スキルを提供してやる気をもらう、名刺を2枚持つ働き方のススメ
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
スキルを提供してやる気をもらう、名刺を2枚持つ働き方のススメ

「就職して数年が経ち、ある程度の経験も知識も得た。自分の選んだ仕事で頑張りたい。でも最近なんだか物足りない。会社ばかりになりがちで視野が狭くなってきた……。」そんな想いを抱えている方に、提案があります。名刺を2枚持ってみませんか?

名刺を2枚持つ働き方=プロボノ

名刺を2枚持つと言っても、実際には名刺を持たなくてもOK。要は、名刺を2枚持つように、自分のスキルを使ってボランティアとして仕事をしよう、という提案なのです。

実はこのボランティアの方法は、「プロボノ」と呼ばれるもの。プロボノとはラテン語で「公共善のために」という意味を指すpro bono publicoの略。もともとは弁護士など法律関連の仕事についている人たちが、無報酬で行なう活動を指していましたが、現在では自分のプロフェッショナル・スキルを生かしてボランティアを行なうことを指しています。プロボノを行っている、二人の方にお話を聞いてきました。

コンサルタント、皆川さんの場合

お一人目はNPO法人「二枚目の名刺」という団体で、ご自身のコンサルタントとしてのスキルを使って活動する皆川朋子さん。

皆川さんはプロボノをやって得られるものとして、

  1. 通常の仕事やプライベートでは出会えない人に出会える。
  2. 世の中で誰もやっていない、全く新しいことにチャレンジできる。
  3. 何かを成し遂げた時に達成感があり、成功体験が積める(もちろん失敗体験も大事)

ということを挙げます。また、皆川さんは以下のように教えてくれました。

「NPO法人二枚目の名刺には、いろんな人が関わっています。メディアプロデューサーがいたり、銀行員がいたり、起業家がいたり。こういった人と異業種交流会で出会ったとしたら、なかなか腹を割って話せる関係にならないでしょう。でも一緒に働くとその人がよくわかります。

特にNPO法人二枚目の名刺は、『楽しんで”真面目”をする』をモットーにしており、真剣なテーマに取り組みつつも、くだけた飲み会などもたくさんあるので、いろんな人と仲良くなれるのです。

また、自分のプロフェッショナルなスキルを生かして、会社ではできないような挑戦をして成功体験を積むことで、本業でも積極的に活動できるようになっているメンバーが多いですよ!」(皆川さん)

企画職の経験がある安野さんの場合

もう一人お話を伺ったのは、「南三陸さぽーたーず」でプロボノを行なう安野さん。「南三陸さぽーたーず」は震災で壊滅的な被害を受けた南三陸を支援する団体です。

安野さんは勤務先で企画職を経験したことがありました。その経験から南三陸さぽーたーずがワカメ漁師の高橋さんを支援するにあたり、ブレストに参加したり、高橋さんが南三陸歌津産のワカメが安心・安全でおいしいことを伝える体感型ワークショップを行なう際にアシスト役をしたり、という活動をしてきました。

「自分の仕事の経験が実務以外に役に立つものだとは思いませんでした。社外に出て、プロフェッショナルな人と出会うことで改めて思うのは、もっと自分の専門性を磨きたいということ。また色んな人に出会ったこと自体に尊さを感じました。」(安野さん)

皆川さんも安野さんも、「とにかく楽しいから続けています。今の活動には、今後もずっと関わっていきたいです」と口を揃えて言います。

仕事のモチベーションが上がり、多くの人と知り合いになれ、成功体験も積める上に楽しい。プロボノお二人の楽しそうな姿が印象的でした。

取材協力=NPO法人二枚目の名刺 皆川朋子さん、南三陸さぽーたーず 安野さん

 

FelixSayaka

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

赤ちゃん&子ども大好きトルコに学ぶ、パパ・ママに優しい子育て環境!
ミス・ユニバースの選考で「疲れた時の態度」まで審査する理由とは?

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます