10年の会社員生活を経て湯島の保護猫カフェ「ネコリパブリック東京」を経営 徳永有可さん
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
10年の会社員生活を経て湯島の保護猫カフェ「ネコリパブリック東京」を経営 徳永有可さん

徳永有可さん Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

いつまでも幸せであり続けるため、女性にとって社会に出た後の人生には決断をしなくてはならないいくつもの分かれ道があります。
就職、恋愛、結婚、出産、子育て、そして中には起業をしたいと考えていらっしゃる人もいるでしょう。
東京・湯島で保護猫カフェ「ネコリパブリック東京 お茶の水店」を運営する徳永有可さん。彼女の生き方は、読者の皆さんにとって人生をより幸せに、より充実して生きるヒントになるのではないでしょうか?

何か面白そうだと映画学科へ

「私は今年33歳になります。水戸のお寺に3人兄弟の長女として生まれ、そこで高校卒業まで過ごしました。大学は日本大学芸術学部。映画を専攻しました。
でも、映画がすごく好きだったとか、将来、映画に関係する仕事に就きたいとか、そういうことは全くなくて、子供のころには演劇をやっていたり、高校時代には吹奏楽部でホルンを吹いていて、芸術的なことに興味があったんですね。それで映画学科に入れば何か面白そうだなと思ったんです。
大学の4年間はあまり勉強せず、サークル活動に熱中しましたね。私が入ったのは映画にでてくるような立ち回りを舞台でやる殺陣同志会。いわゆるチャンバラですが、それが好きだったというわけではありません。一目見て憧れて『格好いい、私もやりたい』って思っちゃったんですよ。その頃から何かやりたいと思ったら一直線に突き進む性格は、今も変わりませんね」

徳永有可さん Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

入社の決め手は社長の魅力

「卒業後は、あるインタラクティブ・エージェンシーのグループのシステム会社に新卒で入社しました。この時にも自分では何をやりたいかという目標もないまま、就職を決めなくてはいけない時期が近づいたある時、そういえば、説明会に行っていないなと思って、パソコンを開いて探したら、その会社があいうえお順のいちばん上に出ていたんです。それで説明会に行ったら、その時出てきた社長さんがとても魅力的な人で、すぐにこの会社に入ろうと決めました。
入ったものの、なかなか仕事に馴染めず、最初は泣いてばかりいましたね。
それでも、慣れてくるにつれてだんだんと仕事が面白くなって、その後、グループのウェブ制作会社に転籍して、ウェブのデザインをするプロデューサーになり、さらに3年間、大手の総合広告代理店に出向して車メーカーを担当した後、社会人10年を機に退職したんです。10年間でシステム開発やデザイン、マーケティング、広告などさまざまなことを経験できたのはよかったですね。
会社を辞めたのは、何か理由があってというわけではありません。10年やってそろそろ卒業してもいいかなと思ったのです。もともと私は、縛られることが嫌いでしたから、もっと自由に何かやりたいと考えたのです。でも、やはりその時も、具体的にこれをやりたいというものはなかったんですよ」

徳永有可さん Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

退社後1カ月で猫カフェと出会う

「現在の保護猫カフェ『ネコリパブリック』との出会いも、就職の時と同じように全くの偶然でした。
次に何をやろうかなと思っていた時、岐阜の本店を立ち上げた女性、猫共和国なので、彼女は首相と呼ばれているのですが、たまたまその首相のフェイスブックを見つけて、彼女の考え方やネコパブリックへの想いなどに共感して、これなら楽しくやれそうだと直感したのです。それでまったく面識のない彼女に岐阜まで会いに行って『私、これをやりたいんです』といいました。
去年の9月に会社を辞めて、首相に会いに行ったのが10月。今年の1月に現在の物件を見つけて5月にオープン。この間は自分でもビックリするほどのスピードでしたね」

恋愛の秘訣は「我慢しないこと」

「結婚をしたのは31歳の時でした。私は30歳までに結婚することが夢だったのですが、それを知っていた彼が、29歳の最後の日にプロポーズをしてくれたのです。
彼は2年先輩の同僚で、お互い第一印象は最悪でしたし、それぞれ相手もいたので、5年間は普通の知り合いでした。それがお互い傷心の時があって、慰め合っているうちに付き合いが始まって、結局結婚をすることになりました。
どうして彼と結婚したのかといえば、楽だからでしょうね。もちろん相手に対してドキドキすることは大切ですが、でも、いつもそうだと疲れてしまいます。
恋愛をうまく継続する秘訣を、私は『我慢しないこと』だと思っています。寝ている時の格好を気にしないで寝られる、そんな相手を見つけることですね」

徳永有可さん Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

子供は欲しいけど……

「結婚前も今も夫とケンカをしたことは一度もありません。私が会社を辞めて保護猫カフェをやるようになった時も、夫は何もいわずに『そうか、ちゃんと稼げよ』といっていろいろと応援してくれています。
ただ、一つだけ夫との間で意見が異なっているのは、子供に関してです。
私は欲しいと思っていて、仕事をやりつつ子供を育てたいのですが、夫は『いなくてもいい』といっています。理由としては経済的な問題がいちばん大きいので、もっと一生懸命仕事をして稼がないといけないでしょうね」

Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

人の輪を広げることで物事が動いていく

「『ネコリパブリック』を立ち上げ、どうにか軌道に乗り始めた頃、会社員時代の先輩だったethicaの編集長にコンタクトを取り、現在は『ネコリパブリック』の運営の傍ら、ethicaのお仕事をお手伝いしています。
会社で仕事を始めてすぐの頃、辛いことだらけでした。その時、助けてくれたのは人でしたし、仕事をもらうのも怒られるのも人でした。そういう人たちとどうやって輪を広げていくか? 輪を広げることで物事が動いていくということを身をもって実感しました。
ですから、一つのことで満足することなく、自分の感性のままに活動して、人との輪を広げていきたいと思っています」

「私によくて、世界にイイ。」こと

「今、私がやっている『ネコリパブリック』で多くの猫たちに囲まれていると、本当に癒されて心もリフレッシュしていきます。それは私にとってよいことであることは間違いありません。
そして、この『ネコリパブリック』を通じて殺処分されてしまう猫を一匹でも少なくすることで、人も猫も幸せになって、それが世界にイイということにもつながっていくのではないかと思っています」

 

今回の取材・撮影協力店舗
ネコリリパブリック 東京お茶の水店

住所:東京都文京区湯島3-1-9 CRANEビル4階
電話:03-5826-8920
営業時間 平日 : 15:00 – 20:00 休日(祝日): 11:00 – 18:00
定休日 : 木(木曜日が祝日の場合、翌金曜日が休日)
http://www.neco-republic.jp

徳永有可さん Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

「ネコリパブリック 東京お茶の水店」Photo Gallery

ーーBackstage from “ethica”ーー

社会に出て始めから活躍できる新入社員は皆無です。

皆、お給料を貰いながら学んでいます。

彼女のように、最初は仕事に馴染めずとも、次第に自身が成長することで、徐々に仕事が面白くなってくるのではないでしょうか。

環境を変えることよりも、先ずは自己成長が大事ですね。

ethica編集長:大谷賢太郎

記者 清水 一利(しみずかずとし)
1955年千葉県市川市生まれ。明治大学文学部(史学地理学科日本史専攻)を卒業後、1979年、株式会社電通PRセンター(現・株式会社電通パブリックリレーションズ)に入社。クライアント各社のパブリシティ業務、PRイベントの企画・運営などに携わる。1986年、同社退社後、1987年、編集プロダクション・フリークスを主宰。新聞、雑誌(週刊誌・月刊誌)およびPR誌・一般書籍の企画・取材・執筆活動に従事。2012年「フラガール3.11~つながる絆」(講談社)、2013年「SOS!500人を救え~3.11石巻市立病院の5日間」(三一書房)を刊行。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

清水 一利

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
トップブランドの古着を藍染で蘇らせる”サスティナブル・ブランド” Indigo Love Ecoプロジェクト「BOKUWAKUMA」
独自記事 【 2020/2/10 】 Fashion
鮮やかでありながら深みもあり、様々に表情を変える藍色。 実はこれらの衣服は、本当なら捨てられてしまうかもしれなかった古着です。 ご紹介するのはシャネルやギャルソンの古着を藍染でリメイクする沖縄拠点のブランド「BOKUWAKUMA」。藍で染めることによって新たな命が吹き込まれより愛されるアイテムに蘇らせることで、ファッシ...
人が楽しむことをしたいーー。クリエーティブを仕事にする喜び。/木下舞耶(前編)
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
2019年6月に行われた「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」のセミナーに、一人の日本人女性が登壇した。広告会社でパラリンピックのプロジェクトに携わる木下舞耶さん。パラリンピックという障害者のスポーツの祭典を通じ、人々の意識、社会をも変えるコミュニケーションを標榜する。前編では、木下さんが歩んで来...
広告の祭典「カンヌライオンズ」にて開催されたパラリンピックの対談レポート
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
世界的な広告(クリエイティブ)の祭典「カンヌライオンズ」にて行われた電通の木下舞耶さん、国際パラリンピック委員会(IPC)のチーフ・マーケティング・コミュニケーションズ・オフィサー、クレイグ・スペンスさん、そしてパラリンピック金メダリストのマールー・ファン・ラインさんの対談の様子をレポートします。(記者:エシカちゃん)...
写真家で映画監督の蜷川実花さんがクリエイティヴ・ディレクション「GO Journal」
独自記事 【 2020/1/13 】 Art & Culture
世界中の注目が集まる「世紀の祭典」東京オリンピック・パラリンピックの開催があと半年に迫る中、パラスポーツの興奮とパラアスリートたちの息づかいとそれを取り巻くカルチャーとの交差点を伝えるフリーグラフィックマガジン「GO Journal」の最新号(第4号)が1月22日(水)に発刊されます。 (記者:エシカちゃん)
パラリンピックに懸ける思い【前編】/ 車いすテニス・船水梓緒里さん
独自記事 【 2020/1/6 】 Health & Beauty
車いすテニスを始めてわずか2年で世界国別選手権のジュニアクラス日本代表に選出され、その後2018年8月にはジュニアの世界ランキング1位となった船水梓緒里さん(三菱商事所属)。中学1年生の時、事故で車いす生活を余儀なくされ、人生に絶望しかけていた船水さんを救ったのが車いすテニスでした。 今回は来年の東京パラリンピックでの...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
どんな人にも寄り添い共感し合うために、学び続ける。/石川康晴
独自記事 【 2019/12/2 】 Fashion
ファッションブランド「earth music&ecology」を手がけるストライプインターナショナル。ホテル、ドーナツショップ、そしてアートイベントの開催など、業態にとらわれず、ライフスタイルを楽しむ、豊かに彩るサービスやビジネスを展開している。社長の石川康晴さんが語る、「相手を慮るコミュニケーション」とは?
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
《第72回カンヌ国際映画祭・最終日》韓国映画初のパルム・ドール受賞で閉幕
独自記事 【 2019/6/10 】 Art & Culture
2019年5月25日、第72回カンヌ国際映画祭の最終日に最高賞のパルム・ドールに輝いたのは、ポン・ジュノ監督の『Parasite(英題)』でした。韓国映画としては、カンヌ史上初の快挙です。『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などで知られるアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ/Alejandro Go...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...

次の記事

中島美嘉さん、伝統のアコースティックライブMTV Unpluggedに出演決定!! 2月下旬に特別番組としてMTVにてオンエア!
ethica展示会ブースに、ハーモニカ女子・南里沙さんがサプライズゲストとして来場 CIL代表の田川文子さん 、VEGANIE代表の竹迫千晶さん 、はちみつ美容研究家・東出姉妹にインタビュー

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます