「本のフェス」の「厨子本棚」に「ethica(エシカ)」が応援、先着100名に「ethicaオリジナルしおり」をプレゼント ひと月前から仕事の合間にコツコツとDIYした「厨子本棚」の制作風景をレポート!
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
「本のフェス」の「厨子本棚」に「ethica(エシカ)」が応援、先着100名に「ethicaオリジナルしおり」をプレゼント

3月23日(水)13時から20時まで京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパス(東京都港区北青山)で開催される「本のフェス」(主催:本のフェス実行委員会・読売新聞社 入場:無料)の「厨子本棚」コーナーにて、先着100名に「ethicaオリジナルしおり」をプレゼントします。

「ethica(エシカ)」オリジナルしおり イラスト:MIMI YAMANAKA

「ethica(エシカ)」オリジナルしおり イラスト:shiho

書物ばかりに囲まれたおこもり読書空間「厨子本棚」DIYでだって、こんなこともできるんです

まずは「本のフェス」第一弾の記事のおさらいを! 今回初めての開催となるこの「本のフェス」は、本の世界の「野外フェス」を目指して開かれるユニークなイベントです。本を読む人・読まない人の壁を飛び越えた、新たな楽しみ方と出会う場所。本を通じて、人と人とがつながり合い、気軽に本の持つ世界を聴いたり味わったりすることができます。

詳しくは、第一弾の記事をチェックしてみてください。

企画の一例 本のお立ち台 ~本のPR~ 『笑うハーレキン』刊行記念トークショー  道尾秀介さん×夢眠ねむさん(でんぱ組.inc)

そんな楽しいイベントの中でも「ethica(エシカ)」が応援するのは、2014年に「ethica(エシカ)」のバレンタイン特集にも登場した、本しゃべりすとの奥村知花さんの出展する「厨子本棚」です。出展に合わせて奥村さんが、ひと月前から仕事の合間にコツコツとDIYした「厨子本棚」は、お気に入りの本ばかりに囲まれた、観音開きのお厨子のような狭小空間で、中に座る人がまるで「御本尊」という、読書好きには夢のような幸せ体験が味わえます。当日は、観光地の「顔ハメ記念写真」のように、実際に中に入って記念撮影をすることもできちゃいます。あなたも「本のフェス」へ行って、「御本尊」になってみませんか?

ひと月前から仕事の合間にコツコツとDIYした「厨子本棚」の制作風景をレポート!

ーーBackstage from “ethica”ーー

「ひょんなことから本棚をDIYして、3月23日「本のフェス」にて展示するこ­とになりました。『本のフェス』では、まるで文化祭のような楽しいイベントが満載です。詳しくは『本の­フェス』の公式ウェブサイトをチェックしてみてください」と、奥村さん。「厨子本棚」ができあがっていく過程が動画で公開されているので、こちらもチェックしてみてくださいね。

「本のフェス」公式サイトはこちらから

http://www.cpfine.com/honnofes.html

奥村知花/プロフィール
本しゃべりすと/書籍PR

1973年生まれ。成城大学文芸学部卒。総合アパレル商社、レストラン業界を経て、2003年より書籍専門のフリーランス広報として独立。以後、新刊書籍のパブリシティ活動のほか、「本しゃべりすと」という独自の肩書きのもと、雑誌の特集記事や書評エッセイの連載執筆、ラジオ番組などでの書籍紹介を担当している。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

3月23日(水)港区北青山で「本のフェス」を開催 「本のお立ち台」では直木賞作家の道尾秀介さんと、でんぱ組.incの夢眠ねむさんによるトークショー(無料)を実施。
遠近由美子さん(後編):お仕事を頑張ったあとに、自分へのプチご褒美ではじめたハーブティーがライフワークにつながった。 キレイにがんばる、ワタシにコダワリのご褒美! 美活スタイル応援計画VOL.1 提供:Doleグミ・キャンディ

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます