FM OSAKAの番組「LOVE FLAP」内の「サラヤECO FLAP」コーナーに ethica編集長・大谷賢太郎が出演
sponsored
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
FM OSAKAの番組「LOVE FLAP」内の「サラヤECO FLAP」コーナーに ethica編集長・大谷賢太郎が出演

毎週月曜日~木曜日の11時30分~15時51分に放送中のFM OSAKAの番組「LOVE FLAP」内の「サラヤECO FLAP」コーナーにethica編集長・大谷賢太郎が11月10日、17日の2回にわたって出演、エコメッセージを発信しました。

第1回ではethicaのグランドコンセプト「私によくて、世界にイイ。」や、キャプションにあるエシカルコンシャスについて、

「エシカルを直訳すると「倫理的」「道徳上」という意味となります。イギリス発祥としたエシカルファッションでも、エシカルという言葉が使われており、耳にしたことがある方もいるかと思います。

また、オーガニックな製品やエコな製品にもエシカルというキーワードが使われる事が国内では多くなっております。ethicaでは、物事をより大きな視点で捉まえるとともに、日本にも馴染む形で、サスティナブルなコンテンツを読者に提案しています」

と解説するととに、ファッション、ヘルス&ビューティなど7つのカテゴリーを具体的に紹介しながら、個人と世界のサスティナビリティーを提案する、ソーシャルグッドなエシカルコンシャスwebマガジンであることを説明しました。

さらに、ethicaがもっとも力を入れているコンテンツとして大谷は「モノ作りへの想い」を挙げ、

「想いを込めて作ったモノにはストーリーが生まれてきます。逆にいえば、ストーリーのあるモノは人が想いを込めて作ったモノともいえます。作り手に対する感謝の気持ちを馳せれば、きっとモノへの愛着も高まるはずだと思っています」

と語った他、サラヤ様の活動について、

「日本が戦後、衛生状態が悪かった頃に、小学校の水道についていた緑色のプッシュ型の液体石けんを導入したのがサラヤ様だったという歴史を勉強して、感銘を受けました。日本の衛生習慣に貢献されてきた企業であると考えています。自然派のヤシノミ洗剤は私の子供の頃から馴染みのある商品です」

と説明しました。

第2回では、番組の収録が行われたところがオーガスタキャンプのバックステージだったことを受けて、

「ethicaではボルネオ島にLOVE FLAP/サラヤ様と一緒に訪れたアーティストのインタビューも掲載しているのですが、皆さん、素晴らしい感性の持ち主ということが共通していえると思います。「圧倒的にプロフェッショナル。」「本質的である。」という2つの面を感じます。良いものは、やっぱり良い。家族でも楽しめる。野外フェスにピッタリの音楽だと感じます」

と感想を述べました。

さらに、今後のethicaへと話を進め、ethicaがやろうとしていることについては、

「インターネットを通じて誰もがつながれる仕組みができ、数々の情報もあふれています。物質的には便利で豊かな現代社会ではありますが、それゆえに、これまで日本が大事にしてきた絆、倫理・道徳観、和の精神、自然との調和、伝統文化・技術を見逃してしまいがちです。そこでethicaでは先人の知恵や無形資産にも目を向けようと思っています」

と抱負を語り、最後に放送を聞いている関西の皆さんに対して、

「私は神奈川の生まれで、東京で働いているのですが、関西はサスティナブルな企業が多いと考えています。仲間に入れていただくまではハードルが高いのですが、一度お付き合いが始まると長期的な視点でお仕事をしていくこともできます」

とエールを送りました。

大谷の2回のエコメッセージを受けて番組キャスターの谷口キヨコさんは、

「ethicaは今後、先人の知恵にスポットを当てていきたいということでしたが、今、縄文人が話題になっていますよね。実は再生可能な社会を1万年以上も前にやっていた縄文人ってすごいんだといわれていますけど、昔はよくって、時代が経つにつれてだんだん良くなっていくというのなら、今は、ものすごいいい世の中になっているはずじゃないですか?

でも、そうなっていないということは、もしかしたらその時代時代の資源、資源を生かす先人の知恵があったはずで、それを全否定して今を生きている私たちのほうが偉いということは全くなくて、それを研究したり勉強したりして、そこからアイデアをもらって、今の私たちの考え方や技術で進めていくというやり方があるのではないかという気がします」

と語り、さらに、

「持続的な企業のことをサスティナブルというのですが、企業自体も持続的であることはその企業の方も望んでいると思うし、私たちも消費者としてお付き合いする時、長い間使っているものは信頼できるし、いいものだから使っています。そうなると、何に対しても持続可能であることは素晴らしいことで、そうすると、もとになる資源を大切にしなくてはいけないと考えが回っていくのかなという感じがしますね」

と締めくくっていました。

DJ:谷口 キヨコ(たにぐち きよこ)

【出身地】兵庫県(現在、京都在住)
【サイズ】Hight167
【趣味・特技】韓国語、猫いじり、ゴルフ

《芸歴》

【現在レギュラー】

・FM大阪「LOVE FLAP」(月・火:11:30-16:00)
・FM京都「Chummy Train」(金:16:00-20:00)
・FM京都「J-AC TOP40」(土:14:00-19:00)
・FM京都「KP CONNECTION」(日:6:00-7:00)
・テレビ:KBS京都「谷口イズムG」(土:23:15-23:30)
・ケイオプティコム(eo光テレビ)「谷口キヨコの旬なKANSAIトレンド+」毎週月曜日更新 随時放送

【これまでの芸歴】

<ラジオ>
・ニッポン放送「テリーとうえちゃんの のってけラジオ」
・FM大阪「afternoon cafe」「JAC851」
・Kiss FM「Kissners Radio Jack」
・MBSラジオ「ノムラでノムラだEXトラ」「晩々五星」
・ラジオ関西「EXOTIC TOWN」「KOBE AFTERNOON CLUB」
・St.GIGA放送「大相撲衛星場所」

<テレビ>
・関西テレビ「週刊V.WEST」 ・毎日放送「いい朝8時」「カラフルJAM」
・朝日放送「ベリグ!」「ONLY6」
・読売テレビ「昼まで!すっぴん!」「純な瞳に恋してる」
・KBS京都「ダルコロ!」「谷口な夜」

 

<MC>
・ぴあ関西版400号イベントからTrePiaNight
・浜松JapanOpen
・月刊サビィ主催ビューティーセミナー ・新風館オープニングセレモニー
・大阪市人権啓発イベント ふれあいシネマ広場
・京都きものパスポート スターティングセレモニー(2002年きものアンバサダー就任記念トークショー)
・京都まつり
・京都着物の女王98,99,2000
・トークショー(宮本亜門、福山雅治)

 

<コラム>
・京都月刊情報誌Leaf「谷口キヨコのStayTune(音楽・映画情報)」
・朝日新聞大阪版夕刊「谷口キヨコのあっ」
・スポーツニッポン「テレビ&ラジオ業界エンマ帳」「キヨピーのためぐちでごめんね」
・VeeSchool関西「谷口キヨコのエエ感じちゃうん?」
・KANSAI一週間「谷口キヨコの甘口?!映画批評」

ーーBackstage from “ethica”ーー

Coming soon…

 

谷口キヨコさん公式ブログ
http://ameblo.jp/kiyoko-t/

LOVE FLAP(FM大阪)公式サイト http://www.fmosaka.net/_sites/16782357

記者 清水 一利(しみずかずとし)
1955年千葉県市川市生まれ。明治大学文学部(史学地理学科日本史専攻)を卒業後、1979年、株式会社電通PRセンター(現・株式会社電通パブリックリレーションズ)に入社。クライアント各社のパブリシティ業務、PRイベントの企画・運営などに携わる。1986年、同社退社後、1987年、編集プロダクション・フリークスを主宰。新聞、雑誌(週刊誌・月刊誌)およびPR誌・一般書籍の企画・取材・執筆活動に従事。2012年「フラガール3.11~つながる絆」(講談社)、2013年「SOS!500人を救え~3.11石巻市立病院の5日間」(三一書房)を刊行。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

清水 一利

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
トップブランドの古着を藍染で蘇らせる”サスティナブル・ブランド” Indigo Love Ecoプロジェクト「BOKUWAKUMA」
独自記事 【 2020/2/10 】 Fashion
鮮やかでありながら深みもあり、様々に表情を変える藍色。 実はこれらの衣服は、本当なら捨てられてしまうかもしれなかった古着です。 ご紹介するのはシャネルやギャルソンの古着を藍染でリメイクする沖縄拠点のブランド「BOKUWAKUMA」。藍で染めることによって新たな命が吹き込まれより愛されるアイテムに蘇らせることで、ファッシ...
人が楽しむことをしたいーー。クリエーティブを仕事にする喜び。/木下舞耶(前編)
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
2019年6月に行われた「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」のセミナーに、一人の日本人女性が登壇した。広告会社でパラリンピックのプロジェクトに携わる木下舞耶さん。パラリンピックという障害者のスポーツの祭典を通じ、人々の意識、社会をも変えるコミュニケーションを標榜する。前編では、木下さんが歩んで来...
広告の祭典「カンヌライオンズ」にて開催されたパラリンピックの対談レポート
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
世界的な広告(クリエイティブ)の祭典「カンヌライオンズ」にて行われた電通の木下舞耶さん、国際パラリンピック委員会(IPC)のチーフ・マーケティング・コミュニケーションズ・オフィサー、クレイグ・スペンスさん、そしてパラリンピック金メダリストのマールー・ファン・ラインさんの対談の様子をレポートします。(記者:エシカちゃん)...
写真家で映画監督の蜷川実花さんがクリエイティヴ・ディレクション「GO Journal」
独自記事 【 2020/1/13 】 Art & Culture
世界中の注目が集まる「世紀の祭典」東京オリンピック・パラリンピックの開催があと半年に迫る中、パラスポーツの興奮とパラアスリートたちの息づかいとそれを取り巻くカルチャーとの交差点を伝えるフリーグラフィックマガジン「GO Journal」の最新号(第4号)が1月22日(水)に発刊されます。 (記者:エシカちゃん)
パラリンピックに懸ける思い【前編】/ 車いすテニス・船水梓緒里さん
独自記事 【 2020/1/6 】 Health & Beauty
車いすテニスを始めてわずか2年で世界国別選手権のジュニアクラス日本代表に選出され、その後2018年8月にはジュニアの世界ランキング1位となった船水梓緒里さん(三菱商事所属)。中学1年生の時、事故で車いす生活を余儀なくされ、人生に絶望しかけていた船水さんを救ったのが車いすテニスでした。 今回は来年の東京パラリンピックでの...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
どんな人にも寄り添い共感し合うために、学び続ける。/石川康晴
独自記事 【 2019/12/2 】 Fashion
ファッションブランド「earth music&ecology」を手がけるストライプインターナショナル。ホテル、ドーナツショップ、そしてアートイベントの開催など、業態にとらわれず、ライフスタイルを楽しむ、豊かに彩るサービスやビジネスを展開している。社長の石川康晴さんが語る、「相手を慮るコミュニケーション」とは?
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
《第72回カンヌ国際映画祭・最終日》韓国映画初のパルム・ドール受賞で閉幕
独自記事 【 2019/6/10 】 Art & Culture
2019年5月25日、第72回カンヌ国際映画祭の最終日に最高賞のパルム・ドールに輝いたのは、ポン・ジュノ監督の『Parasite(英題)』でした。韓国映画としては、カンヌ史上初の快挙です。『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などで知られるアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ/Alejandro Go...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...

次の記事

村上萌(ライフスタイルプロデューサー・NEXWEEKEND代表)「挫折を味わったからこそ、今の私がある」
「滝川クリステル」さんを中心に動物保護、生物多様性保全をコンセプトとしたコラボレーションが始まる

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます