私によくて、世界にイイ。フラワーバレンタインはいかが? バレンタインデーは「男性から女性に花を贈る日」 「アフリカの花屋」が「フラワーバレンタイン」を提案
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
私によくて、世界にイイ。フラワーバレンタインはいかが?

2月14日はバレンタインデー。その起源は古代ローマ時代のイタリアにあるとされ、結婚や恋人の守護聖人として信仰された聖バレンタインが殉職した日が2月14日であったことから、それがやがて恋人たちの日として定着するようになったともいわれています。

日本では「女性が男性にチョコレートを贈って愛を告白する日」として広まりましたが、イタリアをはじめとした世界各国では恋人同士・夫婦同士が愛を深める日。特にイタリアでは、バレンタインデーには「情熱」を意味する赤いバラを愛する人に贈ってストレートに想いを伝える人が多いのだそうです。

ケニアのバラ農園から生花のバラを輸入し、東京・広尾の直営店で店頭販売するとともにインターネットを通じて全国で販売している「アフリカの花屋」では「フラワーバレンタイン」を提案しています。

これは、日本でも、女性が男性へとっておきのチョコレートを贈る気持ちと同じように、「男性から女性に花を贈る2月14日」を広めて、そこから新しい物語がいくつも生まれ、LOVEにあふれた心温かな一日にしようというもの。

「アフリカの花屋」ではバレンタイン発祥の地イタリアを代表する自動車メーカー「アルファロメオ」とコラボし、イタリア流に赤いバラを贈ることを提唱しています。

恋人や夫から花を贈られて喜ばない女性はいないはずです。日本でも、バレンタインデーが男性から女性に花を贈る日として定着するといいですね。

エシカ×明治屋「私によくて、上司にイイ。」バレンタイン企画にもコラボ

また、明治屋ストアー広尾店からほど近い場所で店舗展開している「アフリカの花屋」では、エシカと明治屋が2月6日(土)から14日(日)まで全国27店舗の明治屋ストアーで展開している「私によくて、上司にイイ。」バレンタイン企画ともコラボしています。

期間中、「アフリカの花屋」では店頭で明治屋のグルメ缶詰「おいしい缶詰(※)」を訴求するとともに、「ethica(エシカ)」オリジナルのバレンタイン限定しおりを明治屋京橋・広尾ストアーと同様に先着100名に配布しています。

※「おいしい缶詰」=素材と製法にこだわった、お酒にもご飯にもよく合うちょっと贅沢なグルメ缶詰。明治屋が2014年2月から発売しています。

エシカでは、2014年1月8日号でアフリカの大地とエネルギーが育んだ色鮮やかな大輪の薔薇を輸入販売しているソーシャルアントレプレナー、萩生田愛(はぎうだめぐみ)さんをいち早く紹介。2015年10月1日に、広尾5丁目に1号店をオープンし、「普通のバラより、生命力が強く、長い間お花の元気が良い。」「通常のバラより、茎が太く2倍長持ち。」「お花の彩りやグラデーションが鮮やか!」と数多くのテレビ情報番組に取り上げられるなど話題のフラワーショップです。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポット
独自記事 【 2017/4/24 】 Art & Culture
銀座松坂屋の跡地に4月20日(木)、全9フロア241店舗が出店するエリア最大規模の商業施設「GINZA SIX」がオープンしました。注目のファッションブランドの出店は言うに及ばず、国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポットを紹介します。
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

MTVで10年ぶりの来日を記念したマドンナの特別2番組を放映
デンマークのチョコレートブランド「サマーバード オーガニック」が南青山にチョコレートブティックをオープン エシカが贈るバレンタイン・インフォメーション <VOL.7>

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます