ラフォーレ原宿で3月8日「“卒業おめでとう”公開黒板アートイベント」 当日17時からはWHITE JAMも駆けつけ完成セレモニーを開催!!
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
ラフォーレ原宿で3月8日「“卒業おめでとう”公開黒板アートイベント」

ラフォーレ原宿では、3月8日(火)11時から「“卒業おめでとう”公開黒板アートイベント」を開催します。

このイベントはSHIROSE(シンガー)、GASHIMA(ラッパー)、NIKKI(シンガー)の3人組「WHITE JAM」の「咲かないで」ミュージックビデオが「Yahoo!映像トピックス人気映像ランキング」の音楽部門で月間1位を獲得したことを記念して行われるもので、当日は昨年の「黒板アート甲子園」で50組249名(参加31校)の中から最優秀賞に輝くとともに、ミュージックビデオの中で実際に黒板アートを制作した「かさぶたず」(高知県立高知西高校)が1階入り口まで公開制作をします。

また、当日17時からはWHITE JAMも駆けつけ、完成セレモニーを開催する予定になっています。

イベント情報
Yahoo! 映像トピックス音楽部門 月間1位!記念 “卒業おめでとう”公開黒板アートイベント
日時:2016年3月8日11:00~21:00
公開黒板アートイベント11:00~17:00
完成披露イベント:17:00~(予定)
場所:ラフォーレ原宿1F 入口前

黒板アートが静かなブームに。その陰で老舗チョーク製造会社が自主廃業

黒板アートとは、黒板にチョークで描かれた絵や文字などの作品です。黒板ならではのスケール感とチョーク独特の温かみ、さらには、いずれ消されてしまう「はかなさ」も魅力となって、ここ数年静かなブームになっています。

しかし、その一方で、黒板アートになくてはならないチョークを80年以上にわたって作り続けてきたチョーク製造大手の羽衣文具は、昨年春に惜しまれつつ自主廃業を余儀なくされてしまいました。

その品質のよさで教壇に立つ先生や、世界中の数学者から「これがないと困る」といわれていたほど絶大な信頼を得てきた羽衣文具のチョークでしたが、廃業のもっとも大きな理由は需要が減少したこと。ホワイトボードやタブレットの普及によって、1990年には年間9000万本も販売されていたチョークが現在は4500万本と半減してしまったのです。

チョークというと「手が汚れる」といわれます。しかし、それは誤った使い方をしているから。チョークは手に触れる部分を被膜してあるので、正しく使えば手が汚れることはありません。また「粉が飛び散って体に悪い」という人もいますが、近年のチョークはカキの貝殻などに含まれる炭酸カルシウムが主原料ですから、体に悪いどころか、むしろ環境にやさしい製品なのです。

誰もが子供の頃からずっと親しんできた黒板とチョーク。いつまでも残っていてほしいものですね。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

ブライアン・パトリック・トッド氏が”春” ”願い事”をテーマとした華やかな作品を制作 3月8日(火)まで「渋谷PARCO PART1」外壁に展示
「第19回環境コミュニケーション大賞」でサラヤの「持続可能性レポート2015」が「環境報告書部門優良賞(第19回環境コミュニケーション大賞審査委員長賞)」を受賞

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます