伊勢谷友介さん率いるREBIRTH PROJECTとgentenがコラボレーションしたバッグを24日(火)まで三越伊勢丹で開催中の「グローバルグリーンキャンペーン」で販売
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
伊勢谷友介さん率いるREBIRTH PROJECTとgentenがコラボレーションしたバッグを24日(火)まで三越伊勢丹で開催中の「グローバルグリーンキャンペーン」で販売

俳優の伊勢谷友介さん率いる「株式会社REBIRTH PROJECT(株式会社リバースプロジェクト)」は「人類が地球に生き残るため」をテーマに、新たな価値とモノの創造、さまざまな社会貢献活動を行っています。

そのREBIRTH PROJECTと「環境に配慮し、限りある資源を大切にしながら、長く愛着の持てるモノづくりを目指す」という理念をステートメントとして掲げるこだわりのレザーとハンドクラフトの技が光るバッグブランド「genten(株式会社クイーポ)」がコラボレーションしたバッグが、三越伊勢丹で開催中の「グローバルグリーンキャンペーン」内で販売されています。売り場は17日(火)までが伊勢丹新宿店、18日〜24日までが三越日本橋店での展開です。

今回のコラボについて、REBIRTH PROJECTの牛山翔太さんに伺ったところ、

日本の百貨店といえば、やはり三越伊勢丹だと考えています。

消費の一等地であり、今ではアジアからのお客様が増えている中で、
エシカルの考え方を国内の消費者、諸外国の消費者の方々にも日本から伝えられるいい機会だと感じています。

またオーガニックコットンなどのアプローチにとどまらず、
REBIRTH PROJECTらしい独特のアプローチで新しいエシカルのあり方を表現したいと考えていました。

それが今回の鹿革のラインや、デッドストックのアーカイブレザーを使用した一点物などの表現につながっています。

とのことでした。

コンセプトは「人工風景」(Artificial Landscape)

gentenは「“人間も自然の一部である”という原点に立ち返り、環境に配慮した新しいライフスタイルを提案したい」という思いから、植物タンニンなめしのレザーを使用し、その魅力を最大限活かすべく職人の確かな技で一つ一つ丁寧に、ハンドクラフトで縫製を行っています。

今回のコンセプトは「人工風景」(Artificial Landscape)です。

人工風景とは自然風景、つまり原風景に対する造語であり、人の手によって作られた建造物などで構成される風景をイメージしています。私たちが今まで見てきた景色のほとんどが人工風景で、原風景と思って見える範囲の自然は、大部分は人によって管理され、その境界線は曖昧になっています。gentenとREBIRTH PROJECTが目指す自然との共生という風景も実は人工風景であり、自然との共生意識が高まる現代だからこそ、この境界線の曖昧さを常に新しい視点で絶妙にコントロールしなければならないという想いを商品や売り場に込めています。

gentenが大切にしている天然素材、手仕事が最も強く込められているアマーノ(イタリア語で手作りという意味)の型に、REBIRTH PROJECTが独自のアプローチでデザインを施した4つの型を展開します。

ーーPLAYBACK ETHICAーー

2014年11月20日、伊勢丹新宿店本館2階=センターパーク/TOKYO解放区で展開しているREBIRTH PROJECTのポップアップショップ内にて、二人のゲストを招いてのスペシャルトークショーが開催されました。テーマは「How To Enjoy Ethical Fashion??」

伊勢谷友介率いるREBIRTH PROJECTによるエシカルトークショー「How To Enjoy Ethical Fashion??」

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポット
独自記事 【 2017/4/24 】 Art & Culture
銀座松坂屋の跡地に4月20日(木)、全9フロア241店舗が出店するエリア最大規模の商業施設「GINZA SIX」がオープンしました。注目のファッションブランドの出店は言うに及ばず、国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポットを紹介します。
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

身体に、地球に、そして社会にやさしい…。 『ファインズ』チャリティ試飲会を取材しました(前編) 自然をリスペクトする生産者とそのワインが集う
ティファニーがアメリカ・ヴォーグ誌元クリエイティブ・ディレクター、 グレース・コディントンさんと初めてコラボレーション 広告キャンペーン「レジェンダリー スタイル」今秋からの開始を発表

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます