パルコのクラウドファンディング「BOOSTER(ブースター)」NY発、日米4都市でつながる日本人アーティスト集団「ART BEASTIES」の展覧会支援プロジェクトを開始!
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
パルコのクラウドファンディング「BOOSTER(ブースター)」NY発、日米4都市でつながる日本人アーティスト集団「ART BEASTIES」の展覧会支援プロジェクトを開始!

パルコが運営するクラウドファンディングサービス「BOOSTER(ブースター)」ではNY発の日米4都市でつながる気鋭の日本人アーティスト集団「ART BEASTIES(アートビースティーズ)」の日本初となる展覧会「Time Difference展」の支援プロジェクトを開始しました。

今回「ART BEASTIES」が目標としているのは兵庫県立美術館で開催する個展開催の一部費用35万円です。

「ART BEASTIES」は2013年にニューヨークで設立された、ニューヨーク・シアトル・東京・神戸など、日米4都市を拠点に活動する日本人アーティストで結成されたアート集団です。2016年4月現在、メンバー数は13名。「日本人によるコンテンポラリーアート」を世界に広く紹介することを目標に、これまでニューヨークとシアトルで延べ5回の展覧会を行うなど精力的に活動を重ねています。

「ART BEASTIES」を主宰している曳野真帆さんはプロジェクトへの想いを

「私たちはそれぞれ別々の国に暮らし、オンラインでコミュニケーションを取りながら活動を続けています。共鳴や共感と同時に、物理的な『時差』によるたくさんの疑問やズレといったものが生まれては流れていきます。このようなミスコミュニケーションは、実は現代社会においても切実なテーマではないかと感じています。
今や、高度な通信技術や交通手段によって、いつどんな時でも容易に誰かとつながり、知りたいことや見たいものを検索・共有することができます。

「ART BEASTIES」を主宰している曳野真帆さん

しかし、そうした瞬間的・同時代的な世界とのつながりは、時に私たちの『差』を露呈させ、孤独や危機感を感じさせることもあるでしょう。私たちの生きる『今』とは何なのか? 国を超えてつながり、そして出会った日本人である『ART BEASTIES』だからこそ得ることのできた表現は、展示会へ来場された方々に『今』という時間を問いかけ、生活や居場所、自分の存在といったものを改めて再考するきっかけを提供できるのではないかと考えています。

さらにそれは、世界に対する新しいアプローチ、想像力を生み出すはずです。

そんな思いを込めて開催する兵庫県立美術館での『Time Difference展』。ART BEASTIESとして日本初となるこの展覧会を、ぜひご支援いただけたら幸いです」

と語っています。

曳野真帆(ひきの・まほ)

略歴
1985 兵庫県生まれ
2008 同志社女子大学 情報メディア学科卒業
2010 多摩美術大学院 情報芸術コース 修士課程修了
東京にて映像制作会社勤務のち、現在、単身NYにて制作活動中。

ビデオインスタレーション、ショートフィルム、アニメーションなどを制作、展示。
2013年、NYをベースに活動する新進気鋭の日本人アーティストグループ、”ART BEASTIES”を立ち上げ、
WEBサイト運営や展覧会の開催など精力的に活動。(http://artbeasties.com/)
WEBディレクター/グラフィックデザイナーとしても活動中。

■公式サイトはこちらから
http://www.hikino-maho.com

ーーBackstage from “ethica”ーー

この想いは、「個人と世界のサスティナビリティー」とも通じ共感できるところがあります。

これからの「ART BEASTIES」の活動には大いに注目です。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...

次の記事

『VOGUE JAPAN』6月号のインタビュー連載「1-on-1 with YOON」にモデルの水原希子さんが登場! アイデンティティのあり方やSNSとの付き合い方などイットガールのプライベートな一面を本音で語る。
石で旅する19カ国!『地球の石ころ標本箱』刊行

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます