『脱・女子!』で、エシカ世代が気になる“私にイイ”を見つけてみませんか。 ~選択できる人は美しい~ 自分の幸せを 自分で決めるエリカ流のモテ術
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
『脱・女子!』で、エシカ世代が気になる“私にイイ”を見つけてみませんか。

10代の学生からオーバー40’sのミセスまで、女性たちはいつから自分たちを“女子”と呼ぶようになったのでしょうか? 「30歳前後の適齢期信仰にがんじがらめになっている女性」にとって、同じ身の上にある仲間との“女子会”は、出会いがない、恋愛が続かない現状を言い訳しあう場になっているのでは? 恋愛コミックのカリスマ=桜沢エリカ氏だからこそ言える本当にモテるためのヒントが、『脱・女子!』の中にはたくさん詰まっています。この本で、エシカ世代が気になる“私にイイ”を見つけてみませんか――。

自立している女性は、自分の幸せを

自分で決めることができる――

 『脱・女子!』全体を通して、描かれているのは、「女子」という言葉が、女性の心の低年齢化に拍車をかけているという危惧です。“弱い私を守って” “かわいいと思って”と願う「女子」が増える一方で、パートナーになる男性は年々弱体化。女子の殻を捨て、自立した自由な女性を目指すことで新しい自分の魅力が発見でき、幸せへの一歩になると桜沢氏は述べています。

  

  「ファッションのことは男の人にわかってもらわなくて結構と思っている <略> ときめきに従うのが素敵な女性のおしゃれ道だと断言したい」(P23)

  「結婚か仕事か、その二者選択を瞬時に決定しなければ!と窮屈に考えるからやたら一大事に思えるけど、<略> いっそのこと、“海老フライとパスタどっちにする?”くらい柔軟に考えたほうがいい」(P119)

 

  「お金がないことが、人生を不幸にしているケースはとっても多い <略> いまのうちから貯めておいて、経済的に安心したほうが、本当に好きな人を見つけられる」(P179)

印象的な一説は、どれも男性や世間の目に媚びず、自分の幸せは自分で決めるという強い意志が感じられます。独身だけでなく、ご近所付き合いに悩むママ世代や、いつまでも若く見られたい願望にとりつかれている40代以降の大人の女性にも、世代を超えて通じる「女子的な悩み」を解決するための気づきを与えてくれる一冊です。

具体的で明快なエリカ流のモテ術を読みながら、自分と向き合う大切な時間を過ごして!

<書籍情報>

『脱・女子! ずっと憧れられる女性の“心のスタイル”』(河出書房新社)

www.kawade.co.jp/np/

www.nadeshico.co.jp/artist/sakurazawa/

ーーBackstage from “ethica”ーー

かつて編集長をつとめていたゴルフファッション誌「Regina」は、「女子ゴルフ」ブームの火付け役と言われて、私自身もまた「女子トレンド」を作っていた側にいたことを、インタビュー中に改めて実感。「お手本となる憧れの人」を見つけることが“脱女子”のためには大切だと語ったエリカ様。10年後も変わらず、作品もご本人も私の憧れの人である。

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

走って体力をつけ、美しくなり、チャリティをする! 「ランガール」プロジェクト
健康的でキレイな日本食 Mayu’s Kitchen×ethica from paris  ~私によくて、世界にイイ。フランスと日本の食文化をパリからお届け~

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます