企画展「デジタルメディアと日本のグラフィックデザイン その過去と未来」開催
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
企画展「デジタルメディアと日本のグラフィックデザイン その過去と未来」開催

東京ミッドタウン・デザインハブでは、第55回企画展「デジタルメディアと日本のグラフィックデザイン その過去と未来」を1月29日~2月14日、東京ミッドタウンで開催します。

過去から未来へ「デジタルメディア」と「グラフィッ クデザイン」の関係を振り返る

この展覧会は、計算を主な技法としたグラフィックス、インターネットなどのデジタル環境を活動の場としたデジタルメディア作品で構成されるもの。そこでは現在までのコンピュータとグラフィックデザインの関係を、プレデジタルメディアの時代(70年代以前)、CGの時代(80年代)、マルチメディアの時代(90年代)、ウェブ広告の時代(00年代)に分け、コンピュータを道具ではなく環境、あるいは素材として制作された先駆的な作品を集めて紹介します。

また同時に、人工知能の発達が爆発的に伸び予測不可能になるといわれている未来モデルの限界点、シンギュラリティの時代(2045年以降)を近未来ととらえ、コンピュータと人間の将来を見据えた作品や研究も紹介します。

プレデジタルメディアの時代(70年代以前)
エンジニアやアーティストがみつけた計算のかたち

CGの時代(80年代)
コンピュータでしか描くことのできない絵や映像の発明

マルチメディアの時代(90年代)
パーソナルコンピュータがつくったインディペンデント・メディア

ウェブ広告の時代(00年代)
ネットとリアルを往来した広告の冒険

シンギュラリティの時代(2045年以降)
人工知能の発達によって予測不可能になるといわれている未来モデル

デジタルメディアと日本のグラフィックデザイン展によせて(JAGDAインターネット委員会)

1960年代中ごろ、日本のコンピュータ・グラフィック表現が産声を上げました。それは同時に、コンピュータとデザインにまつわるさま ざまなものごとを考えはじめたときでもありました。そこから半世紀を経た2016年初頭、私たちはもう一度グラフィックデザインとコン ピュータについて考えてみようと思います。 指を折って数えることをデジットといいます。説明するまでもないデジタルの語源です。数えることは、無段階の音を音階にわけていくよ うな、無数の色に名前をつけていくような、そういった創造のはじまりでもあります。コンピュータは私たちにデザインする手足ではなく、 デザインを考えるチャンスを与えてくれました。「今」や「ここ」ではない彼方から、再び数えることの旅をはじめたいと思います。

展示作品確認風景(多摩美術大学美術館) :川野 洋《情報レリーフ》

展示作品確認風景(多摩美術大学美術館) :川野 洋《Simulated color mosaic》1969

企画概要

名 称:東京ミッドタウン・デザインハブ第55回企画展 「デジタルメディアと日本のグラフィックデザイン その過去と未来」

英文名称:Tokyo Midtown Design Hub 55th Exhibition: Digital Media and Japanese Graphic Design ‒Its Past and Future

会 期:2016年1月29日(金)~2月14日(日)11:00‒19:00 会期中無休・入場無料

会 場:東京ミッドタウン・デザインハブ (東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F)

主 催:東京ミッドタウン・デザインハブ

企画運営:公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)

内容・構成

日本のグラフィックデザインとデジタルメディアの変革を年表に し、各年代の代表作品をパネル、モニター、実物で展示します。 また、核となる出品作家のインタビュー映像も上映します。テクノロ ジーの進化によって変化してきた、さまざまなデバイスもあわせて ご覧いただけます。シンポジウムでは、デジタルメディアとグラフィッ クデザインの関係について振り返りながら、シンギュラリティの時 代にデザインはどうなっていくか、未来について考えていきます。

展示作品

JAGDAインターネット委員会で選出した、個人・企業・美術館所 蔵作品

インタビュー映像

幸村真佐男、田中良治、東泉一郎、藤幡正樹、暦本純一 (敬称略・五十音順)

作品作家

荒木経惟、出原栄一、imaginative inc.、エキソニモ、金子國義、 川野 洋、川村真司、久保田晃弘(ARTSATプロジェクト)、 グレッグ・ベア、幸村真佐男(CTG)、ジョン前田、下村千早、 庄野晴彦、田中一光、田中耕一郎、田中良治、勅使河原一雅、 永原康史、中村至男、中村勇吾、西村佳哲(センソリウム)、林 智彦、原田大三郎、東泉一郎、P-House、藤幡正樹、 藤本由紀夫、松本弦人、矢島文夫、RADICAL TV、るじるし、 暦本純一、脇田 玲 ほか予定(敬称略・五十音順)

ーーBackstage from “ethica”ーー

インターネットを通して誰もが繋がれる仕組み、溢れる情報の数々。モノ・コト・ヒトが世界に行き交う現代社会にあって、ethicaのスタンスは「十分議論していこう」ということ。

たしかにデジタルは便利なツールですが、何も最先端のデジタルが必ずしも素晴らしいというわけではありません。そこには十分な議論が必要です。デジタル偏重の今だからこそ、改めて、日本のコンピュータ・グラフィックの発祥や歴史を学んだ上で、デジタル環境に向き合ってみてはいかがでしょうか?(ethica編集長:大谷賢太郎)

記者 清水 一利(しみずかずとし)
1955年千葉県市川市生まれ。明治大学文学部(史学地理学科日本史専攻)を卒業後、1979年、株式会社電通PRセンター(現・株式会社電通パブリックリレーションズ)に入社。クライアント各社のパブリシティ業務、PRイベントの企画・運営などに携わる。1986年、同社退社後、1987年、編集プロダクション・フリークスを主宰。新聞、雑誌(週刊誌・月刊誌)およびPR誌・一般書籍の企画・取材・執筆活動に従事。2012年「フラガール3.11~つながる絆」(講談社)、2013年「SOS!500人を救え~3.11石巻市立病院の5日間」(三一書房)を刊行。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

清水 一利

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

今年は世界に誇る日本の磁器「有田焼」が誕生して400年。
映画「LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版」全国公開記念ライブを六本木で開催 〜黒猫チェルシーの渡辺大知さんがゲスト出演〜

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます