【漫画家・高橋由佳利さんに伺いました】赤ちゃん&子ども大好きトルコに学ぶ、パパ・ママに優しい子育て環境!
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【漫画家・高橋由佳利さんに伺いました】赤ちゃん&子ども大好きトルコに学ぶ、パパ・ママに優しい子育て環境!

Senol Yolal Ciguli ve Bulent /Some rights reserved by Sulukule Çocuk Atölyesi

そろそろ夏本番。夏休みの赤ちゃん連れの移動のことに頭を悩ませているパパ、ママもいるかもしれません。赤ちゃんが泣くのは自然なことではありますが、公共の乗り物を利用するのを躊躇している人もいるのでは? こういったパパ、ママが子育てをしにくい状況をなんとかする方法はないものでしょうか。

赤ちゃん連れの旅行がしやすいというトルコに、何かヒントがあるのかも。そう考えて、『トルコで私も考えた』の著者でトルコ人男性と結婚した漫画家の高橋由佳利さんにお話を聞きました。

トルコでは『赤ちゃんは社会の宝』

高橋由佳利さんはこういいます。

「とにかく、トルコ人は赤ちゃんや子どもが大好きで、いつもメロメロ状態です。愛おしさがこみあげてたまらなくなったときの表現は『食べちゃう』で、赤ちゃんがいれば、髭もじゃの大男も『食べちゃう、食べちゃう』と連発しっぱなし。子どもが騒いでもにこにこと見ているんです。

その反応は親戚の赤ちゃんや子どもに対する反応だけではないのです。もう、みんなが赤ちゃんや子どもを見ると、かわいくて仕方なくて、目を細めているんです。そして、自分の子どもがよその人に迷惑をかけた時は別ですが、やんちゃをしてもあまり叱りません。なぜ叱らないのかを聞いてみたところ、『かわいすぎて叱れない』『子どもは社会の宝だ』と言うんです。」

高橋由佳利『トルコで私も考えた』トルコ嫁入り編 集英社文庫 ¥ 560+税 (2012-9-19)

お父さんも、少年も赤ちゃん好き

また、トルコ人の子煩悩さは、びっくりするほど。『トルコで私も考えた』のなかにも、高橋さんのだんなさんの子育ての奮闘ぶりが描かれています。息子さんが生まれた時には、おしめを積極的に交換するだけでなく、ほんのちょっとだけ汚れたオムツを数分変えずにいたら血相を変えるくらい、赤ちゃんを大切にしていたのだそう。「オレの子だ。大切にして、子育てに関わるのは当たり前だ」という意識が強いのだと、高橋さんは教えてくれました。

Some rights reserved by FreedomHouse زيارة اردوغان لمخيمات اللاجئين السوريين.

また、トルコでは子どもが風邪を引いて熱を出した時にも、大騒ぎをするのはお母さんよりお父さん。トルコ人は子どもが病気にかかった場合、それがちょっとしたことでもすぐに病院に連れて行きますが、連れて行くのもお父さん。会社を休んだり、午前休をとったりして病院に連れて行きます。会社の人も「仕事よりも子どもの方が大事に決まっている」と認めています。病気のとき以外も、お父さんが家に帰ってくる時間も比較的早く、多くのお父さんが家で夕食を家族とともに食べているのです。

トルコでは少年や若い男性も赤ちゃん好き。高橋さんが息子さんを連れてトルコを歩いていた時に息子さんが道で転んだら、高橋さんが助け起こすよりも前に、近くにいた若者がさっと助け起こして去って行ったそうです。

お母さんが孤立無縁で奮闘している状態は、トルコにはほとんどない

「トルコでは、お母さんが孤立して育児ノイローゼになるということは、私の知る限りではないです。周りの人がいろいろといってくるので、指図されてうるさいぐらい(笑)。おせっかいではあるけれども、慣れて聞き流せるようになれば、かなり子育ては楽になります。誰かが必ず見てくれるんですから。」と高橋さんは言います。

そもそも、トルコでは家庭が地域社会に対してかなりオープン。『トルコで私も考えた』のなかにも、たとえば、同じアパートメントの住人と野菜や調味料の貸し借りをしたり、朝ご飯に呼ばれたりといった具合に、家庭がかなり地域社会に対して開かれている様子が描かれています。

家庭内でもお父さんが密に子育てに関わるし、地域社会でも子育てに限らず何かと助け合うし、そもそもみんな子ども好き。お母さんが孤立無援で奮闘している状態はトルコにはほとんどないのです。

Senol Yolal Ciguli ve Bulent /Some rights reserved by Sulukule Çocuk Atölyesi

中学生くらいになったら大人扱い

なぜ、こんなにも子どもをかわいがるのでしょうか。高橋さんが何人かのトルコ人に聞いてみたところ、「大人になったらどうせ辛い目にあったり、苦労をしたりするのだから、子どものうちはベタベタにかわいがって、甘えさせてやっても良いんじゃないか」と言ったそうです。

20年くらい前まではトルコは非常に経済状態が悪く、失業率は30%もありました。こういった状況で、大人になれば厳しい現実を知るのはわかりきっていました。

そういった時代の名残か、現在でも中学生くらいになれば大人として扱われ、男の子だったら親戚の女性をエスコートしたり重いものを持たされたり、女の子も家の手伝いをしたりと、こき使われるとのこと。

「でも、子ども時代にベッタベタに甘やかされて満足しているからか、大人として行動することを嫌がらないんです。自立が早いんですよ。」と高橋さん。

Children in the back streets of Sultanhmet/Some rights reserved by ccarlstead

公共の乗り物で赤ちゃんが泣いたら、それは周りの人の責任かもしれない

トルコの子どもを取り巻く環境から考えると、公共の乗り物で赤ちゃんが泣いてお母さん、お父さんが困っていたら、周りの人が協力して子どもが泣き止むようにあやすのが当たり前。

「以前に、電車や飛行機のなかで赤ちゃんが泣いたことに対して『うるさい』と言った人に対して批判が殺到したことがありました。でも、私は思ったんです。『周りの人は何をしていたのかしら?』って」と高橋さんは言います。

つまり、トルコ風に考えると、赤ちゃんが公共の乗り物で泣いたら、それはお父さんやお母さんの責任だけではなく、周りの人の責任にもなるわけです。

「子どもや赤ちゃんの泣き声がうるさい」と考える風潮を変えるのはなかなか難しいことです。しかし、急激な少子化が危惧されている日本において、一人一人がもう少し「子どもは社会の宝」という発想で子どもと接していけば、子育てに優しい環境を作る一歩になるといえそうです。

<書籍情報> トルコの生活をもっと知りたい方におススメ!

太った女がモテる! ハゲた男が多い! 激甘なお菓子が大好き! 街、人、食事、習慣…。トルコの男性と結婚し、出産した作者が描く生活ルポ。ガイドブックじゃわからない魅力あるトルコの素顔が見えてくる。

高橋由佳利『トルコで私も考えた』トルコ嫁入り編
集英社文庫 ¥ 560+税 (2012-9-19)
>詳しくはこちら

 

作者プロフィール

高橋 由佳利(たかはし ゆかり )日本の女性漫画家。兵庫県姫路市出身。1978年『りぼん』 (集英社) 夏の増刊号に掲載の「コットンシャツに夏の風」(単行本『お月さま笑った?』収録)でデビュー。初連載作は『それからのパスカル』。以降、同誌や『りぼんオリジナル』『マーガレット』(いずれも集英社)などに作品を発表。1990年ごろから、『ヤングユー』(集英社)に発表の場を移す。

 

高橋由佳利『トルコで私も考えた』トルコ嫁入り編 集英社文庫 ¥ 560+税 (2012-9-19)

高橋由佳利さんのその他の作品も読んでみよう!

なみだの陸上部

【少女は走る意味を見失い、友の協力で再びスタートラインへ!】小泉るう子は中学陸上大会で記録保持者の有栖川しのぶと競り合い、転倒させたことを悔やんでいた。すすき野高校に入学した俊足のるう子に複数の運動部から入部の誘いが殺到するが、彼女の希望はなんと野球部? きらめく日々を駆けぬける陸上女子成長ドラマ、第1巻!

 >詳しくはこちら

プラスティック・ドール

人気シンガー、マリエの影となり「プラスティック・ドール」を歌うのは誰?】高3の吉武篤郎は歌手のマリエに夢中。彼がマリエをコピーして歌う姿が、マリエのマネージャー降旗の目にとまり、ある裏事情に関わることに…。芸能音楽という虚構の世界で奏でるラブストーリー、第1巻。

>詳しくはこちら

晶子の反乱

【生と愛の尊さを謳う与謝野晶子の“反乱”の物語】未だ男尊女卑の色濃き明治の世に、女性の情念をあふれんばかりに綴った歌集・「みだれ髪」――数多くの恋に、子育てに、創作にまっすぐ突き進む晶子の生涯を、高橋由佳利が鮮やかに描き出す。

>詳しくはこちら

レッスン

バレーボール実業団リーグの最下位をひた走る三ツ星。サラリーマンから突然監督に任命された熱海の前には、ひとすじなわではいかないメンバー達が…。監督をめぐる恋のバトル、そして汗と笑いと感動が詰まったスポーツロマン!!

>詳しくはこちら

 

取材協力=高橋由佳利さん
https://twitter.com/kenantoruko

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
トップブランドの古着を藍染で蘇らせる”サスティナブル・ブランド” Indigo Love Ecoプロジェクト「BOKUWAKUMA」
独自記事 【 2020/2/10 】 Fashion
鮮やかでありながら深みもあり、様々に表情を変える藍色。 実はこれらの衣服は、本当なら捨てられてしまうかもしれなかった古着です。 ご紹介するのはシャネルやギャルソンの古着を藍染でリメイクする沖縄拠点のブランド「BOKUWAKUMA」。藍で染めることによって新たな命が吹き込まれより愛されるアイテムに蘇らせることで、ファッシ...
人が楽しむことをしたいーー。クリエーティブを仕事にする喜び。/木下舞耶(前編)
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
2019年6月に行われた「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」のセミナーに、一人の日本人女性が登壇した。広告会社でパラリンピックのプロジェクトに携わる木下舞耶さん。パラリンピックという障害者のスポーツの祭典を通じ、人々の意識、社会をも変えるコミュニケーションを標榜する。前編では、木下さんが歩んで来...
広告の祭典「カンヌライオンズ」にて開催されたパラリンピックの対談レポート
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
世界的な広告(クリエイティブ)の祭典「カンヌライオンズ」にて行われた電通の木下舞耶さん、国際パラリンピック委員会(IPC)のチーフ・マーケティング・コミュニケーションズ・オフィサー、クレイグ・スペンスさん、そしてパラリンピック金メダリストのマールー・ファン・ラインさんの対談の様子をレポートします。(記者:エシカちゃん)...
パラリンピックに懸ける思い【前編】/ 車いすテニス・船水梓緒里さん
独自記事 【 2020/1/6 】 Health & Beauty
車いすテニスを始めてわずか2年で世界国別選手権のジュニアクラス日本代表に選出され、その後2018年8月にはジュニアの世界ランキング1位となった船水梓緒里さん(三菱商事所属)。中学1年生の時、事故で車いす生活を余儀なくされ、人生に絶望しかけていた船水さんを救ったのが車いすテニスでした。 今回は来年の東京パラリンピックでの...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
日本の良さを改めて実感!?  豪華舞台を楽しめる「日本博特別公演」の放映が決定!
独自記事 【 2020/6/15 】 Art & Culture
『ethica(エシカ)』6月号のテーマは、「エシカル世代」です。 新型コロナの影響で、ライブでエンターテイメントを楽しむ機会はほとんどなくなっていました。ようやく再開への道筋は見えてきたものの、実際にリアルな場に出かけてイベントなどを楽しめるのは、もう少し先になりそうです。そんな中、「エシカル世代」にも人気の2.5次...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

女子会、パーティなどにチャリティーを加える女性、急増中!
スキルを提供してやる気をもらう、名刺を2枚持つ働き方のススメ

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます