“食在東北(食は東北に在り)”
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
“食在東北(食は東北に在り)”

シェフズ ライブ キッチン ローストビーフカッティング *編集後記にてカラーで紹介

古来、中国では“食在広州(食は広州に在り)”と言われています。これを日本に置き代えて“食在東北”。

美味しい料理を食べ、馥郁たるお酒を飲むだけで人は至福の境地に至るもののようですが出来ればもう一つ、それが何か人の役に立てれば更に言うことはありません。

東日本大震災が起きて丸5年、なんとも歳月の過ぎ去るのは早いものです。でも5年の歳月を経てもまだ東北は完全に立ち直ったとは言い切れません。日本国中,沢山の東北支援の輪が拡がっていますがこれもその一つ。東北の食材をまるごと使って美味しさを提供し一緒に震災復興を支援しようと言う試みです。

ドンブリと真だこ/いか人参(福島郷土料理)、からし巻き(仙台郷土料理)、カツオたたきのマリネ バジルソース、わかめのマリネ、etc...

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ(所在地:東京都港区海岸1丁目16番2号支配人:清水 尚之)ではグルメ ジャーナリストの東龍氏とシェフズ ライブ キッチン料理長の佃氏とのコラボレーションで東北の食材を使ったプロモーションを始めました。名ずけて“~東日本大震災から5年、東北をもっと元気に~日本を味わおう第4弾-東北”。

シェフズ ライブ キッチン料理長の佃氏

シェフズ ライフ キッチンの佃料理長が自ら東北の各地を巡りこれはという食材をもとめ豊かな自然に培われた食材を使って素晴らしい料理を提供します。

ファーストディッシュには伊達藩名物のずんだ餅のずんだ(枝豆)と雛鶏を使った淡い黄緑のスープを用意したり、秋田で古くから栽培されてきた畑のキャビア“トンブリ”を使った前菜、宮城県産のセリやちぢみほうれん草、石巻べビーリーフを使ったサラダ、石巻漁港で水揚げされた新鮮な釜揚げシラス、宮城県産“Japan X”豚などを使った温製料理も登場します。とにかく美味い、そして東北支援.おすすめです。

このキャンペーンの期間は2016年3月1日(火)~5月15日(日)場所はホテル インターコンチネンタル 東京ベイ。

コラーゲンたっぴり ずんだ(枝豆)と雛鳥の春色スープ

石巻産ベビーリーフと桜鯛のカルパッチョ

ちぢみほうれん草と生ハムのサラダ

豚バラ肉のロースト 春野菜と生姜のソース

仙台味噌のチーズタルト、ずんだ(枝豆)のクレームブリュレ、宮城県産いちごのシュークリーム、etc...

可愛らしい、ひな人形のディスプレーも。

ーーBackstage from “ethica”ーー

“ヘルシー・ビューティ・フレッシュ”をコンセプトに、ライブ感あふれるブッフェスタイルを展開するシェフズ ライブ キッチン。名物『骨付きプレミアム ローストビーフ』や海辺からの『レインボーブリッジの絶景』を眺めながらのディナーブッフェは、ホテル インターコンチネンタル 東京ベイならでは、是非、ご家族・ご友人と訪れてみては。

名物『骨付きプレミアム ローストビーフ』 目の前でカッティングされるライブ感が嬉しい♪

ご予約はこちらから

03-5404-2246

http://www.interconti-tokyo.com/restaurant/chefs-live-kitchen/

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

JIMBO TOMOKAZU

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

セイコーウオッチがインスタグラム キャンペーン「アニエスベーの腕時計と過ごす愛しの時間」を3月15日まで実施 エシカが贈るバレンタイン・インフォメーション <VOL.8>
フィンランド政府観光局が「フィンランド探検旅行ツアー券」や「フィンランド往復航空券」などが抽選で当たるスペシャル・キャンペーンを15日(火)まで開催中

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます