佐賀県庁が新しい有田焼の物語を綴るプロジェクト「ARITA EPISODE 2」
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
佐賀県庁が新しい有田焼の物語を綴るプロジェクト「ARITA EPISODE 2」

「江戸切子」×「伊万里・有田焼」のコラボレーション 『EDONABE』 Shippo-mon・Asanoha-monカップ&ソーサー 写真提供:佐賀県庁

日本で初めての磁器として、日本はもちろん世界でも大いに注目されている「有田焼」が誕生して今年でちょうど400年。その記念すべき節目の年に、佐賀県では新しい有田焼の物語を綴るプロジェクト「ARITA EPISODE 2」を策定、全17のプロジェクトを通じて、次の100年に向けた新たな第一歩を踏み出しています。

3つの領域で全17プロジェクトを展開

全17のプロジェクトは「海外および国内の市場開拓」「人材育成や技術革新等の産業基盤整備」「国内外への情報発信」の3つの領域を柱に展開されます。

例えば、「海外および国内の市場開拓」では、フランス・パリで開催された世界最大規模のインテリア&デザインの見本市「メゾン・エ・オブジェ」への出展を通じ欧州市場から世界に向けて新しい「ARITA」を提案しました。

「人材育成や技術革新等の産業基盤整備」では、山辺田遺跡の学術発掘調査を実施し、有田焼の歴史的・学術的価値を再検証。その結果を通して有田焼のアイデンティティを深掘りし、世界に向けてアピールしていきます。

フランス・パリで開催されたインテリア&デザインの見本市「メゾン・エ・オブジェ」

さらに、「国内外への情報発信」では、「クラウドファンディング活用プロジェクト」を推進、産地事業者が取り組むプロジェクトをシームレスにウェブ上で発信し、国内外の「ARITA」ファンの掘り起こしと持続的なイノベーション推進の仕組みを築いていくとしています。

また、有田焼のリブランディングを目指す「ARITA Revitalization」プロジェクトでは、6月1日~3日、東京ビッグサイトで甲斐される「インテリアライフスタイル展」への出展を予定しています。

「本場大島紬」×「伊万里・有田焼」のコラボレーション 『紬挽(つむびく)』 左:天衣<AMA-GOROMO> / 右:常盤木<TOKIWAGI> 写真提供:佐賀県庁

有田焼発展の灯をさらに灯し続けたい

グループリーダーとして今回の「ARITA EPISODE 2」を取りまとめてきた佐賀県庁有田焼創業400年事業推進グループリーダーの志岐宣幸さんは、

「有田焼はこれまで400年の間、幾多の困難や壁に直面しながらも、先人たちが磨き続けてきた技と美、熱い想い、そして豊かな風土に支えられて発展し続けてきました。現在、売上高の減少などさまざまな問題はありますが、産地の事業者の皆さんは世界中の人々に愛される『ARITA』を目指して、真摯なモノづくりとさまざまなチャレンジに取り組んでいます。プロジェクトを推進する私たちは、こうした産地事業者の方々に寄り添い、支えとなり、時には背中を押したり叱咤激励することで、有田焼に磨きをかけ、その魅力を世界中に発信することで、発展の灯を灯し続けていきたいと思っています」

と、メッセージを送っています。

佐賀県庁 有田焼創業400事業推進グループリーダー 志岐宣幸 氏

今後も、佐賀県の 有田焼創業400年事業「ARITA EPISODE 2」をフィーチャー

エシカでは、これまで行政や民間の「芸術や文化活動」などにいち早く注目、エシカのコンセプト「モノ作りへの想い」や「先人の知恵や無形資産にも目を向けよう。」「サスティナブルな社会を考えていこう。」に添って、その魅力を伝えてきました。

また、今年、佐賀県庁が打ち出した「ARITA EPISODE 2」は、エシカがシリーズ展開する「伝統継承Inovater」、「ReDiscover Japan」にも合致しており、今後も佐賀県に注目し、その動向をフィーチャーしていきたいと考えています。

エシカから読者へのメッセージ

モノ作りへの想い
想いを込めて作ったモノにはストーリーが生まれてきます。逆にいえば、ストーリーのあるモノはヒトが想いを込めて作ったモノともいえます。作り手に対する感謝の気持ちを馳せよう。きっとモノへの愛着も高まるはず。

先人の知恵や無形資産にも目を向けよう。
インターネットを通して誰もが繋がれる仕組み、溢れる情報の数々、そして、物質的には便利で豊かな現代社会。それ故に、これまで日本が大事してきた絆、倫理・道徳観、和の精神、自然との調和、伝統文化・技術を見逃してしまいがち。先人の本質的な知恵や無形資産にも目を向けよう。

サスティナブルな社会を考えていこう。
モノ・コト・ヒトが世界に行き交う現代社会。“「和(やわらぎ)を以て貴しと為し、忤(さか)ふること無きを宗とせよ。」”の精神が試される時代です。日本にとっても世界にとってもサスティナブルな社会を考えていこう。

ーー“ethica” Movie Recommendationーー

関連映像

・ARITA EPISODE 1(1616-)
・ARITA EPISODE2 -Professional Use Project vol.1 –

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

「第19回環境コミュニケーション大賞」でサラヤの「持続可能性レポート2015」が「環境報告書部門優良賞(第19回環境コミュニケーション大賞審査委員長賞)」を受賞
“京の野菜はなぜ美味しいのでしょう?”

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます