京都府が都内で「森の京都」(森の京都構想)説明会を開催
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
京都府が都内で「森の京都」(森の京都構想)説明会を開催

美山かやぶきの里

古都京都は寺社仏閣などで知られる世界一の観光地。その魅力は誰もが認めるところでしょう。しかし京都府では、もう一味違う京都の魅力を広く紹介するため、2016 年度を「森の京都」のターゲットイヤーとして「森の京都構想」を策定、その内容を発表するための首都圏メディア説明会を先日都内で開催しました。

森とのつながりを感じる暮らし… 京都市中心部から約1時間と都会からも近い。

古都京都とは一味違う、魅力あふれる「京都の森」

森はそこに生きる生物だけでなく、産物や豊富な水の供給によって、太古の昔から現在まで私たち日本人の生活を支えてきました。森の中には食料となる動植物、燃料や資材となる木材、農耕を支える水など、人の生活文化に不可欠な資源が多種多様に存在します。日本の文化が「森の文化」「木の文化」といわれる由縁です。

中でも京都府は府内面積の約75%を「森」が占め、全国平均(約67%)を上回るという緑深いところですが、とりわけ府内の中部地域(亀岡市、南丹市、京丹波町、福知山市、綾部市、京都市右京区京北)は森の恵みが大変豊かなエリアです。そこは日本の原風景が残る美山かやぶきの里や芦生の森をはじめとした自然、鮎や丹波くり、北山杉などの森の恵みが豊かであるとともに、京都市中心部からも近く、人と人とのつながりのある暮らしが今も残る地域となっています。

丹波くり

しかしながら、そうした森の資源が豊かな地域のほとんどにおいて過疎化や高齢化が進んでおり、担い手不足や木材価格の低迷などによって森をはじめ集落機能の維持・管理が困難となってきているのが現状です。

そこで、今回の「森の京都構想」では、新しい視点からの森のさまざまな資源の活用を考え、この奥深い森に恵まれた「森の京都」エリアにおいて、森の恵みを活かした食や伝統文化、産業など森に包まれた暮らし方を「森の京都」スタイルとして発信することにより、地域振興を図っていこうというものです。今後の「森の京都」に注目です。

ーー“ethica” Movie Recommendationーー

関連映像

・『京の宴』 ethica × 料理王国 〜和食の賢人、栗栖基さん(嵐山「熊彦」)、中村元計さん(一子相伝なかむら)、高橋拓児さん(木乃婦)、中東久人さん(美山荘)〜

・もうひとつの京都、行こう。(森の京都編) 楽曲提供:葉加瀬太郎、主演:本上まなみ・岡部尚、監督:田吹佑介

~私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)
http://www.ethica.jp/

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

サラヤから新商品「ヤシノミ洗たく用洗剤」と「ヤシノミ柔軟剤」が仲間入り
ブライアン・パトリック・トッド氏が”春” ”願い事”をテーマとした華やかな作品を制作 3月8日(火)まで「渋谷PARCO PART1」外壁に展示

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます