今年は「私によくて、上司にイイ。」バレンタインデーギフトを贈りましょう! 「明治屋」と「ethica(エシカ)」が店頭コラボーレーション!
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
今年は「私によくて、上司にイイ。」バレンタインデーギフトを贈りましょう!

明治屋広尾ストアー レジコーナーの様子

今回の企画は、今年のバレンタインデーには、いわゆる本命の相手ではないけれど、義理チョコでは申し訳ないという、そんな本命未満・義理チョコ以上のあの人に、義理チョコ

の代わりにしゃれの利いたギフトとして「義理カン(=おいしい缶詰※)を贈ろう」という明治屋の提案キャンペーンに賛同して実施するものです。

※「おいしい缶詰」=素材と製法にこだわった、お酒にも白いご飯にもよく合うちょっと贅沢なグルメ缶詰。明治屋が2014年2月から発売しています。

「他の人のようにただ単に義理チョコを贈るのではなく、こだわりの『義理カン』を選ぶことで、贈り手のセンスが相手に伝わり、『仕事ができる女性』『気の利いた女性』と思ってもらえる効果が期待できる(=私にイイ。)」

「甘いものが苦手な上司にとって、チョコレートをもらうよりも嬉しい(=上司にイイ。)」

まさにエシカのコンセプトである「私によくて、世界にイイ。」をより身近に感じさせる「私によくて、上司にイイ。」バレンタインデーギフトであると位置づけ、今回のコラボレーションが実現しました。

「おいしい缶詰」のコンセプト

「おいしい缶詰」は素材や製法、おいしさにこだわった、ちょっと贅沢な“READY TO EAT”のグルメ缶詰です。もちろん具材だけでなく、料理に使ってもおいしく食べられるよう味付けにもこだわりました。主役の具材だけではなく、脇役のソースや香味油はパンにつけたり、ドレッシングや炒めものの香り付けにもお使いいただけるなど、一缶まるごとおいしくお召し上がりいただけます。

自宅でゆったりお酒を楽しみたい時のおつまみとして、また、ちょっと食卓が物足りない時のおかずの一品として「おいしい缶詰」は大切な人の晩酌や食卓を豊かにしてくれる、おすすめの逸品です。

例えば、最近ワインに凝っている上司には「広島県産炙りかき」「国産炙りいか軟骨」「国産鶏の炭火焼き(にんにく味噌味)」の「大人飲みセット」を。きっと大喜びするはずです。

~私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)
http://www.ethica.jp/

ethica編集部

国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポット
独自記事 【 2017/4/24 】 Art & Culture
銀座松坂屋の跡地に4月20日(木)、全9フロア241店舗が出店するエリア最大規模の商業施設「GINZA SIX」がオープンしました。注目のファッションブランドの出店は言うに及ばず、国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポットを紹介します。
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

「マダムキキのチョコレート工場」がリニューアルオープン、現代美術家・名和晃平さんのドローイング作品がファサードとして復活 エシカが贈るバレンタイン・インフォメーション <VOL.6>
MTVで10年ぶりの来日を記念したマドンナの特別2番組を放映

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます