『脱・女子!』で、エシカ世代が気になる“私にイイ”を見つけてみませんか。 ~選択できる人は美しい~ 自分の幸せを 自分で決めるエリカ流のモテ術
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
『脱・女子!』で、エシカ世代が気になる“私にイイ”を見つけてみませんか。

10代の学生からオーバー40’sのミセスまで、女性たちはいつから自分たちを“女子”と呼ぶようになったのでしょうか? 「30歳前後の適齢期信仰にがんじがらめになっている女性」にとって、同じ身の上にある仲間との“女子会”は、出会いがない、恋愛が続かない現状を言い訳しあう場になっているのでは? 恋愛コミックのカリスマ=桜沢エリカ氏だからこそ言える本当にモテるためのヒントが、『脱・女子!』の中にはたくさん詰まっています。この本で、エシカ世代が気になる“私にイイ”を見つけてみませんか――。

自立している女性は、自分の幸せを

自分で決めることができる――

 『脱・女子!』全体を通して、描かれているのは、「女子」という言葉が、女性の心の低年齢化に拍車をかけているという危惧です。“弱い私を守って” “かわいいと思って”と願う「女子」が増える一方で、パートナーになる男性は年々弱体化。女子の殻を捨て、自立した自由な女性を目指すことで新しい自分の魅力が発見でき、幸せへの一歩になると桜沢氏は述べています。

    「ファッションのことは男の人にわかってもらわなくて結構と思っている <略> ときめきに従うのが素敵な女性のおしゃれ道だと断言したい」(P23)

  「結婚か仕事か、その二者選択を瞬時に決定しなければ!と窮屈に考えるからやたら一大事に思えるけど、<略> いっそのこと、“海老フライとパスタどっちにする?”くらい柔軟に考えたほうがいい」(P119)

 

  「お金がないことが、人生を不幸にしているケースはとっても多い <略> いまのうちから貯めておいて、経済的に安心したほうが、本当に好きな人を見つけられる」(P179)

印象的な一説は、どれも男性や世間の目に媚びず、自分の幸せは自分で決めるという強い意志が感じられます。独身だけでなく、ご近所付き合いに悩むママ世代や、いつまでも若く見られたい願望にとりつかれている40代以降の大人の女性にも、世代を超えて通じる「女子的な悩み」を解決するための気づきを与えてくれる一冊です。

具体的で明快なエリカ流のモテ術を読みながら、自分と向き合う大切な時間を過ごして!

<関連記事>「周りの力を借りながら、柔軟に自分たちらしく生きる」桜沢エリカさん・青木武紀さんご夫婦の場合

「周りの力を借りながら、柔軟に自分たちらしく生きる」桜沢エリカさん・青木武紀さんご夫婦の場合

<書籍情報>

『脱・女子! ずっと憧れられる女性の“心のスタイル”』(河出書房新社)

www.kawade.co.jp/np/

www.nadeshico.co.jp/artist/sakurazawa/

ーーBackstage from “ethica”ーー

かつて編集長をつとめていたゴルフファッション誌「Regina」は、「女子ゴルフ」ブームの火付け役と言われて、私自身もまた「女子トレンド」を作っていた側にいたことを、インタビュー中に改めて実感。「お手本となる憧れの人」を見つけることが“脱女子”のためには大切だと語ったエリカ様。10年後も変わらず、作品もご本人も私の憧れの人である。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...

次の記事

走って体力をつけ、美しくなり、チャリティをする! 「ランガール」プロジェクト
健康的でキレイな日本食 Mayu’s Kitchen×ethica from paris  ~私によくて、世界にイイ。フランスと日本の食文化をパリからお届け~

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます