映画「LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版」公開舞台挨拶に主演の石井杏奈さんらが参加
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
映画「LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版」公開舞台挨拶に主演の石井杏奈さんらが参加

映画「LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと劇場版」が1月23日からシアター・イメージフォーラムで公開され、当日の舞台挨拶に主演の石井杏奈さん(E-girls)、渡辺大知さん(黒猫チェルシー)、監督を務めた井上剛さんらが参加しました。

この映画は震災の影響でバラバラになった同級生たちが4年ぶりに再会し、福島の立ち入り制限区域内の母校に埋めたタイムカプセルを掘り起こしに行くロードムービー。昨年3月にNHKで全国放送された特集ドラマを26分追加し、兵庫、福島の県域において限定的に放映されたものを再編集したバージョンとなっています。

「作品の中に出てくる、たくさんの心にしみた言葉たちに注目を」

公演初日を迎えた喜びを石井さんは

「劇場公開ができることになり、たくさんの方にこの作品を観ていただけることが嬉しいです。ドラマ版とは違うので、ぜひ多くの方に見ていただきたいです」

と語り、映画の中で注目してほしいところについては、

「この作品の中にたくさんの言葉が出てきます。自分でその言葉と触れ合って心にすごくしみた言葉たちです。ぜひそんな言葉に注目してほしいなと思います。あと、私自身が学生で、こういう現実を知らずにずっといたので、今の福島や神戸と面と向かって向き合うことができた作品です。多くの人にこういう想いになってほしいなと思います。観た後にたくさんの方に紹介してほしいなと思います」

とコメントしました。

また、神戸の高校に勤める教師を演じた、自身も神戸出身の渡辺さんが、

「撮影中から、この映画は絶対に劇場公開したいという想いで作っていました。昨年放映したドラマ版では見せきれなかったところが映画版ではたくさん入っているので、ぜひ楽しんでください」

と出演の想いを語ると、場内は大歓声に包まれました。

作品はシアター・イメージフォーラムの他、全国で順次公開中です。

映画『LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版』2016年1月23日(土)より、シアター・イメージフォーラム他全国順次公開決定!

監督:井上剛|脚本:一色伸幸|音楽:大友良英、Sachiko M
出演:石井杏奈、渡辺大知、木下百花、柾木玲弥、前田航基
津田寛治、二階堂和美、皆川猿時、ともさかりえ、南果歩、中村獅童
制作・著作:NHK|協力:NHKエンタープライズ|配給:トランスフォーマー|宣伝:ザジフィルムズ
(C)2015 NHK

公式サイト:http://livelovesing-movie.com/

 

主演:石井杏奈さんの記事はこちらから

<ethica編集長対談> 石井杏奈(E-girls)「今を生きることの大切さ、生きている喜びを感じてほしい映画です」

「パフォーマンスというお仕事を通して、世界中に笑顔を届ける。それこそ”私によくて世界にイイ。”ことだと思いますね」 Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

~私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)
http://www.ethica.jp/

清水 一利

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
自分の体験を、自分の言葉で伝えていきたい 【三原勇希・後編】
sponsored 【 2018/7/31 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さんに、ethica編集長・大谷がインタビュー。前編では三原さんの生い立ちや性格についてうかがいました。後編では、引き続きラジオDJのお話や、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを視察したボルネオ...

次の記事

琳派400年記念「京に生きる 琳派の美」を日本橋・高島屋で開催
日経リサーチが2016年版「環境経営度調査」の結果を発表

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます