セイコーウオッチがインスタグラム キャンペーン「アニエスベーの腕時計と過ごす愛しの時間」を3月15日まで実施 エシカが贈るバレンタイン・インフォメーション <VOL.8>
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
セイコーウオッチがインスタグラム キャンペーン「アニエスベーの腕時計と過ごす愛しの時間」を3月15日まで実施

セイコーウオッチはバレンタインデー・ホワイトデーシーズンに向けて「about love(アバウト ラブ)」をテーマに、アニエスベーの腕時計を愛用している人を対象に、腕時計を交えた愛溢れる時間を表現した写真を募集するインスタグラム キャンペーン「アニエスベーの腕時計と過ごす愛しの時間」を3月15日まで実施しています。

応募方法は、

・Instagramのagnès b. MONTRES(アニエスベー ウオッチ)の公式アカウント(@agnesb_montres)をフォロー。

・「アニエスベーの腕時計と過ごす愛しの時間」をテーマに、アニエスベーの腕時計を撮影した魅力的な写真を投稿。(腕時計がクローズアップされている必要はありませんが、アニエスベーの時計とわかることが条件となります。)

・「#アニエスベー愛しの時間」 または 「#agnesbaboutlove」いずれかの ハッシュタグ を必ずつけて投稿してください。

優秀賞(2名)にはアニエスベーの新作ウオッチが、さらに抽選で20名にアニエスベーのオリジナルネックレス(男女兼用)がプレゼントされます。

アニエスベーはフランス生まれの、都会的センスあふれるファッション・ブランド。男性はホワイトデーに女性へのお返しに贈ったら喜ばれるのでは? あるいは女性は彼氏におねだりしてみては?

東日本大震災からの復興を支援する活動を展開中

東日本大震災が発生してまもなく5年。セイコーホールディングス(株)にとって、2011年は創業130年の節目の年にあたり、さまざまな記念イベントを予定していました。

しかし、震災の発生によりイベントをすべて取り止め、震災から3年間で130件以上の復興支援活動を実施する「Seiko 130 Actions」を展開しました。それは津波で流された写真の洗浄作業、募金活動などであり、会社としての取り組みだけでなく、有志のグループ・個人で行うアクションを積み重ねた結果、活動は3年間で合計138件になりました。

「Seiko 130 Actions」は2014年3月10日で終了しましたが、その後は、支援活動の「輪」、将来への希望や思いをつなぐ「輪」、一丸となって復興に取り組む調和の「和」など、“わ”の絆を広げていく活動として「”わ”で奏でる東日本応援コンサート」など心と心をつなぎ、東日本大震災からの復興を支援する活動を継続して行っています。

今年3月11日(金)には、東京・文京シビックホールにて、「“わ”で奏でる東日本応援コンサート in 東京」を開催します。セイコーは「時代とハートを動かす」というグループスローガンの思いのもと、一人ひとりの心とより深く響きあえる関係を創造したいと願い、心を豊かに満たす音楽の力を通して支援の輪を広げ、活動を継続していきたいと考えています。

『昨年の"わ"で奏でる東日本応援コンサート 2015 in 東京の様子』 写真提供:セイコーホールディングス株式会社

~私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)
http://www.ethica.jp/

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

政府が文化庁の京都移転の方針を明らかに
“食在東北(食は東北に在り)”

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます