村上萌(ライフスタイルプロデューサー・NEXWEEKEND代表)「挫折を味わったからこそ、今の私がある」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
村上萌(ライフスタイルプロデューサー・NEXWEEKEND代表)「挫折を味わったからこそ、今の私がある」

ライフスタイルプロデューサー・NEXWEEKEND代表 村上萌さん Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

フランスで開催されていた地球温暖化対策を話し合う国連の会議「COP21」が閉幕し、発展途上国を含む全ての国々が協調して温室効果ガス削減に取り組む新たな枠組み「パリ協定」が採択されました。

温暖化対策の国際的な枠組みが定められたのは18年前の「京都議定書」以来ですが、当時は先進国のみに温室効果ガスの排出削減を義務付けたもので、発展途上国を含む全ての国々を対象としたのは今回が初めて。世界の温暖化対策はさらに大きな一歩を踏み出したといえるでしょう。

そうした中、横浜市と環境に関する連携協定を締結したことを受けて、先日、イケア・ジャパンは企業のCSR(企業社会責任)担当者やメディアを対象としたイベント「みんなで向きあう気候変動~地球をよくする快適な暮らし~」を開催。UNHCR、横浜市、インフルエンサーの皆さんによるミニシンポジウムが行われました。

「みんなで向きあう気候変動」~ 地球をよくする快適な暮らし ~ COP21に向けたイベントの様子 Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

当日の出席者の1人、村上萌さんはライフスタイルアドバイザーとしてイベントのプロデュースやウェブマガジンを立ち上げるなど今、注目の女性です。

そんな村上さんに「ethica(以下エシカ)」編集長の大谷賢太郎がインタビューしました。

挫折からのスタート

大谷 村上さんは成蹊大学のご出身で、ミスキャンパスにおなりになったこともあるそうですね?

村上 ええ、昔の話ですが。

大谷 現在、「NEXTWEEKEND(以下ネクストウィークエンド)」の編集長をなさっています。大学を出てからどういう経緯で編集長におなりになったのですか?

村上 就職活動はしたのですが、会社には入らなかったんです。リーマンショックがあったりしてうまく行かなくて、2社ほど内定はいただきましたが、自分の中で納得できない部分があって、何かあるだろうと模索しているうちに何もなくて、そのまま大学を卒業してしまいました。それでニートになってしまったんです。

大谷 景気のいい時代だったらうまく行ったのでしょうが、リーマンショックの後はそうじゃなかったですからね。僕は今年42歳なんですけど、僕の人生であそこまで景気が悪くなったのは初めてでした。本当に衝撃的な出来事でした。

村上 それまで自分の中に中途半端な自信があって、自分は何とかなる人だとか、どこか自分にピッタリに会社があるはずだと思っていたんです。それで、4月1日にお友だちがみんな入社式に行っている時に初めて、根拠のない自信を持っていても動かなければ何にもならないということに気がついて、自分が持っているものを改めて見直してみたら、大したものを持っていないことが分かったんです。

大谷 なるほど。つまり、村上さんは挫折からスタートされたわけですね?

村上 ええ、その通りです。それで、自分がやりたいことよりもまず、自分ができることを見つけて、社会に対して私が何をすればお金をもらえるのかと考えて、企画書をたくさん作ったんです。特にジャンルも決めずに、これなら自分ができるという企画を立てて、いろいろなところにプレゼンに行きました。

大谷 それはどのくらいの期間だったのですか?

村上 半年くらいでしたね。でも、ほとんど何の成果もなく、どんなにプレゼンをしても「いいアイデアだけど、君にお願いをする意味は?」とかいわれて、世の中、甘くないんだなということを痛感しましたね。

Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

初めての仕事は4カ月で23万円

大谷 そこでもまた挫折があったわけですね。その頃、どんなアイデアを持っていったのですか?

村上 当時はまだ朝活という言葉はなかったのですが、朝がいいと思って、「これからは朝を楽しむ時代です」みたいな企画書を書いて、JAに持っていったりしたんですよ。朝ごはん何とか委員会を発足して、都内に加盟店を作って、そこにカードを持っていくと朝ごはんが食べられるというような、そんなアイデアをぶつけてみたんですが、結局、野菜ジュースをもらって帰ってくるだけでした。

もし、私がメディアだったり、すごく有名な人だったり、何かシステムを持っていれば全然違ったんでしょうけど、アイデアとしては面白いといわれてもそれだけで終わってしまっていたんですね。

大谷 それでも、まだ諦めずに頑張ったわけですね?

村上 ええ、そうです。やっているうちに、だったら、こういうふうにやってみようとか、メーカーに持っていって一つの商品に落とし込んだらいいのではないかとか、自分の中で具体的な改善案がいくつも見つかってきたんです。

大学生の時、起業している子とか世界一周した子とかいて、私もやればできると思っていました。でも、自分でやってみて初めて、できないことが分かってそこでようやく具体的にやるべきことが見つかったんですよ。それは本当にいい経験で、そこからさらに半年くらいして初めて受注した仕事が4カ月くらいかかって23万円でした。今考えるとすごく安い金額でしたが、すごく嬉しかったですね。

大谷 それはどんな仕事だったんですか?

村上 携帯電話の新機種のプロモーションでした。自分の考えたことがお金になったことがすごく嬉しくて、そこからお金をいただける価値の作り方が何となく分かってきました。

そして、いくつか仕事を積み重ねて企画が通るようになってきた時、プレゼンの最後に、「この部分は私がプロデュースするので、ここはこういうふうにするといいですよ」みたいな提案をするようになって、そのうちにライフスタイルプロデューサーの村上さんですって紹介されるようになって、お仕事をいただくようになってきたのです。

タイミング的にはちょうどSNSが出てきた頃で、自分のやった小さな仕事をまとめてちょっとずつでも書き続けていたら、それが止まらないで次の仕事につながっていったという感じでしたね。

3年前、「ネクストウィークエンド」を立ち上げる

大谷 そうなって初めて、会社を立ち上げようと思ったわけですね?

村上 フリーランスだと規模も小さいし、どうしても限界があります。自分がつねに現場に行かないと仕事ができないということもあります。現場の装飾からPR、片付けまで全部一人でやっていて、これじゃあダメだなということで、最初はアシスタントを探そうと思ったのです。

でも、私はカメラマンとかスタイリストではないので、アシスタントを雇っても、ライフスタイルプロデューサーというのは分かりずらいし、その人は私にはなれません。

だったら、誰にでも再現性のあることを作っていきたいし、それならアシスタントではなくて、ちゃんと会社にしてチームを立ち上げようと思ったのです。

大谷 それが「ネクストウィークエンド」という会社ですね?

村上 ええ、そうです。

大谷 「ネクストウィークエンド」という名前はどこから?

村上 今まで私がやって来たことのコンセプトとして自然に考えていたのは、お客さんが次の週末に手に取りたいって思うにはどうしたらいいか、次の週末に行きたいって思ってもらうにはどうしたらいいかということでした。つねに次の週末というシーンを考えていたのです。

それで、ネクストウィークエンドをプロデュースチーム名にしてウェブサイトを立ち上げました。3年前、2012年の6月でした。

大谷 3年前というと、景気が上向き始めるいいタイミングでしたね。

村上 そうかもしれませんね。それで、そういうウェブサイトなら一緒にやっている子も更新できますし、私以外の子がインタビューに行っても大丈夫だなと考えて、ジャンルとかも限定しないでとにかく走り回りましたね。

ライフスタイルプロデューサー・NEXWEEKEND代表 村上萌さん Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

売上は前年比101%でも長く続けたい

大谷 雑誌の話はどういう経緯でしたか?

村上 ウェブサイトを立ち上げるとすぐ、いろいろな会社さんから「ウチの商品を取り上げてくれませんか?」という問い合わせメールが入り始めました。その中に世界文化社さんのメールがって、あちらから「本にしませんか」と声をかけてくださったのです。ですから、特にこちらから働きかけたということではありません。

大谷 ずっと頑張ってきた甲斐がありましたね。

村上 最初からずっと「次の週末を豊かにする」というコンセプトで、今もいろいろなことをやっています。今スタッフは6人ほどになりましたが、私はそんなに有名にならなくてもいいし、大きくならなくてもいい。前年比101%でいいから一日でも長く続けたいと思っています。

大谷 それはサスティナブル、持続可能性の考え方につながっていきますね。

村上 今年初めて新卒の子も2人採用しました。ゴールは分かりませんが、海賊船みたいに宝島を目指して、少しずつ進んでいけたらいいですね。

大谷 今、村上さんからお話を伺って、挫折から始まっているじゃないですか。村上さんの話は読者にとってためになるし、励みにもなりますね。いい話だなあと思いましたよ。

リーマンショックの話にしても、実は僕もリーマンショックの時が34歳で、35歳までに会社を作りたいと思って、一回会社を辞めているんです。

ところが、リーマンショックで取りやめて、無職になってしまいました。ハローワークに行って大変な状況を知りました。僕の場合はたまたまもう一度サラリーマンに戻って、40歳までには起業しようと思っていたので、次のタイミングが39歳でした。それが2012年で、村上さんと同じ時期に起業しているんですよ。ですから、その当時の状況がよく分かるので、村上さんのお話にはすごく共感できます。

村上 大谷さんも、その挫折感があったから今につながっているんですね。

大谷 ええ、その通りです。自分も34歳までは大手企業にいて、自分なりの自信を持っていました。それが一人になってみて初めて、そう簡単にはできないんだということを改めて知りました。

挫折体験を一番厳しい時期にしたから、それより悪い時期はないですよ。その時に頑張れれば、その後どんなことがあっても耐えられます。

村上 私もどん底を味わったおかげで、希望もそれほどなかったのです。希望を持ちすぎると起業にロマンチックな夢を抱きすぎていたかもしませんけど、淡々とやっていたのがよかったのかもしれませんね。

今は2でもいつかは100につながる

大谷 COPの件をお聞きします。先日、イケアさんのパネルディスカッションに参加されていましたが、環境について何かメッセージがあればお聞かせください。

村上 私は、そんなに偉そうにいえる立場ではありませんが、でも、みんなが私、普段そういうことをあまり考えていないからというふうになっちゃうと意味がないと思うので、小さなことでも自信を持って「レシートは要らないっていってます」とか発言してみたりすることがすごく大切なのではないでしょうか?

この間のパネルディスカッション時にも最後に言いましたが、例えばハッシュタグにして、ちいさなカルチャーというか、そういうことをすることに名前をつけたりできればいいのではないかと思っています。

環境のことって、いいことをしたいとみんな思っているが、そこまで完璧にできているかというと、できていない人が大半じゃないかと思うんですよ。

でも、0か100かじゃなくて、2でも50でもいいから、そういう気持ちを持っている人が、日常の中でその瞬間をどういう言葉でいったらいいかと考えるようになったらいいなと思っているので、私もハッシュタグの提案などをしているのです。これからもそういうことを考えていければいいですね。

大谷 たしかに自分に余裕がないと100は難しいですよね。極端な話、自分自身がご飯を食べるのもままならないような生活だったら、100出せるかといったら出せませんからね。

「エシカ」がコンセプトにしている「私によくて世界にイイ。」というのも、まず私がいい状態にあるという土台が大事で、その土台がしっかりしてから、世界にいいことを始めようという思いも入っています。それが逆になってしまうと潰れちゃって、サスティナブルじゃなくなっちゃいますから。

村上 今ウチの会社にいる子が、履歴書を持ってきた日から、とにかく社会貢献をしたいとそればかりをいう子なんです。私は、その子に会社の中で自分が何をできるか、まずそれを考えなさいといっています。

ウチの会社がやっていることはマイナスなことではなくて、次の週末を豊かにしようといっていて、それに対して、日本の女性の雇用がもっと増えれば、それはそれで社会貢献になりますからね。それをやった上でその経験を生かして、もっと大きなことを考えたらいいんですよ。最初から欲張って100をやろうとしないで、今できることから始めたら、それでいい。向いている方向さえ間違っていなければ、今は2でもいつか100につながっていくんです。

大谷 つまりベクトルですね。ベクトルがいい方向に向いていれば、パワーのかけ方は人によっても状況によっても違ってきますからね。

ライフスタイルプロデューサー・NEXWEEKEND代表 村上萌さん Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

全て手作りの雑誌「ネクストウィークエンド」

大谷 先ほど「ネクストウィークエンド」を拝見しましたが、とても素敵な雑誌ですね。ロゴもイラストも全てが素敵です。

村上 ありがとうございます。外部の力は借りずに、記事も商品情報だけはライターさんにお願いしましたが、それ以外は自分で書いて、写真もほとんど自分で撮りました。この雑誌を出したことによって、私たちのコンセプトがさらに分かりやすくなったのではないかと思っています。

大谷 そこまで行き届いているから、軸がぶれていないというか統一感があるんですね。

村上 言葉とかマニュアルで自分たちらしさを伝えるためには、軸をちゃんとしなくてはダメだなと思って作ったのですが、正直いって不安もありました。ですから、大谷さんにそういっていただくと嬉しいですね。今後は年に2、3回出していきたいと考えています。

大谷 見ていてきれいな雑誌、作り込んだ雑誌って増えたじゃないですか。でも、読み物としては文量が減ってきています。

しかし、だからといって、普通、情報誌というと、情報をたくさん入れることを考えてしまって、あまりきれいな雑誌にはならないんですけど、「ネクストウィークエンド」は、その辺は絶妙なバランスになっていて、ちょっと見ただけで相当苦心しているなということがよく分かりますね。見た目も楽しいが、情報誌としての情報量も盛りだくさん。めくっていて楽しくなるし、写真も本当に素敵です。

村上 ありがとうございます。

大谷 ウェブサイトの内容をここまで紙に落とせたということは、言葉とかマニュアルでは言い表せない、人に真似ができない何か感性のようなものが村上さんには備わっているのではないですかね。

パソコンがこれだけ進化して、誰でもそこそこにできる時代になっています。そうなるとコンピュータではできない、人間ならでの独特な匂いとか感性をいかに出せるかが大事だと思いますね。

村上 紙媒体ができて、説明がしやすくなりました。クライアントさんには自治体も多いのですが、ハッシュタグが3万件超えたといってもなかなか理解していただけません。場合によってはインスタグラムから説明しなければなりませんが、この雑誌は見ていただければすぐに分かりますから。

大谷 やっぱり実際に手に取って触れるというのはいいですよね。

自分が楽しく仕事していれば、社会も世界もよくなる

大谷 最後に、村上さんにとって「私によくて世界にイイ。」とは?

村上 4年前に結婚しました。周りの人は私が仕事を辞めると思っていたようです。主人が転勤の多い人でしたから。最初は淡路島、今は札幌で一時デンマークにもいました。

普通の人ならそれをいいわけに辞めていたかもしれませんが、私は、そのまま仕事を続けて自分ができることを周りの人たちに伝えていきました。そうすることによって女性たちが仕事を諦めずに済むようになって、そういう人たちが増えることで社会全体が明るくなると思ったからです。そうすればみんながハッピーになり、次の週末が楽しみになって事故や事件も減って町もきれいになっていくはずです。

大谷 つまり、村上さんご自身が楽しく仕事をしていることが、世界にもいいこと、社会にもいいことになる。そういうことですね?

村上 ええ、そうだと思っています。

大谷 よく分かります。今日はありがとうございました。これからのご活躍を期待しています。

村上 こちらこそありがとうございました。

ライフスタイルプロデューサー・NEXWEEKEND代表 村上萌さん Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

聞き手:ethica編集長 大谷賢太郎

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

ethica編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【ethica副編集長対談】フィリップ モリス ジャパン・濱中祥子さん(前編)
独自記事 【 2020/3/9 】 Work & Study
2月19日・20日の2日間、パシフィコ横浜で開催された「サステナブル・ブランド国際会議2020横浜」(SB 2020 YOKOHAMA)でのパネルディスカッション「グローバル先進企業に学ぶサステナブル・ビジネスの実践法~課題を乗り越えるための方策とは」にノボ ノルディスク ファーマのサイモン・コリアさん、セールスフォー...
【ethica副編集長対談】フィリップ モリス ジャパン・濱中祥子さん(後編)
独自記事 【 2020/3/9 】 Work & Study
自らは非喫煙者で、フィリップ モリス ジャパンに入社するまでタバコとは全く縁のない人生を送ってきたという濱中祥子さんは今、「煙のない社会」を目指して日々活動されています。 そんな濱中さんは、海外留学されたご経験がおありだそうです。後編ではその頃のことを語っていただきました。 (聞き手:ethica副編集長・萱島礼香)
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
より「自分らしい選択」が、社会をよくしてくれる。エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち(後編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
トップブランドの古着を藍染で蘇らせる”サスティナブル・ブランド” Indigo Love Ecoプロジェクト「BOKUWAKUMA」
独自記事 【 2020/2/10 】 Fashion
鮮やかでありながら深みもあり、様々に表情を変える藍色。 実はこれらの衣服は、本当なら捨てられてしまうかもしれなかった古着です。 ご紹介するのはシャネルやギャルソンの古着を藍染でリメイクする沖縄拠点のブランド「BOKUWAKUMA」。藍で染めることによって新たな命が吹き込まれより愛されるアイテムに蘇らせることで、ファッシ...
人が楽しむことをしたいーー。クリエーティブを仕事にする喜び。/木下舞耶(前編)
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
2019年6月に行われた「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」のセミナーに、一人の日本人女性が登壇した。広告会社でパラリンピックのプロジェクトに携わる木下舞耶さん。パラリンピックという障害者のスポーツの祭典を通じ、人々の意識、社会をも変えるコミュニケーションを標榜する。前編では、木下さんが歩んで来...
広告の祭典「カンヌライオンズ」にて開催されたパラリンピックの対談レポート
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
世界的な広告(クリエイティブ)の祭典「カンヌライオンズ」にて行われた電通の木下舞耶さん、国際パラリンピック委員会(IPC)のチーフ・マーケティング・コミュニケーションズ・オフィサー、クレイグ・スペンスさん、そしてパラリンピック金メダリストのマールー・ファン・ラインさんの対談の様子をレポートします。(記者:エシカちゃん)...
写真家で映画監督の蜷川実花さんがクリエイティヴ・ディレクション「GO Journal」
独自記事 【 2020/1/13 】 Art & Culture
世界中の注目が集まる「世紀の祭典」東京オリンピック・パラリンピックの開催があと半年に迫る中、パラスポーツの興奮とパラアスリートたちの息づかいとそれを取り巻くカルチャーとの交差点を伝えるフリーグラフィックマガジン「GO Journal」の最新号(第4号)が1月22日(水)に発刊されます。 (記者:エシカちゃん)
パラリンピックに懸ける思い【前編】/ 車いすテニス・船水梓緒里さん
独自記事 【 2020/1/6 】 Health & Beauty
車いすテニスを始めてわずか2年で世界国別選手権のジュニアクラス日本代表に選出され、その後2018年8月にはジュニアの世界ランキング1位となった船水梓緒里さん(三菱商事所属)。中学1年生の時、事故で車いす生活を余儀なくされ、人生に絶望しかけていた船水さんを救ったのが車いすテニスでした。 今回は来年の東京パラリンピックでの...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
《第72回カンヌ国際映画祭・最終日》韓国映画初のパルム・ドール受賞で閉幕
独自記事 【 2019/6/10 】 Art & Culture
2019年5月25日、第72回カンヌ国際映画祭の最終日に最高賞のパルム・ドールに輝いたのは、ポン・ジュノ監督の『Parasite(英題)』でした。韓国映画としては、カンヌ史上初の快挙です。『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などで知られるアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ/Alejandro Go...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...

次の記事

国内最大級の参加体験型環境展示会 「エコプロダクツ2015」が明日12日まで開催 ~テーマは「わたしが選ぶクールな未来」~
FM OSAKAの番組「LOVE FLAP」内の「サラヤECO FLAP」コーナーに ethica編集長・大谷賢太郎が出演

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます