遅咲きだって良いじゃない! アラサー以降に夢を実現させた人たち
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
遅咲きだって良いじゃない! アラサー以降に夢を実現させた人たち

就職して数年が経ち、「私のやりたい職業は、本当はこれじゃない……」と思いつつも、「新しいことを始めるには遅すぎる」とためらっている人って、実は多いのではないでしょうか。そんな想いを抱える人にエールを送るべく、今回は3人の女性を紹介します。

シンガー・綾戸智恵さん

両親の影響で幼い頃からジャズへの造詣を深め、高校卒業と同時に渡米。ライブハウスや教会で演奏活動を行ったのち、1991年に帰国します。実質的なメジャーデビューは1998年、40歳のとき。パワフルなキャラクター、幼い頃から一貫して続けているジャズに、アメリカ人との結婚と離婚、乳がんの経験、母親の介護経験などの豊富な人生経験が加わることでトークにも幅が出て、ライブはいつも大盛況。東日本大震災以降は宮城県と岩手県で東日本大震災復興支援チャリティコンサートを行うなど被災地にも元気を届けています。

■綾戸智恵さんオフィシャル・ウェブサイト
http://chie-ayado.jimdo.com

落語家・三遊亭美るくさん

今年芸暦7年目となる三遊亭美るくさんは元会社員。大学卒業後、就職して多忙な日々を過ごしていましたが、内心「会社員には向いていないのではないか」と感じていました。そんななか、仕事に疲れ果てていた美るくさんを友人が誘いだしてくれたのが落語。行ってみたら話芸のすばらしさと、噺に込められた日本文化や道徳観に引き込まれて寄席に足しげく通うようになります。

そして半年後、運命のときが。女性落語家の三遊亭歌る多さんの落語に出会ったのです。「女性でも落語家になれるんだ!」と発見し、歌る多さんの落語と人柄に魅せられて、何の迷いもなく落語家になろうと決め、会社を辞めて歌る多さんに弟子入りします。そのとき、三遊亭美るくさんは27歳。そこから5年の修業期間を経て、一人前の落語家として認められる「二ツ目」に昇格しています。

美るくさんは、「今、落語の世界に関われていることだけでも、満足だ」と語ります。でも、今やりたいことがあるけれど迷っているという人には「あえて背中を押すことはしなくていいかも」とも。「やりたいことがあるのに転身を迷っているなら、もう少し今やっていることを頑張ってみてもいいのかもしれません。本当にやりたいことがあって時期が来ていれば、迷わず飛び込めるのではないでしょうか。」と美るくさんは言っていました。

美るくさんが義理人情の厚い落語の世界にどっぷりはまれたのは、会社の中で人間関係についていろいろと考えるところがあったから。そう聞くと、決して会社員生活がムダになっているわけではなさそうです。

■三遊亭美るくさん公演情報
http://ameblo.jp/3utmilk/

カフェオーナー・藤田咲子さん

自由が丘で、地元密着型のカフェ「Bloom’s」を運営する藤田さんがカフェを開きたいと一念発起したのは30代になってから。小学校に入る前からお菓子作りが好きで、大人になって建築関係の会社に勤務している間も、知人のカフェにお菓子をおろしたり、お菓子作りを教えたりしていました。しかし、お菓子作りを本業にするには、自分は経歴がたりないと感じて、一歩踏み出すことはできていませんでした。

そんな藤田さんに転機が訪れたのは、夫の仕事の関係で退職し、上京した時。やはりお菓子作りを仕事にしたいと、通信教育でお菓子作りを学びながら、小さなビストロで働き始めたのです。

「学びながら働いていた機関は、本当に毎日が戦いのようでした。朝起きて子どもを保育園に連れて行き、仕事をして、家に帰って勉強をして……。毎日睡眠時間は2,3時間。お休みの日にまとめて寝て、なんとかこなした感じでした。」

その段階では「いつまでにカフェを持とう」と明確なプランを立てていたわけではなかったのですが、藤田さんが遊び感覚で間取り図を見て、将来の店舗像のイメージをふくらませていたときに理想的な居抜き物件を見つけたことから、実際にカフェをオープンさせることになったのです。店舗は建築関係の仕事をしていた経験をいかして自分好みに改装、デコレーションしています。

今、藤田さんは自分が遊び感覚でやっていたことが仕事に繋がっているから、と教室を運営したい人のためのスペース作りを行っています。平行して、カフェのお菓子を、二子玉川や新横浜の百貨店に期間限定で置いてもらう計画も進めています。

藤田さんは言います。「夢を語り合える方たちとのご縁を大切にしていると、ご縁のある方から『百貨店に置いてみない?』などとお声がかかることがあります。いただいたチャンスはいかさなきゃ、と思っています。」

■カフェBloom’s
http://www.jiyugaoka-blooms.com

いかがでしょうか。今やっていることが夢の実現に思わぬ形で役立つことは多い様子。自分がやってきたことは決してムダにはなりません。夢を叶えるには遅すぎると諦める前に、少し行動をしてみたら、人生が変わってしまうかもしれませんね。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

FelixSayaka

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...

次の記事

エシカルファッション実践編! エシカリスタVol.7 INHEELS共同代表 岡田有加さん
好きを仕事にした女性たち 松丸佳穂さん・今尾礼子さん【ethica woman】

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます