パルコのクラウドファンディング「BOOSTER(ブースター)」NY発、日米4都市でつながる日本人アーティスト集団「ART BEASTIES」の展覧会支援プロジェクトを開始!
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
パルコのクラウドファンディング「BOOSTER(ブースター)」NY発、日米4都市でつながる日本人アーティスト集団「ART BEASTIES」の展覧会支援プロジェクトを開始!

パルコが運営するクラウドファンディングサービス「BOOSTER(ブースター)」ではNY発の日米4都市でつながる気鋭の日本人アーティスト集団「ART BEASTIES(アートビースティーズ)」の日本初となる展覧会「Time Difference展」の支援プロジェクトを開始しました。

今回「ART BEASTIES」が目標としているのは兵庫県立美術館で開催する個展開催の一部費用35万円です。

「ART BEASTIES」は2013年にニューヨークで設立された、ニューヨーク・シアトル・東京・神戸など、日米4都市を拠点に活動する日本人アーティストで結成されたアート集団です。2016年4月現在、メンバー数は13名。「日本人によるコンテンポラリーアート」を世界に広く紹介することを目標に、これまでニューヨークとシアトルで延べ5回の展覧会を行うなど精力的に活動を重ねています。

「ART BEASTIES」を主宰している曳野真帆さんはプロジェクトへの想いを

「私たちはそれぞれ別々の国に暮らし、オンラインでコミュニケーションを取りながら活動を続けています。共鳴や共感と同時に、物理的な『時差』によるたくさんの疑問やズレといったものが生まれては流れていきます。このようなミスコミュニケーションは、実は現代社会においても切実なテーマではないかと感じています。
今や、高度な通信技術や交通手段によって、いつどんな時でも容易に誰かとつながり、知りたいことや見たいものを検索・共有することができます。

「ART BEASTIES」を主宰している曳野真帆さん

しかし、そうした瞬間的・同時代的な世界とのつながりは、時に私たちの『差』を露呈させ、孤独や危機感を感じさせることもあるでしょう。私たちの生きる『今』とは何なのか? 国を超えてつながり、そして出会った日本人である『ART BEASTIES』だからこそ得ることのできた表現は、展示会へ来場された方々に『今』という時間を問いかけ、生活や居場所、自分の存在といったものを改めて再考するきっかけを提供できるのではないかと考えています。

さらにそれは、世界に対する新しいアプローチ、想像力を生み出すはずです。

そんな思いを込めて開催する兵庫県立美術館での『Time Difference展』。ART BEASTIESとして日本初となるこの展覧会を、ぜひご支援いただけたら幸いです」

と語っています。

曳野真帆(ひきの・まほ)

略歴
1985 兵庫県生まれ
2008 同志社女子大学 情報メディア学科卒業
2010 多摩美術大学院 情報芸術コース 修士課程修了
東京にて映像制作会社勤務のち、現在、単身NYにて制作活動中。

ビデオインスタレーション、ショートフィルム、アニメーションなどを制作、展示。
2013年、NYをベースに活動する新進気鋭の日本人アーティストグループ、”ART BEASTIES”を立ち上げ、
WEBサイト運営や展覧会の開催など精力的に活動。(http://artbeasties.com/)
WEBディレクター/グラフィックデザイナーとしても活動中。

■公式サイトはこちらから
http://www.hikino-maho.com

ーーBackstage from “ethica”ーー

この想いは、「個人と世界のサスティナビリティー」とも通じ共感できるところがあります。

これからの「ART BEASTIES」の活動には大いに注目です。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

ethica編集部

国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポット
独自記事 【 2017/4/24 】 Art & Culture
銀座松坂屋の跡地に4月20日(木)、全9フロア241店舗が出店するエリア最大規模の商業施設「GINZA SIX」がオープンしました。注目のファッションブランドの出店は言うに及ばず、国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポットを紹介します。
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

『VOGUE JAPAN』6月号のインタビュー連載「1-on-1 with YOON」にモデルの水原希子さんが登場! アイデンティティのあり方やSNSとの付き合い方などイットガールのプライベートな一面を本音で語る。
石で旅する19カ国!『地球の石ころ標本箱』刊行

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます