映画「LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版」公開舞台挨拶に主演の石井杏奈さんらが参加
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
映画「LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版」公開舞台挨拶に主演の石井杏奈さんらが参加

映画「LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと劇場版」が1月23日からシアター・イメージフォーラムで公開され、当日の舞台挨拶に主演の石井杏奈さん(E-girls)、渡辺大知さん(黒猫チェルシー)、監督を務めた井上剛さんらが参加しました。

この映画は震災の影響でバラバラになった同級生たちが4年ぶりに再会し、福島の立ち入り制限区域内の母校に埋めたタイムカプセルを掘り起こしに行くロードムービー。昨年3月にNHKで全国放送された特集ドラマを26分追加し、兵庫、福島の県域において限定的に放映されたものを再編集したバージョンとなっています。

「作品の中に出てくる、たくさんの心にしみた言葉たちに注目を」

公演初日を迎えた喜びを石井さんは

「劇場公開ができることになり、たくさんの方にこの作品を観ていただけることが嬉しいです。ドラマ版とは違うので、ぜひ多くの方に見ていただきたいです」

と語り、映画の中で注目してほしいところについては、

「この作品の中にたくさんの言葉が出てきます。自分でその言葉と触れ合って心にすごくしみた言葉たちです。ぜひそんな言葉に注目してほしいなと思います。あと、私自身が学生で、こういう現実を知らずにずっといたので、今の福島や神戸と面と向かって向き合うことができた作品です。多くの人にこういう想いになってほしいなと思います。観た後にたくさんの方に紹介してほしいなと思います」

とコメントしました。

また、神戸の高校に勤める教師を演じた、自身も神戸出身の渡辺さんが、

「撮影中から、この映画は絶対に劇場公開したいという想いで作っていました。昨年放映したドラマ版では見せきれなかったところが映画版ではたくさん入っているので、ぜひ楽しんでください」

と出演の想いを語ると、場内は大歓声に包まれました。

作品はシアター・イメージフォーラムの他、全国で順次公開中です。

映画『LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと 劇場版』2016年1月23日(土)より、シアター・イメージフォーラム他全国順次公開決定!

監督:井上剛|脚本:一色伸幸|音楽:大友良英、Sachiko M
出演:石井杏奈、渡辺大知、木下百花、柾木玲弥、前田航基
津田寛治、二階堂和美、皆川猿時、ともさかりえ、南果歩、中村獅童
制作・著作:NHK|協力:NHKエンタープライズ|配給:トランスフォーマー|宣伝:ザジフィルムズ
(C)2015 NHK

公式サイト:http://livelovesing-movie.com/

 

主演:石井杏奈さんの記事はこちらから

<ethica編集長対談> 石井杏奈(E-girls)「今を生きることの大切さ、生きている喜びを感じてほしい映画です」

「パフォーマンスというお仕事を通して、世界中に笑顔を届ける。それこそ”私によくて世界にイイ。”ことだと思いますね」 Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

~私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)
http://www.ethica.jp/

清水 一利

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

琳派400年記念「京に生きる 琳派の美」を日本橋・高島屋で開催
日経リサーチが2016年版「環境経営度調査」の結果を発表

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます