柳亭市弥さん(前編)「落語は身近に笑える気さくな大衆芸能、興味を持ったら、ぜひ寄席へ!」【特別協力:新宿末廣亭】 エシカ独占インタビュー
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
柳亭市弥さん(前編)「落語は身近に笑える気さくな大衆芸能、興味を持ったら、ぜひ寄席へ!」【特別協力:新宿末廣亭】

Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA) 

今、落語がブームになっています。雲田はるこさんの漫画「昭和元禄落語心中」が人気となり、アニメ化されたこともその一つの表れかもしれません。

そうした中、次代を担う“男前”な若手落語家たちにも注目が集まっています。彼らの落語会には追っかけのファンが押し寄せ、アイドルのコンサートのようにプレゼントを抱えて「出待ち」する光景が当たり前のように見られるそうです。

現在、二つ目の柳亭市弥さん、32歳も、そんな“男前”な若手落語家の一人。今回は市弥さんにお話を伺いました。

生まれついてのお笑い好き

子供の頃からお笑いに興味があって、コントや漫才が大好きでした。小学生、中学生の時はちょうど漫才ブームで、毎日のようにお笑い番組をやっていて、それを熱心に見ていましたね。友だちと漫才コンビを組んだこともありました。

父親が落語好きで、僕が寝る時、毎晩のように枕元で、面白い話を聞かせてくれたんです。(ひょうきんなとうちゃんだな)と思っていましたが、その頃はまだ落語には興味がありませんでした。だから、それが小噺だということも全く知りませんでしたね。

Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA) 

今も生きるボーイスカウトの教え

両親の勧めで 幼稚園の年中から大学2年までボーイスカウトの活動をやっていました。

正確には5歳~小2をビーバースカウト、小2~5をカブスカウト、小5~中3をボーイスカウト、高校生をベンチャースカウト、18歳~25歳をローバースカウトと年齢によって呼び方が違っているのですが、ローバースカウトまでやる人は珍しくてなかなかいないんですよ。中学校時代、キャンプに行ったりした活動が面白かったのと、その時、とてもいい指導者に巡り合ったことで、大学生になるまで続きました。

ボーイスカウトの活動をやってよかったなと思うのは、行動力や、とっさの判断力が身についたということですかね。「自分に分からないこと、困ったことがあったら取りあえず行動しろ、人に聞け」というのがボーイスカウトの教えでしたから。

Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA) 

就職はしたものの……

2006年に大学を卒業して会社員になりました。

本当は就職をすることに乗り気ではなかったんです。できれば、お笑いの養成所のようなところに行きたいなあというフワッとした思いがありましたけど、両親がそんなことを許してくれるわけもありませんから、普通にサラリーマンになりました。

入った会社は広告代理店で、入社早々いきなり大阪勤務を命じられて、そこで当時流行り始めていたウェブ広告を担当していました。

でも、やっぱり心のどこかにお笑いの世界に行きたいという気持ちがあって、会社には申し訳ありませんでしたが、仕事の合間にもそういう気持ちがありましたね。

Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA) 

柳亭市馬の高座に感動!

赴任した時、大阪には友だちも知り合いもいませんでしたし、どこに行けば何があるのかも何も分かりませんでした。

ただ、大阪はお笑いの町ですから、なんばグランド花月とかお笑いのスポットがあちこちにあって、休みの日はヒマなので、そこに行ったりしているうちにちょうど天満天神繁昌亭という寄席があることを知ったんです。

そこでたまたま落語を聞いて感動しました。演芸の世界というのは何と素晴らしいものかと思いました。

その後、休みで東京に戻ると、それまで行ったことのなかった末廣亭など東京の寄席にも通うようになって、そこで師匠である柳亭市馬の高座を初めて見たんですよ。いっぺんで心を奪われましたね。落語家になりたい、いや、なるんだと決心しました。

Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA) 

大食いのおかげで落語家に!?

落語家の世界にはスカウトや募集はありませんからね。落語家になりたいと思ったら、この人って思った師匠のところに押しかけていって、弟子入りをお願いして認めてもらう。それしかありません。

2007年9月、師匠が大阪に公演に来た時、僕は差し入れを持って楽屋に訪ねていきました。この時はまだ会社は辞めていませんでした。

Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA) 

最初は師匠に名前を覚えてもらおうと、ファンを装っていろいろと話しているうちに、

「何だ、お前、弟子入りしたいのか?」

と、師匠にバレてしまいました。

「そんなこと大阪でいわれてもなあ」

と、その時はそれで終わってしまいましたが、それから3カ月して、年末の東京でまた師匠に会いに行きました。

「大阪で……」

「ああ、お前か」

「会社を辞めてきました。弟子にしてください」

「勝手に辞めるな。仕方ない、話くらいは聞いてやる」

そんなやり取りがあって、師匠と食事に行きました。

「何でも好きなものを食え」

という師匠の言葉に甘えて、僕は遠慮なくお腹いっぱい食べました。

すると、それを見ていた師匠が、

「大食いに悪い奴はいない。それで、お前、いつから来れるんだ?」

こうして僕は落語家になりました。(後編につづく…)

後編記事はこちから

柳亭市弥さん(後編)「今夏、同期の春風亭一蔵兄さん、入船亭小辰さんと赤坂会館で落語会をやります。落語に興味を持ったら、”東京かわら版”に注目してください。」【特別協力:新宿末廣亭】

プロフィール

1984年、東京都世田谷区生まれ。玉川大学卒業後、1年半のサラリーマンを経て2007年、柳亭市馬に入門。2012年11月、二ツ目に昇進。出囃子は「春どう」。将来を期待されている若手落語家の1人。

ーーINFOMATIONーー

・TVアニメ第2期となる「昭和元禄落語心中~助六再び篇~」は2017年1月より放送が決定!

■詳しくは、こちらから
http://rakugo-shinju-anime.jp/

・8月15日(月)~20日(土)、一緒に二つ目になった同期の春風亭一蔵兄さん、入船亭小辰さんと一緒に赤坂会館で落語会!

■詳しくは、こちらから
https://www.mixyose.jp/akasakaclub/

(C)雲田はるこ・講談社/落語心中協会

新版 三人集 赤坂納涼六夜

ーーBackstage from “ethica”ーー

「落語家になりたいと思ったら、この人って思った師匠のところに押しかけていって、弟子入りをお願いして認めてもらう。それしかありません。」本当にそうなんですね。それだけでかっこいい、と別世界のことのようでドキドキしてしまいます。わたしの周りにも落語好きの若い方は男女問わずちらほら見かけますし、渋谷なんかにある単館系のおしゃれな映画館でも落語のちらしを手にすることができますよね。ブームでもあるかもしれないし、絶えず脈々と愛されてきた大衆エンターテイメントなのでしょうね。柳亭市弥さんが入門してからどうなったのか、後編もどうぞお楽しみに!

ペンネーム:M. M.

記者 清水 一利(しみずかずとし)
1955年千葉県市川市生まれ。明治大学文学部(史学地理学科日本史専攻)を卒業後、1979年、株式会社電通PRセンター(現・株式会社電通パブリックリレーションズ)に入社。クライアント各社のパブリシティ業務、PRイベントの企画・運営などに携わる。1986年、同社退社後、1987年、編集プロダクション・フリークスを主宰。新聞、雑誌(週刊誌・月刊誌)およびPR誌・一般書籍の企画・取材・執筆活動に従事。2012年「フラガール3.11~つながる絆」(講談社)、2013年「SOS!500人を救え~3.11石巻市立病院の5日間」(三一書房)を刊行。

清水 一利

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【ethica副編集長対談】フィリップ モリス ジャパン・濱中祥子さん(前編)
独自記事 【 2020/3/9 】 Work & Study
2月19日・20日の2日間、パシフィコ横浜で開催された「サステナブル・ブランド国際会議2020横浜」(SB 2020 YOKOHAMA)でのパネルディスカッション「グローバル先進企業に学ぶサステナブル・ビジネスの実践法~課題を乗り越えるための方策とは」にノボ ノルディスク ファーマのサイモン・コリアさん、セールスフォー...
【ethica副編集長対談】フィリップ モリス ジャパン・濱中祥子さん(後編)
独自記事 【 2020/3/9 】 Work & Study
自らは非喫煙者で、フィリップ モリス ジャパンに入社するまでタバコとは全く縁のない人生を送ってきたという濱中祥子さんは今、「煙のない社会」を目指して日々活動されています。 そんな濱中さんは、海外留学されたご経験がおありだそうです。後編ではその頃のことを語っていただきました。 (聞き手:ethica副編集長・萱島礼香)
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
より「自分らしい選択」が、社会をよくしてくれる。エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち(後編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
トップブランドの古着を藍染で蘇らせる”サスティナブル・ブランド” Indigo Love Ecoプロジェクト「BOKUWAKUMA」
独自記事 【 2020/2/10 】 Fashion
鮮やかでありながら深みもあり、様々に表情を変える藍色。 実はこれらの衣服は、本当なら捨てられてしまうかもしれなかった古着です。 ご紹介するのはシャネルやギャルソンの古着を藍染でリメイクする沖縄拠点のブランド「BOKUWAKUMA」。藍で染めることによって新たな命が吹き込まれより愛されるアイテムに蘇らせることで、ファッシ...
人が楽しむことをしたいーー。クリエーティブを仕事にする喜び。/木下舞耶(前編)
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
2019年6月に行われた「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」のセミナーに、一人の日本人女性が登壇した。広告会社でパラリンピックのプロジェクトに携わる木下舞耶さん。パラリンピックという障害者のスポーツの祭典を通じ、人々の意識、社会をも変えるコミュニケーションを標榜する。前編では、木下さんが歩んで来...
広告の祭典「カンヌライオンズ」にて開催されたパラリンピックの対談レポート
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
世界的な広告(クリエイティブ)の祭典「カンヌライオンズ」にて行われた電通の木下舞耶さん、国際パラリンピック委員会(IPC)のチーフ・マーケティング・コミュニケーションズ・オフィサー、クレイグ・スペンスさん、そしてパラリンピック金メダリストのマールー・ファン・ラインさんの対談の様子をレポートします。(記者:エシカちゃん)...
写真家で映画監督の蜷川実花さんがクリエイティヴ・ディレクション「GO Journal」
独自記事 【 2020/1/13 】 Art & Culture
世界中の注目が集まる「世紀の祭典」東京オリンピック・パラリンピックの開催があと半年に迫る中、パラスポーツの興奮とパラアスリートたちの息づかいとそれを取り巻くカルチャーとの交差点を伝えるフリーグラフィックマガジン「GO Journal」の最新号(第4号)が1月22日(水)に発刊されます。 (記者:エシカちゃん)
パラリンピックに懸ける思い【前編】/ 車いすテニス・船水梓緒里さん
独自記事 【 2020/1/6 】 Health & Beauty
車いすテニスを始めてわずか2年で世界国別選手権のジュニアクラス日本代表に選出され、その後2018年8月にはジュニアの世界ランキング1位となった船水梓緒里さん(三菱商事所属)。中学1年生の時、事故で車いす生活を余儀なくされ、人生に絶望しかけていた船水さんを救ったのが車いすテニスでした。 今回は来年の東京パラリンピックでの...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
《第72回カンヌ国際映画祭・最終日》韓国映画初のパルム・ドール受賞で閉幕
独自記事 【 2019/6/10 】 Art & Culture
2019年5月25日、第72回カンヌ国際映画祭の最終日に最高賞のパルム・ドールに輝いたのは、ポン・ジュノ監督の『Parasite(英題)』でした。韓国映画としては、カンヌ史上初の快挙です。『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などで知られるアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ/Alejandro Go...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...

次の記事

コンセプトは「粋な江戸の食文化を楽しむ」今年11月下旬、JR両国駅に複合飲食施設「-両国- 江戸NOREN」開業
日本を背負って活躍するスポーツ選手たちへ、皆さんの感動を言葉にして伝えてみて! 「がんばれ!ニッポン!(R)」 日本代表選手を応援して錦織圭選手サイン入りポスターなどを当てよう!

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます