遅咲きだって良いじゃない! アラサー以降に夢を実現させた人たち
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
遅咲きだって良いじゃない! アラサー以降に夢を実現させた人たち

就職して数年が経ち、「私のやりたい職業は、本当はこれじゃない……」と思いつつも、「新しいことを始めるには遅すぎる」とためらっている人って、実は多いのではないでしょうか。そんな想いを抱える人にエールを送るべく、今回は3人の女性を紹介します。

シンガー・綾戸智恵さん

両親の影響で幼い頃からジャズへの造詣を深め、高校卒業と同時に渡米。ライブハウスや教会で演奏活動を行ったのち、1991年に帰国します。実質的なメジャーデビューは1998年、40歳のとき。パワフルなキャラクター、幼い頃から一貫して続けているジャズに、アメリカ人との結婚と離婚、乳がんの経験、母親の介護経験などの豊富な人生経験が加わることでトークにも幅が出て、ライブはいつも大盛況。東日本大震災以降は宮城県と岩手県で東日本大震災復興支援チャリティコンサートを行うなど被災地にも元気を届けています。

■綾戸智恵さんオフィシャル・ウェブサイト
http://chie-ayado.jimdo.com

落語家・三遊亭美るくさん

今年芸暦7年目となる三遊亭美るくさんは元会社員。大学卒業後、就職して多忙な日々を過ごしていましたが、内心「会社員には向いていないのではないか」と感じていました。そんななか、仕事に疲れ果てていた美るくさんを友人が誘いだしてくれたのが落語。行ってみたら話芸のすばらしさと、噺に込められた日本文化や道徳観に引き込まれて寄席に足しげく通うようになります。

そして半年後、運命のときが。女性落語家の三遊亭歌る多さんの落語に出会ったのです。「女性でも落語家になれるんだ!」と発見し、歌る多さんの落語と人柄に魅せられて、何の迷いもなく落語家になろうと決め、会社を辞めて歌る多さんに弟子入りします。そのとき、三遊亭美るくさんは27歳。そこから5年の修業期間を経て、一人前の落語家として認められる「二ツ目」に昇格しています。

美るくさんは、「今、落語の世界に関われていることだけでも、満足だ」と語ります。でも、今やりたいことがあるけれど迷っているという人には「あえて背中を押すことはしなくていいかも」とも。「やりたいことがあるのに転身を迷っているなら、もう少し今やっていることを頑張ってみてもいいのかもしれません。本当にやりたいことがあって時期が来ていれば、迷わず飛び込めるのではないでしょうか。」と美るくさんは言っていました。

美るくさんが義理人情の厚い落語の世界にどっぷりはまれたのは、会社の中で人間関係についていろいろと考えるところがあったから。そう聞くと、決して会社員生活がムダになっているわけではなさそうです。

■三遊亭美るくさん公演情報
http://ameblo.jp/3utmilk/

カフェオーナー・藤田咲子さん

自由が丘で、地元密着型のカフェ「Bloom’s」を運営する藤田さんがカフェを開きたいと一念発起したのは30代になってから。小学校に入る前からお菓子作りが好きで、大人になって建築関係の会社に勤務している間も、知人のカフェにお菓子をおろしたり、お菓子作りを教えたりしていました。しかし、お菓子作りを本業にするには、自分は経歴がたりないと感じて、一歩踏み出すことはできていませんでした。

そんな藤田さんに転機が訪れたのは、夫の仕事の関係で退職し、上京した時。やはりお菓子作りを仕事にしたいと、通信教育でお菓子作りを学びながら、小さなビストロで働き始めたのです。

「学びながら働いていた機関は、本当に毎日が戦いのようでした。朝起きて子どもを保育園に連れて行き、仕事をして、家に帰って勉強をして……。毎日睡眠時間は2,3時間。お休みの日にまとめて寝て、なんとかこなした感じでした。」

その段階では「いつまでにカフェを持とう」と明確なプランを立てていたわけではなかったのですが、藤田さんが遊び感覚で間取り図を見て、将来の店舗像のイメージをふくらませていたときに理想的な居抜き物件を見つけたことから、実際にカフェをオープンさせることになったのです。店舗は建築関係の仕事をしていた経験をいかして自分好みに改装、デコレーションしています。

今、藤田さんは自分が遊び感覚でやっていたことが仕事に繋がっているから、と教室を運営したい人のためのスペース作りを行っています。平行して、カフェのお菓子を、二子玉川や新横浜の百貨店に期間限定で置いてもらう計画も進めています。

藤田さんは言います。「夢を語り合える方たちとのご縁を大切にしていると、ご縁のある方から『百貨店に置いてみない?』などとお声がかかることがあります。いただいたチャンスはいかさなきゃ、と思っています。」

■カフェBloom’s
http://www.jiyugaoka-blooms.com

いかがでしょうか。今やっていることが夢の実現に思わぬ形で役立つことは多い様子。自分がやってきたことは決してムダにはなりません。夢を叶えるには遅すぎると諦める前に、少し行動をしてみたら、人生が変わってしまうかもしれませんね。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

FelixSayaka

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
トップブランドの古着を藍染で蘇らせる”サスティナブル・ブランド” Indigo Love Ecoプロジェクト「BOKUWAKUMA」
独自記事 【 2020/2/10 】 Fashion
鮮やかでありながら深みもあり、様々に表情を変える藍色。 実はこれらの衣服は、本当なら捨てられてしまうかもしれなかった古着です。 ご紹介するのはシャネルやギャルソンの古着を藍染でリメイクする沖縄拠点のブランド「BOKUWAKUMA」。藍で染めることによって新たな命が吹き込まれより愛されるアイテムに蘇らせることで、ファッシ...
人が楽しむことをしたいーー。クリエーティブを仕事にする喜び。/木下舞耶(前編)
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
2019年6月に行われた「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」のセミナーに、一人の日本人女性が登壇した。広告会社でパラリンピックのプロジェクトに携わる木下舞耶さん。パラリンピックという障害者のスポーツの祭典を通じ、人々の意識、社会をも変えるコミュニケーションを標榜する。前編では、木下さんが歩んで来...
広告の祭典「カンヌライオンズ」にて開催されたパラリンピックの対談レポート
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
世界的な広告(クリエイティブ)の祭典「カンヌライオンズ」にて行われた電通の木下舞耶さん、国際パラリンピック委員会(IPC)のチーフ・マーケティング・コミュニケーションズ・オフィサー、クレイグ・スペンスさん、そしてパラリンピック金メダリストのマールー・ファン・ラインさんの対談の様子をレポートします。(記者:エシカちゃん)...
写真家で映画監督の蜷川実花さんがクリエイティヴ・ディレクション「GO Journal」
独自記事 【 2020/1/13 】 Art & Culture
世界中の注目が集まる「世紀の祭典」東京オリンピック・パラリンピックの開催があと半年に迫る中、パラスポーツの興奮とパラアスリートたちの息づかいとそれを取り巻くカルチャーとの交差点を伝えるフリーグラフィックマガジン「GO Journal」の最新号(第4号)が1月22日(水)に発刊されます。 (記者:エシカちゃん)
パラリンピックに懸ける思い【前編】/ 車いすテニス・船水梓緒里さん
独自記事 【 2020/1/6 】 Health & Beauty
車いすテニスを始めてわずか2年で世界国別選手権のジュニアクラス日本代表に選出され、その後2018年8月にはジュニアの世界ランキング1位となった船水梓緒里さん(三菱商事所属)。中学1年生の時、事故で車いす生活を余儀なくされ、人生に絶望しかけていた船水さんを救ったのが車いすテニスでした。 今回は来年の東京パラリンピックでの...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
どんな人にも寄り添い共感し合うために、学び続ける。/石川康晴
独自記事 【 2019/12/2 】 Fashion
ファッションブランド「earth music&ecology」を手がけるストライプインターナショナル。ホテル、ドーナツショップ、そしてアートイベントの開催など、業態にとらわれず、ライフスタイルを楽しむ、豊かに彩るサービスやビジネスを展開している。社長の石川康晴さんが語る、「相手を慮るコミュニケーション」とは?
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
《第72回カンヌ国際映画祭・最終日》韓国映画初のパルム・ドール受賞で閉幕
独自記事 【 2019/6/10 】 Art & Culture
2019年5月25日、第72回カンヌ国際映画祭の最終日に最高賞のパルム・ドールに輝いたのは、ポン・ジュノ監督の『Parasite(英題)』でした。韓国映画としては、カンヌ史上初の快挙です。『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などで知られるアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ/Alejandro Go...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...

次の記事

エシカルファッション実践編! エシカリスタVol.7 INHEELS共同代表 岡田有加さん
好きを仕事にした女性たち 松丸佳穂さん・今尾礼子さん【ethica woman】

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます