セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンがFacebookファン数10万人突破を記念しプレゼントキャンペーンを実施
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンがFacebookファン数10万人突破を記念しプレゼントキャンペーンを実施

Save the Children

86年の設立以来、子ども支援専門の国際NGOとして活動している公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンでは2月8日までの期間中プレゼントキャンペーンを行っています。

寄付付き商品について多くの人に知ってもらいたい

このキャンペーンは昨年12月に公式Facebookページにおいて、ファン数が10万人を突破したことを記念し、ファンへの日頃の感謝の気持ちを込め、活動を支えている支援企業の協賛を得て実施しているもの。寄付付き商品についても多くの人に知ってもらうことを目的としています。

ちなみに、寄付付き商品とは企業が販売する商品の売り上げの一部を寄付することで、企業だけではなく、消費者もその商品を購入することが社会貢献につながるという、コーズ・リレーテッド・マーケティング(CRM)と呼ばれる手法の一種です。

キャンペーンはFacebookページで、セーブ・ザ・チルドレンにまつわるクイズにコメントで答えてくれた人の中から抽選で当選者を決定し、通常はセーブ・ザ・チルドレンの子ども支援活動への寄付付き商品として販売されている以下の商品のうちいずれかを26人にプレゼントします。

【A】カシウエアの「ベビータオル2枚組 for SCJ」(5人)

【B】銀座日新堂の「セーブ・ザ・チルドレン腕時計」(5人)

【C】サラヤの無添加せっけん&天然ハーブの「arau.シリーズセット」(10人)

【D】ストライダーの「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン モデル」(1人)

【E】タリーズコーヒーの「タリーズジップス シングルサーブデカフェ エチオピアモカ」(5人)

支援企業の1社、サラヤは

「弊社は商品と社会をつなげることを意識していますので、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンさんにも、アラウというベビー商品の売り上げで活動をサポートしています。
もう10年以上のお付き合いですし、もともと日本にセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンさんを誘致する際に活動母体となった青年会議所の会頭を弊社の社長が務めていたこともあり、関係は深いですね」

とコメントしています。

多くの人に応援してもらえるページを展開中

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンのFacebookは2011年3月にページを開設して以来、支援者やファンとのコミュニケーションを通じて、世界で子どもの権利を実現するという活動のミッション・ビジョンを共有。また、紛争の犠牲になっているシリアやガザの子どもたちのための署名活動や子どもの命を守るためのシェア募金キャンペーンなどによって、ファンも支援に参加できる取り組みなども実施し、多くの人に応援してもらえるページとなっています。

まだ見たことのない人は、一度ページを覗いてみてはどうでしょう?

参加方法はこちらから
http://www.savechildren.or.jp/lp/2016fb/

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

「グラン マルニエ」のフェアを2月1日(月)まで伊勢丹新宿店地下1階 グランド カーヴ内で開催 エシカが贈るバレンタイン・インフォメーション <VOL.2>
ノンアルコール・スパークリングワイン「デュク・ドゥ・モンターニュ」 エシカが贈るバレンタイン・インフォメーション <VOL.3>

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます