オリジナル健康飲料「生ローヤルゼリードリンク」新発売
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
オリジナル健康飲料「生ローヤルゼリードリンク」新発売

らでぃっしゅぼーやでは、このほどオリジナル健康飲料「生ローヤルゼリードリンク」(10本入り・3800円+税)を新発売しました。

生ローヤルゼリーをそのまま配合

2014年から健康にかかわる商品に力を入れているらでぃっしゅぼーやは、サプリメント開発などを積極的に進めています。その中で、この健康飲料はローヤルゼリーを無加工のまま配合し、「ニンジン」「ナツメ」「ナルコユリ」「トウガラシ」「ケイヒ」 「霊芝(レイシ)」「シソ葉」「杜仲葉」「ハトムギ」「イチョウ葉」の10種類の東洋のハーブエキスを配合、りんご果汁がベースのさっぱりとした飲みやすい味わいに仕上がっています。

通常の場合、ローヤルゼリー配合のドリンクは加工しやすくするために、乾燥もしくは調整したローヤルゼリーを使うことが一般的になっていますが、この商品は乾燥や調整をしていない生ローヤルゼリーを配合していることが大きな特徴です。
ローヤルゼリーは働きバチが食べた花粉を体内で分解し、栄養成分に合成した分泌物で、3大栄養素であるタンパク質・糖質・脂質をはじめとして各種ビタミン、ミネラルをバランスよく含み、滋養に富んでいることでよく知られています。
女王蜂は生まれたときからローヤルゼリーだけを食べて育ち、体長は働きバチの約2~3倍、寿命は約40倍であり、日々1,500個ちかくの卵を産むそうです。ローヤルゼリーは健康や美容の分野で現在も研究が進んでいます。
また、ローヤルゼリーの分量は1本に1,800mgと高配合。さらに産地にもこだわり、 3,000m級の高原地帯の公害の影響や農薬使用のない環境で採取されたもののみを使用しています。

男女を問わず、疲労感”や“免疫力”といった未病の改善など健康維持にも強い関心を持っている人への健康サポート飲料としておすすめの商品といえるでしょう。

日本の食料自給率を上げるためのプロジェクト「フードアクションニッポン」を応援

らでぃっしゅぼーやは1988年、有機・低農薬野菜の個別宅配事業からスタートしました。
「安心・安全であること」「環境に負荷をかけない」などの理念から商品すべてに独自の取り扱い基準を設けている他、消費者のライフスタイルの変化に合わせ、商品の拡充やサービスを広げており、ネット通販では非会員の人でも購入が可能となっています。
また、日本の食料自給率を上げるため国、地方公共団体、賛同企業や大学、および個人会員などが協同で行っているプロジェクト「フードアクションニッポン」を応援し、プロジェクト設立初年度(2009年)に自給率UPに貢献している事業として優秀賞を受賞しました。
さらに2014年には、旬野菜の詰め合わせ定期セット「ぱれっと」の販売方法が生産者と購入者の安定的な関係性の構築をもたらし、国内自給率の向上にも貢献しているという点で評価され、優秀賞を受賞しました。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

「MJイラストレーションズブック2016」刊行
ヤマハミュージックジャパンが文化放送「楽器楽園」内のコーナー「みゅ~ぱら」のWeb配信ページを公開中

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます