遠近由美子さん(後編):お仕事を頑張ったあとに、自分へのプチご褒美ではじめたハーブティーがライフワークにつながった。 キレイにがんばる、ワタシにコダワリのご褒美! 美活スタイル応援計画VOL.1 提供:Doleグミ・キャンディ
sponsored
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
遠近由美子さん(後編):お仕事を頑張ったあとに、自分へのプチご褒美ではじめたハーブティーがライフワークにつながった。

ラジオDJとして活動しながら、ご自身で経営されているカフェ&ダイニング「スコッチバンク渋谷」のスタッフさん Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

前編につづき、ラジオDJとして活動しながら、株式会社Hearts easeの代表としてカフェ経営や店舗プロデュース、自身のティーブランド「TOCHICA」を立ち上げるなど、多彩な才能を発揮する遠近由美子さん。
忙しい毎日をいつも美しく元気よく健康的に過ごしている、そんな遠近さんに、後編では、「ハーブティー」や「行列ができるパンケーキが話題のお店、スコッチバンク渋谷」のお話を伺いました。

ハーブティーのスペシャリストとしても活躍中

ハーブティーのスペシャリストとしてもお仕事をさせていただいています。
祖母が茶道の先生だったこともあり、子どもの頃から抹茶と接する機会も多く日本茶ばかり飲んで育ちました。両親が「甘いものは与えない」という子育て方針で、そのまま甘いものが苦手な大人になってしまった私は、日本茶以外の飲み物といえば、紅茶か中国茶、そしてそのまま年頃になり、ちょっとオシャレな“お茶以外の飲み物”として興味を持ち始めたのがハーブティーです。
そして、今から7、8年前にハーブの資格があることを知り、趣味をしっかり勉強してみようかなと思いました。

この頃には、ラジオDJとして自分の番組をいくつか持たせてもらっていたのですが、喋り手という職業は、とにかくよく「あなたは何ができるの?人に負けない特技は?」と聞かれるんです。何かわかりやすい個性を求められるんですよね。
だからひとつでも多く自分の武器になるものを作りたかったというのも、資格をとった大きな理由です。3級、2級、そして1年かけて1級の資格を取得、その後、講師資格を取得したのち日本ティーコンシェルジュ協会麻布校の校長となりスクールを運営する立場となりました。

自然と自分のラジオ番組でもハーブティーの話題を取り上げることが多くなってきて、気が付けば「お茶好きのDJ」というイメージが浸透したようです。イベントやセミナーなどをやっているうちに、ハーブティーに関するエッセイ連載の機会や、ティーメニュー開発、さらにそこから店舗プロデュースなどのお話をいただくようになっていったんです。

「ハーブは元をただせば漢方と同じ世界なので、日常の生活で植物の力を私たちの体に取り入れることができるんですよ。」Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA) HM=KAYOKO HATANAKA

「ハーブって何?」とよく聞かれますがハーブは、昔から薬草として使われてきた植物のことです。嗜好品ではあるけれど、その効能をちゃんと知っていると、植物の力を生活に役立てることができるんです。それが、私にとっては子供の頃に憧れた魔法使いのようでもあり、学ぶこともすごく楽しかったんですよね。
「今日は頭をたくさん使って疲れた」とか、「飲みすぎた」とか、「風邪のひきはじめかな」とか。そういう日常のシチュエーションの中で、最適なハーブを自分でブレンドしてティーにして飲む!という知識も身につけたのでゲストにオリジナルブレンドを作ったり、ラジオDJの仕事でも特技として使っています!

一念発起でお店をオープン、90分待ち!!行列ができるほど人気のパンケーキ

今、渋谷並木橋で「スコッチバンク渋谷」というカフェ&ダイニングをやっています。
この6月でオープンして丸2年になります。

元々飲食店を経営したいというよりは、本当に美味しいハーブティーが飲めるお店をつくりたかったんです。ライフスタイルや体質に合わせたハーブを、オリジナルでブレンドして提供できるお店です。例えば「カラダが温まってリラックスできるハーブティーをちょうだい」と言われたら、目の前でささっとブレンドをして「あなたのための一杯」が出てくるような。。。

「ハーブティー」と「パンケーキ」を目当てに開店前から長蛇の列... 時には90分待ちも。

名物!!果肉まで美味しく食べられる「ハーブティー(ハイビスカス)」と、フワとろの「ティラミスパンケーキ」

やりたい事は明確だったんですけど、2年半前の時点ではふんわりした夢だったんです。それが、ふんわりした夢を現実にするには、今なのかもと、という瞬間が突然訪れたんです。「自分で勝負をするか」「やらないか」の、大きな決断をする日。

ラジオDJをやりながら、社員をかかえ、お店をかかえ、借金をかかえ、そんなことができるのかと、もの凄く考えましたが、お店をやるなら今しかそのタイミングはないかな、と。とにかく一回やってみよう!と決断をしました。そこからは、目が回る忙しさってこういう事なんだと、知りました。会社を立ち上げ、融資を受け、スタッフを集め、もちろん本来のイベント仕事や番組もやりながら、寝る食べるも忘れるくらいただただ猛烈に走りまわりました。目まぐるしすぎて、その数か月の記憶あまりないですね(笑)

全てが手探りでしたが、美味しい紅茶と美味しいハーブティーを準備するところだけは自信がありました。それに合わせて、数年前に考案したオリジナルの「フワとろ触感」のパンケーキも、スタッフ達と試行錯誤しながら改良しました。ここで、今のスタイルのマスカルポーネを使ったティラミスパンケーキが完成したんです。

おかげさまでそのパンケーキが話題となり、お客様にお並びいただく日もあります。
オープン前に、社員達とお店を外から眺めながら「ここに行列を作りたいね」って話していたことをたまに思い出すんです。大変なことばかりだし、やりたくても出来ない事もたくさんありますし、まだまだまだまだのお店なのですが、こういう喜びがあるから、もっともっと頑張らなくちゃって、やっぱり思いますよね。

自分はもちろん、周りの人たちもいつまでも健康で元気に

将来の夢はたくさんありますね。
今、そのひとつの夢の実現に向けて動いているところです。「TOCHICA」=トチカという有機ハーブティーのブランドを立ち上げ、オーガニック農場と契約をしてカモミール、ハイビスカス、レモングラスの3種類を作っています。
実はこのハーブティー、初めて出会った時に「今まで飲んだ中で一番美味しい!」と感動したモノなんです。それから2年後の去年、このハーブを栽培しているタイのオーガニック農場に実際にお邪魔して、マイブランドとしてパッケージにさせてもらえないかとお願いをしに行ったんです。そして、「やりましょう!」と言っていただけた夢の商品なんですよ。4月初旬のリリースに向けて準備も佳境で、予期せぬトラブル達にしびれながらも、少しずつ完成していくのをみて、わくわくときめいています。

夢にはまだ続きがあって、「TOCHICA」の有機ハーブティーの種類をどんどん増やしていきたい!ということ、この農場の元気な有機野菜のサプリメントを作りたい!後は、有機ハーブを使ったティー以外の商品開発もしたいですね。

本当、やりたい事ってどんどん増えるんです。笑
この全力疾走の毎日が「生きてるーー!」って感じがして好きなんですよね。

でも、どんなに忙しくても一番大切にしているものは「健康」です。
まずは、自分自身が健康でいなくては、と忙しい時ほど、特に食事、栄養バランスには気を付けるようにしています。まわりに迷惑をかけてしまうし、何よりやりたい事が出来なくなったら本末転倒ですからね。
そして、自分のまわりの家族、社員、友人みんなにもいつまでも健康でいてほしいんです。そのためにも、カラダに良いもの、カラダが喜ぶものを探求したい。「TOCHICA」のハーブティーやサプリメント作りも、そこに繋がればと思うんです。

ハーブティーは自分へのごほうびタイム

ハーブティーて、自分へのごほうびタイムにぴったりなんですよ。特別すぎない、自分で気軽に作れる素敵時間。好きな味や香りのハーブティーを淹れてゆっくりいただくだけで「ふぅ~」と1日の疲れと緊張をほぐしてくれます。ハーブの種類によっては、キレイになれる成分も入っているし、そういう意味でもおススメです。

2016年1月5日(イチゴの日)にちなんだ新メニュー♪「イチゴのパンケーキ」と、果肉まで美味しく食べられる「ハーブティー(ハイビスカス)」

フルーツを持ち運ぶライフスタイル

エシカ: 「エシカのグランドコンセプトは『私によくて、世界にイイ。』なのですが、遠近さんがおっしゃった『まずは自分が健康でいなくてはいけなくて、その次には自分の周りにいる人がみんな健康で、いつまでも元気でいてほしい』というのは思想が一緒ですね」

遠近: 「そうかもしれませんね。まずは自分がよい状態でないと、周りの方にも良い影響を与えることも、それを継続することも、なかなか難しいですから、まずは自身をより良い状態にしていくことが、世界にイイことへのスタートラインではないでしょうか」

エシカ: 「最近、美容や健康志向の女性にフルーツを持ち運ぶ方も多いそうです。なかでも、携帯もできるココナッツオイルが流行しているそうでして、価格的には、かなり高級なものではあるのですが、人気だそうです。後ほどエシカから皆様にココナッツオイルのプレゼント紹介もあり、専門家のご意見もお聞きしたくて、スタッフの皆さんとご試食いただき、ご感想やおすすめレシピの提案をしていただけますか?」

美容・健康志向の女性の中で話題沸騰のココナッツオイル!を試食♪ (巻末でエシカからプレゼントキャンペーンのご案内があります。)

遠近: 「もともと自宅でもフルーツをふんだんに使ったスムージーを作ったりしています。フルーツを持ち運ぶライフスタイルという意味では、紅茶やハーブティーにドライフルーツをミックスして、フルーツティーにするのもいいですよね。ティーとして飲んだ後に捨ててしまうのはもったいないので、ローズヒップなど、そのまま食べられるハーブと合わせて、茶殻を最後食べちゃうのも良いですよね。「TOCHICA」のハイビスカスも、茶殻を丸ごとたべられる珍しいものなんです。製法にちょっとした秘密があるんですけどね。このココナッツオイル、さっきちょっと味見をさせていただきましたが、ココナッツのいい風味がしましたね。ハイビスカスってクエン酸が入っていて、プラムとかあんずに似たような酸味があるんです。このココナッツオイルとハイビスカスの酸味の相性、すごく良さそうだなと思いました。ココナッツオイルに漬けたハイビスカスをヨーグルトにのせて、そこに蜂蜜をクルリとかけても美味しそう!合うと思いますよ」

「まずは自分の体をしっかりと守ることがいちばん大事なこと」そして、「自分の大切な人、恋人とか家族とか友人とか、そういう人たちにもハーブティーを飲んでもらいたい。」

私によくて世界にイイ

エシカ: 「最後に、遠近さんにとっての『私によくて、世界にイイ。』というのは、どういうことでしょうか?」

遠近: 「今、手掛けている自分のブランドのハーブティーや有機野菜のサプリメントを作るという事業ですかね。目的は、まずは自分の体をしっかりと守るため。そして、その次に私がやりたいことは、自分の大切な人・・・恋人とか家族とか友人とか、そういう人たちにも飲んでもらえるものを作ること。自分が大切に思っている人が、また大切に思っている人にプレゼントをしたいと思えるものを作れれば、最終的に、自然といいかたちで大勢の方の幸せに繋がっていくんじゃないかなって思うんです。まさに『私によくて、世界にイイ。』ですよね。そんなふうに、小っちゃくても、ひとの幸せに繋がるお仕事がずっとできればいいなと思いますね。」

エシカ: 「本日は貴重なお話ありがとうございました。輝く女性ライフワークや美容や食の専門家のお話が聞けて、とても勉強になりました。今後ともよろしくお願いいたします」

遠近: 「こちらこそ、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします!」

(前編はこちらから)

遠近由美子さん(前編):好きな事や目の前にある仕事を一つ一つ大事にしてきたら今日につながった。

提供:DOLEグミ・キャンディ

ethica編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
レスリー・キー×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2022/2/21 】 Fashion
ファッションとSDGsは今後どう結びついていくのか。試行錯誤する企業も多いなか、いま注目を集めているのが、衣類・ファッションをテーマにした体験型展示「未来の試着室」展だ。この展示に合わせて、SDGsの文脈での作品も数多く手掛ける世界的な写真家レスリー・キー氏が参画し、大きな話題を呼んでいる。今回は、レスリー氏にエシカ編...
モデルのNANAMIさんも愛用!サステナブルなヘアケアブランド「HAIR KITCHEN」が体験できる「ヘアキッチンマルシェ」が登場
INFORMATION 【 2021/12/27 】 Health & Beauty
配合成分からパッケージまで環境に配慮したヘアケアブランド「HAIR KITCHEN」。今年12月に東京と大阪で「HAIR KITCHEN」を手に取って体験できる特設スペース「ヘアキッチンマルシェ」を開設しました。12月18 日(土)には東京・渋谷でオープニングイベントを行い、「HAIR KITCHEN」を愛用しているモ...
ガンダムリサイクル作戦で落合陽一氏が使用済みのガンプラを使い茶室を製作
INFORMATION 【 2021/11/29 】 Art & Culture
40年以上にわたって多くのファンを魅了してきたガンダム。最近では女性にもファンの裾野を広げ、“ガンダム沼”にはまる人を増やしています。今回、そんなガンダムを通じてリサイクルへの関心を高める活動『ガンダムR(リサイクル)作戦 FINAL 2021』が行われました。オープニングセレモニーでは、メディアアーティストでガンダム...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
【ethica-Tips】私によくて、世界にイイ。サステナブルなチョコレート3選
独自記事 【 2020/10/26 】 Food
チョコが恋しくなる季節。温かな飲み物と一緒に口に含むと、とろ〜り美味しさが溶け出します。常温で置いておいても溶けにくい秋冬は、まさにチョコの旬。 というわけで今回は、サステナブルなチョコレートのお話。買うことで生産者の暮らしとつながるフェアトレードなアイテムや森林保護の視点から生まれたエシカルなチョコなど3種類をご紹介...
ワールド主催「246st.MARKET」イベントレポート 4人の環境アクティビストをethicaが独占インタビュー
独自記事 【 2020/10/26 】 Home
ワールド北青山ビル1階で10/14〜10/18に行われたポップアップイベント『246st.MARKET』(ニイヨンロクストリートマーケット)。“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに、クリエーターたちとともに未来を創造するプロジェクトです。3回目を迎えた今回は「サーキュレーション・ライフスタイル」をテーマに、サ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

「本のフェス」の「厨子本棚」に「ethica(エシカ)」が応援、先着100名に「ethicaオリジナルしおり」をプレゼント ひと月前から仕事の合間にコツコツとDIYした「厨子本棚」の制作風景をレポート!
東京国立近代美術館でお花見とアートを満喫

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます