ものすごく本の好きな人や、そうでもない人も集めて第1回の「本のフェス」が開催されました。
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
ものすごく本の好きな人や、そうでもない人も集めて第1回の「本のフェス」が開催されました。

去る3月23日(水)、東京の神宮の杜で「本のフェス」という面白いイベントが開かれました。主催は本のフェス実行委員会/読売新聞社。当日、会場で配られたパンフレットにはイベントのネライが次のようにまとめられています。

“読書は一人でするもの。それはもちろんだけど、本をきっかけにみんなでワイワイ盛り上がるのも面白そう。そんな思いから「本のフェス」をはじめます。ここでならロックフェスティバルのように本を楽しめるかも“

「本」と言うものが一体いつ頃創られたかは定かではありませんがそのベースとなる「紙」はエジプトで発明されたいわゆる「パピルス紙」がBC3100年頃、また現在の紙の元祖とされるものが中国人の蔡倫によって創られたのがAD105年。ここから数えてもすでに1900年の歳月が流れています。

その間、一体どのくらい沢山の本が出版され、どの程度人間の歴史や文化に影響を及ぼしてきたかを考えると気が遠くなります。

そのように本は人間にとって重要なメディアですが近年のIT技術を駆使した新しいメディアの発達により以前より若干、その影響力や関心が薄れてきたのは否めない事実です。

そこでこの企画。もう一度みんなで本の魅力を楽しく味わってみようと、いろいろな人や会社がそれぞれの持ち味を生かしてイベントを盛り立てました。

門から中に入るとハッピを着た6~7人の「駅弁屋」に出会う。よく見ると売っているのは駅弁当ならぬ「本」、言わば「駅弁本屋」。その他「BOOK ROUTE (ブック ルート)」という珍しい“もの”が目に入ってくる。

これは3輪電気自動車の後部に本棚を搭載した小さな移動式本屋。約400冊の書籍、雑誌を収納することが出来るという。そのネライは「お客様と触れ合いながら本を買って貰うこと」だそうだ。ひょっとすると将来の本屋の一つのカタチになるかも知れない。

会場が北青山の京都造形芸術大学、東北芸術工科大学の外苑キャンパスであることから教室を使った「本のゼミナール」や「ショート ショートショーセツ SHOW !」、勝手に認定「次世代の読書芸人」そして「本のお立ち台」などの講義や講演が次々と催され集まった若い人たちが楽しく参加する姿が見受けられました。

来場者は約1000人、本が熱烈に好きな人も、そこまで読書に傾倒していない人も一様に「本のフェス」を楽しんでいるようでした。

ーーBackstage from “ethica”ーー

若いときは芥川賞や直木賞が発表されるとすぐに本屋におもむきその本を購入したものですが近年は「本屋大賞」に魅入られています。数年前に出版され歴代最高得点を得た三浦しをんさんの「舟を編む」は特に印象に残っている一篇です。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

JIMBO TOMOKAZU

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

サッカー界のレジェンド、キング・カズこと三浦知良選手がメンズファッション誌「AERA STYLE MAGAZINE」に登場
21世紀を美しくパワフルに生きる女性に向けて「CITIZEN L Ambiluna」登場 エシカルなスピリット、建築の造形、クラフトマンシップが調和した“新感覚ラグジュアリーウォッチ”をBASELで発表!

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます