MTVがデヴィッド・ボウイさん追悼番組を急遽放送
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
MTVがデヴィッド・ボウイさん追悼番組を急遽放送

© Jimmy King

世界最大級のユース向け音楽&エンターテインメント・チャンネル「MTV」では、10日(現地時間)に亡くなったデヴィッド・ボウイさんを追悼し、通常の番組編成を変更して13日(水)~15日(金)19時30分~20時に歴代のミュージックビデオを集めた「デヴィッド・ボウイ VideoSelects」を、また14日(木)15時~16時にニューヨークのキャピトル・シアターでの97年のライブの模様を収めた「デヴィッド・ボウイ:Live from the 10 spot」(再放送=17日(日)22時~23時)の2番組を急遽放送します。

チャリティーシングル「Dancing In The Street」

ボウイさんは40年にわたるキャリアの中でつねに革新的な音楽を作り続け、世界中のファンを魅了するとともに、多くのミュージシャンに影響を与えてきました。

1985年「ライヴ・エイド」の慈善活動の一環として、ミック・ジャガーとのユニットで「Dancing In The Street」のPVを制作するなどチャリティー活動にも熱心なアーティストとしても知られていました。

*ライヴ・エイド(LIVE AID)とは「1億人の飢餓を救う」というスローガンの下、「アフリカ難民救済」を目的として行われた、20世紀最大のチャリティー・コンサート。

>

音楽はもちろん映像、ファッション、金融など多彩な分野で才能を発揮

また、音楽のみならず映像、アート、ファッションなどの分野においても類まれなる才能を発揮し、例えば、金融分野でもインターネット上の著作権侵害がレコード音楽の収入に影響を与えることを早くから予見していたボウイさんは、アルバムのバックカタログの著作権料(ロイヤルティー)を証券化して97年に5500万ドルの「ボウイ債」を発行。同債は10年後に清算されましたが、その成功を機に、音楽業界はもとよりその他の業界でも同様の債権が発行されるようになりました。

トップミュージシャンが追悼のコメントを発表

ボウイさんは今月8日にニューアルバム「★(ブラックスター)」をリリースしたばかりで、これからの活動に誰もが期待を抱いていました。そのボウイさんの突然の死に対して、

ザ・ローリング・ストーンズ「わが親愛なる友人デヴィッド・ボウイの訃報を知り、ショックで悲しみに包まれている。彼は素晴らしく、優しい人だったと同時に、類まれなアーティストで、本物のオリジナルだった」

ポール・マッカートニー「デヴィッドは偉大なスターで、僕は彼と過ごしたときを大切に思っている。彼の音楽はブリティッシュ・ミュージック史上際めて重要な存在であり、彼が世界中の人々に大きな影響を与えたことを考えると誇らしい」

マドンナ「ショックで悲しい。私の人生を変えた偉大なアーティスト。魂は永遠に生き続ける」

など、さまざまなミュージシャンが追悼のコメントを発表しています。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

清水 一利

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...

次の記事

“人間は何のために生きるのだろう?” 「JR東海」が、8つの地域(愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、長野県、山梨県、京都府、滋賀県)の魅力を発信!
福岡市が主催する「ときめきプロジェクト」素敵ですネ。

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます