61687)
http://l-tike.com/

提供:サラヤ株式会社
http://www.saraya.com

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

あなたの応募が途上国の給食3日分に!「WFPエッセイコンテスト2015」 「忘れられない○○な ごはん」をテーマに、①小学生部門(4・5・6年生) ②中学生・高校生部門 ③18歳以上部門 の3部門で、いずれも400字~800字のエッセイを9月10日まで応募受付中!
世界の難民問題を映画を通じて啓蒙 東京、札幌、仙台で「第10回UNHCR難民映画祭」開催

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます